翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

酒とバラの日々

"Moon River"のことを書いたら、同じくHenry Mancini(ヘンリー・マンシーニ)とJohnny Mercer (ジョニー・マーサー)コンビの名曲"Days of Wine and Roses(酒とバラの日々)"from Movie "Days of Wine and Roses" 1962 USAについて大好きな先輩がコメントをくださいました。

ジュリー・ロンドンはハスキーボイスで美しい人でしたね。


(歌詞を訳してみました)
The days of wine and roses
Laugh and run away like a child at play
Through the meadowland toward a closing door
A door marked "Nevermore" that wasn't there before
酒とバラの日々は
遊んでいる子どものように笑いながら走り去る
草原のなかを閉まりかけの扉に向かって
前にはなかった"二度と戻らない"と記された扉

The lonely night discloses
Just a passing breeze filled with memories
Of the golden smile that introduced me to
The days of wine and roses and you
寂しい夜には
ただそよ風が思い出を運んで通り過ぎていくだけ
あの輝かしい笑顔がわたしを連れて行った
酒とバラとあなたとの日々へと
julielondon1.jpg


うわ~、ゆみさんありがとうございます。

久しぶりに聞いたら何か胸がザワザワ・・としました。
そのままYOUTUBEでジュリー・ロンドン見まくりました(^^;
何枚かレコードを持ってるんですが私は「Cry me a river」のハスキーボイスが大好きでジャズを聞いていると背伸びして大人になったような気分がして凄く幸せだった。
いや、その時も十分大人でしたけど(^^;

合成写真は以下の所にあります。

http://www.dumpr.net/museumr.php

http://www.photofunia.com/

http://funphotobox.com/effects.aspx?page=1

http://www.deefunia.com/funny/?page=2
[ 2010/03/26 23:41 ] [ 編集 ]
ゆみさん
素敵な歌ありがとうございます^^
勉強になります!

ゆみさんの訳詩もありがたく拝見してます。

今日はあっ昨日か、MUSIC AIRでジャクソンズを観てました^^

たぼさん紹介のサイトもお気に入りに入れました。たぼさん、ゆみさんありがとうございます!^^/
[ 2010/03/27 01:37 ] [ 編集 ]
たぼさん、サイトのご紹介ありがとうございます!!

Julie London、Cool beauty ですね!
Cry Me A Riverも素敵です。
Helen Merrill - You'd Be So Nice to Come Home Toが好きでしたが、Julieも歌っているのですね~! マイケルにも、いろんなスタンダードを歌ってほしかったなぁ。
シャーリー・バッシーのゴールドフィンガーをロンドン公演で考えていてシャーリーにも相談していたそうですね。聴きたかったですね!!!
[ 2010/03/28 02:21 ] [ 編集 ]
あみさん

訳詞、参考程度になれば幸いです!

Jacksons のころのマイケルは、歌もダンスも一生けん命でキラキラまぶしいくらいですね。
[ 2010/03/30 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する