★マイケルやエルロイやLAのこと

This is it の ブルーレイ、ずーっと本棚のいちばん上の段に乗ったまま。箱も開けれていません。

いったいつになったら見れるのか…… 

タイミングがつかめないでいます。みんなはどうしているのかな。。。

_______________________________

ところで、昨日書いたジェイムズ・エルロイ『わが母なる暗黒』のまえに書かれた、序章ともいえるのが『マイ・マザーズ・キラー』 。訳はT先生!

昨晩、読みました。短編ですが、なんて力強い作品。下の文章は胸にずんと響きます。エルロイの母への愛が痛いほど感じられます。

……母の苦痛はわたしの苦痛より大きい。そのことが二人の間に溝をつくっている。母の死によって、わたしは自分の内面を見ることを教えられた。母とのあいだに距離を保つことを教えられた。それは母からの贈り物であり、それはわたしの人生を救った。………(文春文庫 短編集『クライム・ウェイヴ』の"マイ・マザーズ・キラー"より p113)

_______________

思えば、1986年、わたしもLAである犯罪に巻き込まれ、暴力や犯罪の恐ろしさを身を持って知ることになりました。

あの夜、LAPD(ロサンゼルス市警)に行き、被害を報告したこと、警察官たちと犯人のアパートを急襲したことなど、昨日のことのように覚えています。殺されたエルロイの母は、もしかしたらわたしだったのかもしれない……と思うのです。

マイケルのこと、エルロイのこと、LAの犯罪のこと、他人事とは思えずそこから離れられない自分がいます。

クライム・ウェイヴ (文春文庫)クライム・ウェイヴ (文春文庫)
(2005/03)
ジェイムズ エルロイ

商品詳細を見る

タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2010/03/12 00:33 ] ◇読書 | TB(0) | CM(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/03/12 22:23 ] [ 編集 ]
Re: 初めてコメントします
ようこさん

こんばんは! コメントありがとうございます。お住まいのJ市には、よく仕事などで行くのですよ。いつも出入りしてくださっているリフォーム業者の方もJ市の方です。あと、子どもたちが小さいころはよく寺田文化パルクに行きました。本を読んだり、アクティヴィティのフロアで遊んだたり! ようこさんもいらしたことがあるのでは?
エルロイの小説はバイオレンスな部分があるので、ちょっと気をつけてくださいね。
わたしも残酷シーンは苦手です。でも、それだけじゃなくて、心に響く部分もあります。
わたしも、今日ブログの横に貼ったマイケルの若いころの声にはとても癒されます。きれいな声ですね……。
英語はいまからでも、マイケル関係の記事をネットで読んだりなさったらどうですか? 好きなことからなら、入りやすいと思います。歌の歌詞を調べるとか^^
これからも、どうぞよろしくお願いします。
[ 2010/03/13 02:46 ] [ 編集 ]
ご近所ですね
文化パルクには子供を連れて本当によく行きました。ローカルな話ですみません!(^^)!
エルロイが今日届き、夜更かしして読もうかなと思っています。明日は弁当作りがないですからね。
マイケルのインタビューやスピーチがわかるようになれば嬉しいのですが・・・歌詞はinvincibleが好きで(誰に対する歌なのかな?)などと考えてます。学生の頃いやいや英語を勉強していたのに、今頃、英語に興味がわいています。
[ 2010/03/13 23:10 ] [ 編集 ]
ようこさん

やっぱりすごくご近所でしたね!!!

invincible 素晴らしい歌ですよね。マイケルの強い意志が感じられて。

いっしょに英語がんばりましょーーー!!!

[ 2010/03/14 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する