2018-07

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Yumi

Author:Yumi
翻訳業/TOEIC講師
訳書:
『パズルでめぐる世界の旅』、
『スウェーデン・ミステリ傑作集 呼び出された男』の「弥勒菩薩(マイトレーヤ)」、『イギリス野の花図鑑』、
『ゆらゆら海でかくれんぼ』
映画やギャラリーのHP訳もします。
Favorites:
ミステリ、歴史(特に伝記)、アート
刺しゅう~絽ざし~
土いじり
料理
MJ

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

◆ABCとヨーコ・オノの去年のコメント
2010/06/29(火) 18:34:10
ABCのカレン、ブッシュ、トンプキンスのインタビューを見て、あらてめてマイケルの置かれていた厳しい状況が深く深く心に迫ってきました。いえ、だいたいわかっていたつもりでしたが、やはり彼らの肉声を聴いて初めて、本当に心から理解できたと思います。

40年以上世界中を歌とダンスで楽しませてきたマイケル、300億円ともいわれる世界中の子供たちへのチャリティ、それなのに受けなければならなかったあの不当な裁判とメディアからのバッシング、そこでマイケルが受けた苦しみはあまりに大きかったのです。そしてカムバックへの動き、それはマイケルにとって人間としての名誉の回復も意味していた……だからこそマイケルはものすごいプレッシャーにさらされて。。。カムバックへの闘いのなかで力尽きてしまいました。何度も事故や病との闘いに勝ったマイケルだったけれど、今度はだめだったのです。(マーレー医師が果たした役割が裁判で解き明かされることを祈ります)

去年7月に読んだオノ・ヨーコの追悼文を思い出しました……この追悼文ほどマイケルの置かれていた状況を的確かつ簡潔に言い表していたものをほかに知りません。


ヨーコ・オノのimaginepeace.comに掲載されたマイケルへの追悼文をもう一度。
http://imaginepeace.com/news/archives/7344
(訳はヤフーニュースよりいただきました)

********************

With his enormous talent, Michael kept giving us power, inspiration and joy.
Yet he knew that the world was not kind to him for many reasons,
some of it going right back to racism.

That must have been so hard for him.
His various attempts to be loved by the world equaled the pain he received from it.

Michael, now you are free from all that.
Rest well in Peace.
We will always remember you and love you for what you were to us.

With love,
Yoko Ono Lennon
June, 2009.


その多大な才能で、マイケルはパワー、インスピレーション、そして喜びを与え続けてくれました。
しかし、人種差別も含む様々な理由で、世界は彼に対して不親切であることも、マイケルは知っていました。

それは彼にとって辛いことだったに違いありません。世界に愛されようと様々な試みを行った彼ですが、その結果、それと同じぐらいの痛みを受けたのです。

マイケル、あなたは今そのような事柄から解放されたのです。

安らかに眠ってください。

私たちはあなたのことを決して忘れず、私たちにとって大切な存在だったあなたのことをずっと愛し続けることでしょう。

愛をこめて、Yoko Ono Lennon

Michael Jackosn RIP
タグ: マイケル・ジャクソン 
<<◆ABCインタビューと映画TIIについて。 ◆カレン、マイケル・ブッシュ、デニス・トンプキンスのABCインタビュー>>
Comment












このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010/07/01(木) 10:22:29
  • 編集
mさん

最初の考えですが、わたしは、多分違うのではないかと思います。なぜなら、もしドクターがマイケルから委託されたのなら、そのことをさっさと言って無罪をすぐに主張すると思うからです。いまのように黙っているのは、何かやましいことがあるはずです。たとえば最近、マイケルに麻酔薬を投与しながら外に出てストリップバーに寄っていた――という証言が出始めています。もしこれが真実なら、とんでもない殺人行為です。そして、邸宅を出ていたなら、ボディガードや監視カメラに映っているはずではないかと思います。そのあたり、警察がまったく発表しないのでイライラします。アメリカの警察は日本より裁判のために情報を隠す傾向があるような気がします。

二番目の謀略説は、わたしも気になっています。ビートルズのカタログがらみで何か謀略があったのではないかと、ラトーヤが言っています。。。

  • ゆみ
  • URL
  • 2010/07/01(木) 22:28:03
  • 編集
そうですよね。よかった。
それにしても、ちょっと調べればわかるような嘘がいつまでもまかり通っているのは、何なんでしょうか。

謀略説については、ランディもその方向でうごいてますもんね。
だけど、ラトーヤって、信用できるんでしょうか。なんとなく問題を大きくするだけのトラブルメーカー的な印象なんですが。

よく知らないのに、すいません。
  • may
  • URL
  • 2010/07/02(金) 22:34:00
  • 編集
mayさん
> だけど、ラトーヤって、信用できるんでしょうか。なんとなく問題を大きくするだけのトラブルメーカー的な印象なんですが。
>
> よく知らないのに、すいません。

どうなんでしょうね…?
わたしもよくわかりませんが、マイケルのお姉さんだし、いろいろあったけどとてもマイケルを愛しているから真相追及を望んでいると思います。1988年ごろまでは、ふたりは家にいていつも一緒だったような気がしますが。
  • ゆみ
  • URL
  • 2010/07/06(火) 15:32:06
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/958-db22c8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |