翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★マイケル・ジャクソン遺産管理団体がソニーと2億5千万ドルの契約

Michael Jackson Estate, Sony Agree $250m Deal

The estate of Michael Jackson has reached the biggest recording deal in history, which could be worth $250m, with Sony Corp., the Wall Street Journal reported on Monday.

マイケル・ジャクソン遺産管理団体がソニーと2億5千万ドルのレコーディング契約

マイケル・ジャクソンの遺産管理団体とソニーが、2億5千万ドル
(約225億円)相当、史上最高額のレコーディング契約を
締結したと月曜日に『ウォールストリート・ジャーナル』紙が伝えた。

★7年間で10枚のニューアルを発売予定だそうですが……


タグ : マイケル・ジャクソン

こんばんわ。お久しぶりです。

ゆみさんの最後の「....」が示しているように、うれしいと同時に脱力するようなニュースですよね。

このニュースについては、限定日記書いたよ。ゆみさんへのコメントみたいなかんじで。読んでね。

[ 2010/03/17 19:09 ] [ 編集 ]
7242かよちゃん、こんばんは。

レス遅くてごめんなさい。
長男が歯を抜いたら出血多量で大変でした!!!

ところで、Jaxityのかよちゃんの日記を読ませていただきました。同じ気持ちです。

なぜマイケルが一度首にしたブランカがマイケルがあんなにもめたSonyとマイケルが死んだとたんにレコ契約を結ぶのか……?
もちろん、Sonyの社長はもうあのときとは変わりましたが。

マイケルは未発表曲を発表されてうれしいのか?
しかも子どもたちによってではなく、ブランカたちに。
ブランカがどのような流れで戻ってきたのか、なぞです。

ジョーパパとラトーヤはエキセントリックだけどハートがある人たちだと思います。ブランカよりは信用できます。もちろん、オルテガやトラビスより。

マイケルの死が犬死にならないように、せめてファンが見つめていきたいですよね。力は弱いですが。マイケルはもう何も言えないのだから。。。
[ 2010/03/18 20:43 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/03/23 09:47 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。

上のコメントに少し暗い内容のことを書いてしまいましたが……わたしにはマイケルの死の裏の事情はよくわかりません。でも、何かきな臭い感じがして……

オルテガさんやトラビスさんが活躍していることをちょっといらっと感じてしまったのはよくなかったかもしれないですね、すみません。彼らは彼らでマイケルの死とは無関係に、This is it を通じてマイケルの栄光を後世に残す大きな力となってくれているのですものね。

去年のマイケルの死の直後、Jaxityで下にも出てくるシェリリン・リーさんというかたの英文記事を訳してアップしたのですが、(間違って消してもうないですが)同様記事が毎日に出ていたことを最近ネットで知りました。

このかたの証言する死の数日前のマイケルの様子が、やはりわたしの脳裏から消えることがないのです。少なくともマイケル宅に詰めていたスタッフは、マイケルのこのような尋常でない状況を知っていたわけで、このとききちんとしたケアができていたらと思うと……残念なのと、スタッフへの不信感がぬぐい去れないです。どの程度のスタッフたちがこの状況を知っていたのか……なぞです。

<M・ジャクソンさん>麻酔薬使用の証言 副作用に心不全
7月1日19時46分配信 毎日新聞

 【ロサンゼルス吉富裕倫】急死した歌手マイケル・ジャクソンさん(50)が睡眠不足に悩み、強い鎮静剤「ディプリバン」を使用していたと30日、一家の栄養補給の相談にのっていた看護師が証言した。この薬は無呼吸や心不全の副作用があり、米メディアは死因の可能性の一つとして注目している。

 夜途中で起きてしまうなど、目標の8時間睡眠が取れないことに悩んでいたマイケルさんは、手術の際の点滴麻酔に使うディプリバンに注目し、1月から訪問を始めた看護師のシェリリン・リーさんに相談。リーさんは投与を拒絶したが、マイケルさんは「点滴したら眠った。これが欲しかった」と話し、リーさんの知らない医師から投薬されていたという。

 ディプリバンの危険性を警告するリーさんに対し、マイケルさんは「医師は安全な薬だと言った」と反論。次第にリーさんを遠ざけるようになり、4月までに約10回訪問して仕事を終えた。

 急死4日前の21日、リーさんはマイケルさんのスタッフから突然電話を受け、マイケルさんが「体の半分が熱く、もう半分は冷たい」と大声を上げるのを聞いたという。リーさんに会いたいという電話だったが、リーさんはすぐ病院に行くよう勧めた。

 リーさんは、歌手のスティービー・ワンダーさんら著名人と仕事の経験があり、マイケルさんのスタッフの母親を通じて仕事を紹介された。
[ 2010/03/24 02:04 ] [ 編集 ]
ゆみさん、はじめまして。私もこのニュースを見て脱力しました。再度ソニーと大型契約…。もしかして、マイケルの死が早まったのもマイケルが未発表曲をたくさん貯めておいたから…?版権ばかりじゃなく、手っ取り早い未発表曲がお金になると思ったのではないかとさえ思ってしまいます。考え過ぎかも知れませんが…。複雑な気持ちです。
[ 2010/05/21 23:29 ] [ 編集 ]
リリさん

このニュースは、なにかすっきりしない、なんとも言えない気持ちですよね。

わたしなんかには真実を知ることは難しいでしょうが、どうしても気になっていろいろ考えてしまいます。。。

きっと考え続けると思います。
[ 2010/05/22 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。