〈ボヌール〉が到着!

銅版画家・南桂子さんの画集〈ボヌール〉が届きました。

期待以上の美しい本。マイケル・ジャクソンの〈Dangerous〉や〈Invincible〉アルバムと同様に、わたしの一生の宝物になる予感。

南桂子 ボヌール


bonheur ……フランス語で〈幸せ〉〈happiness〉ということ。

幸せということばからまっさきに思い浮かべるのは、子ども時代に愛読した〈青い鳥〉。
幸せの青い鳥は世界中探しまわったけど、実は自分のそばの鳥籠にいた、って話。リズの映画もありました。きれい。
リズ 青い鳥

南さんの絵を見ていると、その静寂な世界に引き込まれる。安定したシンプルな構図。もの言わぬ少女。細やかでどこまでも丁寧なライン。見ていると、心が落ち着いてくるような気がします。。。

本の最後の南さんの詩がとても素敵。驚くくらい子ども時代から自分がいつも感じていることに近くて、でも、自分は南さんのようなことばを持たないので、うらやましいと同時に代弁者を得たようなうれしさを感じます:

故郷の海

夕陽に 映える
ステンド グラス のように
きらめく 小さな 窓 窓

青や 赤や 紫や
色 とりどりの
心の中の 想い出の 小窓

青い 小窓を ひらき
波の音を 聞こう

幼い ころ
夏を すごした
故郷の 海の
蚊帳の内で 聞いた 波の音

月見草が 咲いて
小蟹が 走っていた
夕暮れの 浜辺
氷屋の旗が ヒラヒラと
風に はためいていた
ひなびた 村

ゆらめく 海藻や
岩かげを 泳ぐ 小さな魚も

青い 小窓を 聞けば
いつも 聞こえる
なつかしい 故郷の 海の唄


ボヌールボヌール
(2006/05/24)
南 桂子

商品詳細を見る

タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2010/04/06 01:31 ] ◇読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する