◆『マイケル・ジャクソンの思い出』坂崎二ーナ眞由美

マイケル・ジャクソンの思い出』坂崎二ーナ眞由美

1986年から10年間、マイケルのライセンスプログラムの日本代理人だった二ーナさんの追悼記。
二ーナさんのお人柄のせいか、とても穏やかでdown to earth(気取らない)な 本です。
掲載されているこのころのマイケルの写真がどれもとても可愛いです。赤いほっぺの頃ですw

マイケルが11歳ころからジャクソン5の警備を担当し、後にマイケル専属警備員になり父親代わりのような存在でもあったビル・ブレイについても初めて知ったことがたくさんありました。(29年間もロス市警にいた人だったのですね…!)

純粋で仕事熱心でユーモアあふれる若き日の素顔のマイケルに出会いたい人はぜひ読んでください!

マイケル・ジャクソンの思い出マイケル・ジャクソンの思い出
(2010/05)
坂崎ニーナ 眞由美

商品詳細を見る

タグ : マイケル・ジャクソン

良かった
この本読みました。それこそ、若き日の素顔のマイケルですね。いろいろなことが私の中で結び付いた本でもありました。
とっても良かったです。お気に入りの1冊です。
[ 2010/07/05 03:43 ] [ 編集 ]
Re: 良かった
eryさん

著者の売名行為などでなく自然体で書いているのが伝わってきますよね! 知ってることだけ書き、知らないことは書かないという、決まり切ったことだけど、モラルのある態度が清々しい感じです。
[ 2010/07/06 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する