翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆Captain EO と ロスの思い出/ Another Part of Me

Captain EO が いよいよ今日から東京ディズ二ーランドで再開だそうです!

わたしが初めてEOを見たのは、1987年の夏、アメリカのアナハイムででした。その前年の秋に始まっていたのですが、学校が忙しくて行けたのは翌年の夏休みでした。BADアルバムがリリースする直前のこと。

アメリカ全体がマイケル色だった懐かしい時代です。

アナハイムのツモローランドでの上演は、オレンジ・カウンティという土地柄か想像以上にヒスパニック、ブラック、アジア系の観客だらけで留学生だったわたしにも親しみが湧きました。それに、みんな賑やかでお祭りみたいに楽しい雰囲気でした。

ところが、この日のEO鑑賞のあと、友達と離れてダウンタウンの路上を歩いていたわたしはとんでもない暴力事件に巻き込まれてしまいました。ある男から車で拉致されて殴られて、本当にすんでのところで命からがら逃げ出したのです。事件を届けるために、あのロス市警にも行きました。その夜はまるで刑事ドラマのような逮捕劇。でも、そのときのわたしには容疑をあくまで否定する男と裁判をする時間がなく、(法廷のあるロスから離れた学校が始まるところだったので)残念ながら男は翌日には釈放されてしまいました。悔しかったし、大勢の警官にとんでもない暴力的な捕まえられ方をした男の復讐も怖かったです。

あの夏の日は、楽しかったCaptain EO でのマイケルのまぶしいばかりの輝きと、それとはまったく対照的な暗い事件の思い出で、わたしにとっては一生忘れられないものになりました。。



こちらは、1985年、このEOの製作中のマイケル。4月にも貼ったけど、大好きなのでもう一度w

タグ : マイケル・ジャクソン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する