2018-02

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
アート、絵本、ミステリ、歴史(特に伝記)、料理の本を愛読しています。趣味は日本刺繍の絽ざしとガーデニング。英語講師、映画やアートの産業翻訳、出版翻訳を営業中です。このブログは子供のころから大好きなマイケル・ジャクソンのことを書いて始めましたが、現在はおもに翻訳関係の記録用に使っています。

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

◆新たなスタート
2010/07/02(金) 17:58:00
6月25日のMJの one year anniversary が近づいてきて以来、心穏やかでない日々が続いていました。

でも、カレン・ブッシュ・トンプキンスの肉声でマイケルの話を聞けたことは、悲しい内容だったけれど、少しでも心の整理をする助けになってくれました。体力的・精神的に大変辛いなかでも最後まで全力でカムバックのショーを実現しようとしていたマイケルの姿が、わたしの心にはしっかり焼きつきました。(もちろん、これはわたしの個人的な解釈です)

これからも、マイケルが願ったカムバックが様々な理由から叶わなかったことを残念で悔しく思い続け、その理由を追い求めることはやめられないでしょうが。。。

わたし自身も、6月末に去年の父の死後に始めた家の改装と庭の整備も完全に終わり、(結局、一年近くかかりました!!!)この7月からは心機一転また新たな気持ちで生きていきたいと思います。

残りの7月、家庭の用事以外の時間は、仕事の翻訳にできるだけ集中したいと思います。能力の不足を補うために、いまのわたしにできることは時間をかけることだけですから。

7月24日、大阪梅田スカイビルにMJライフタイムコレクションを見に行くのを楽しみにして、なんとか厳しい夏を乗り切っていきたいと思います!!!

the_touch cptnwinky
The Touch by cptnwinky

タグ: マイケル・ジャクソン 
<<◆南アフリカ…Ladysmith Black Mambazo ◆ドクター・クラインに捜査の手>>
Comment












こんばんは。

ABCインタビュー、このブログのおかげで知ることが出来たので感謝しています。
ありがとうございます。

TIIで痩せてはいるけど元気に見えるマイケルと、
なのに突然遠くに行ってしまったという正反対の事実の関係が理解できず、この一年モヤモヤしてました。
が、あの3人のインタビューで、その二つの事実がリンクし、悲しい内容でしたけど、妙に腑に落ちたというか、なにかが分かったような気がしました。
Yumiさん同様、残念で悔しく思う気持ちは消えませんが。。

お礼をお伝えしたく、コメントさせて頂きました。
お仕事大変そうですが、あまりご無理なされませんよう。
  • りさ
  • URL
  • 2010/07/03(土) 01:00:51
  • 編集
コメントどうぞ。
はじめまして

カレンさんたちのインタビューありがとうございます。
やっと線が少しつながった気がしました。
TINIキャンペーンの方々の悲痛なコメントと比べ、当時かかわっていた(しかも何年も前からの同朋とも呼べる)人たち、カレンたちからは、「彼は元気だった」という内容しか伝わってこないのは、なんとも矛盾した気色悪さを感じていました。
そのことを考えると、半年ほど前から鬱状態です。
以来TIIは観れません。

本当にマイケルつらかったろうね...でも、「子どもたちにもう一つの父を見せるため、待っててくれたファンのため、そして自分自身次のスッテプにいくため」ふりしぼってがんばったんだろうと考えると、いたたまれなくなります。
彼女たちも隠していたのではなく、マイケルのプライドやファンに対するアメージングを守りたかったんでしょうね。

今後もこの事実については、真偽をとわず色々出てくるのかもしれませんね。
私などはTII以降のファンですので、全く理不尽な存在ですが、マイケルの音楽や彼自身のすばらしさに今やっと気が付き、勉強しはじめたばかりです。

これからも、おじゃまさせていただいて、色々おしえていただけたら嬉しいです。
りささん、ありがとうございます。

わたしも真相はわかりませんが、親しかった3人の話を聞けて良かったと思います。
  • ゆみ
  • URL
  • 2010/07/06(火) 15:36:52
  • 編集
maomaoさん

> 彼女たちも隠していたのではなく、マイケルのプライドやファンに対するアメージングを守りたかったんでしょうね。

マイケルはファンへの自分のイメージを何より大切にしていたでしょうね。。。

>
> 今後もこの事実については、真偽をとわず色々出てくるのかもしれませんね。
> 私などはTII以降のファンですので、全く理不尽な存在ですが、マイケルの音楽や彼自身のすばらしさに今やっと気が付き、勉強しはじめたばかりです。

本当に素晴らしいものは時間や距離を越えて伝わっていくのかもしれませんね。
  • ゆみ
  • URL
  • 2010/07/06(火) 15:43:07
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/963-889be066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |