翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

★弁護士メゼロウのマイケル・トリビュート

2005年6月13日(アメリカ現地時間)無罪判決が出た日からもうすぐ5年。。

マイケルの弁護人だったトーマス・メゼロウさんのホームページで、マイケルへのトリビュート写真がたくさん見れます。ページに行って、クリックしてください。(おわかりだと思いますが、写真のなかには2枚、再現番組のちょっと変はニセマイケルも入っていますw)

In Memory of Michael Jackson 
"The man's innocent. He always was." マイケルは無実だ。いつだってそうだった。
Tom Mesereau, following the verdict, June 13, 2005 (評決後の弁護人トム・メゼロウの言葉)

"I met Michael Jackson during a very dark period. The force of evil were trying to take him away from us.
The man I came to know was a kind, gentle soul who wanted to heal the world through music, art, love and decency. He succeeded. It was an honor and a priviledge to defend him.
Rest in peace, Michael."
Thomas A. Mesereau, Jr.
わたしは暗黒の時代にマイケル・ジャクソンと出会った。邪悪な勢力はわれわれから彼を奪い去ろうとしていた。わたしが知り合ったマイケルは、親切な優しい人物で、音楽・芸術・愛・良識を通じてこの世界を癒したいと思っていた。そして、彼はそれを成し遂げた。彼の弁護人を務めたことは、大変に光栄であり名誉なことである。
マイケル、安らかに。
トーマス・A・メゼロウ・Jr.


メゼロウさんとスーザンさんのコム:
http://mesereauyu.com/tribute/phpslideshow.php?directory=.

maserrow.jpg


wiki マイケル・ジャクソン裁判の概略について:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E8%A3%81%E5%88%A4
mesereau.jpg

タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2010/06/04 08:44 ] ◆MJ裁判 | TB(0) | CM(2)
マイケルの事誇りに思います。
ゆみさん
おはようございます。
メゼロウさんのサイトの写真の数々 理不尽な戦いを強いられた事に対する怒りは忘れられないですが、改めてあの日々を戦いぬいたマイケルをとても誇りに思いました。あんな厳しいトライアルの中、マイケルは努めてファンには笑顔を見せていたんですね。
帰ってほしいと言い続けていたらマイケルは安らかに眠れないですね。つい言ってしまうんですが。。


[ 2010/06/05 08:56 ] [ 編集 ]
kiccoさん

コメント、どうもありがとうございます!

マイケルを誇りに思う……まったく同感です。
マイケルの真実とすばらしい音楽が世界中にますます広がっていきますように(^^)
[ 2010/06/07 14:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する