翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★MJの思い出 by パリス・ヒルトンのママ

パリス・ヒルトンのママのキャシーは、10代のころに学校でクラスメイトになって以来、マイケルとずっと親交がありました。そして……マイケルの死の直後に病院に最初に駆け付けた人々の中にもいました。この記事が出たとき(8月4日)も、大変なショック状態でした。

(4-8-2009) Kathy Hilton, aka Paris's mom, was devestated upon hearing of the death of her lifelong friend, Michael Jackson.

She told PEOPLE "I have never lost anybody that I went to school with that I was close to in a friendship (that lasted) all these years."

Ms. Hilton first met Michael when they were in their teens. She believes that Michael's mother, Katherine, will be a positive guardian for his children.


キャシーによると、マイケルのママのキャサリンは家族全員にとって精神的支柱だそうです。ジャクソンン家はまるでママを中心にした合宿みたいで、子どもたちも叔母さんも叔父さんも、みんな彼女の周りに集合するんだそうです。ママはみんなとスクラッブル(英語のスペルを競うゲーム)をするのが大好き。そのせいで若さを保ってるかもとキャシーは語っています。

ママはお年だけど、十分にマイケルの子どもたちを見守るエネルギーがあるとキャシーは太鼓判を押しています。

I adore Mrs. Jackson. Katherine is the rock," said Ms Hilton. "It is like Camp Jackson, all of those kids. All the aunts, the uncles, the children come there. She plays Scrabble with them. She loves it. I think that's what keeps her really young."

Asked if Katherine has the energy to watch over her three grandkids, Hilton responded:"Ohhh, she's got the energy."


キャシーは、去年(2008年)、数ヵ月間にわたって、ベル・エアーホテルでマイケルのお隣さんだったそうです。そのときの彼女の思い出が下です:

Ms. Hilton, who lived next to Michael at the Bel-Air Hotel for several months last year, has fond memories of her former neighbor.

He was so much more normal than people know. He really was. He loved to giggle and have fun. I spent time with him, had dinners. He was the best father. He devoted the last 14 years to being with his children. He was a wonderful, kind, thoughtful, caring person. He would be there for people and he was so generous with his time and money." she said.


マイケルはみんなが思っているよりずっと普通の人。笑ったり楽しいことをするのが大好きで。わたしは、マイケルと一緒に過ごして、ディナーも度々一緒に食べました。マイケルは最高のお父さんでした。この14年間、子どもたちと一緒にいることに専念していました。マイケルは、素晴らしい、親切な、思慮深い、思いやりのある人物でした。いつも人々のためになろうとし、時間やお金についても寛大でした。

Ms. Hilton remembered Michael up early in the morning, frolicking with his children at the hotel.

マイケルが朝早く起きて、ホテルで子どもたちと跳ねまわっていたのを思い出します。

There was a big garden there. (My husband Rick) would leave for work at 7:30 a.m. and Michael would be out playing with his children. I am in such pain for his family, for these kids."

ホテルには、大きな庭園がありました。朝7時半にわたしの夫のリックは仕事に出ますが、そのときマイケルはよく子どもたちと外に出て遊んでいたものでした。いま、わたしは、彼の一家と子どもたちのことを思うと、とても苦しい気持ちでいっぱいです。

There are certain things Hilton says she'll never forget about Jackson. "People think that they knew him and they didn't," she said. "His generosity, sense of humor, the mischievous giggle, the laugh."

マイケルについて、決して忘れられないことがあります。それは、マイケルの寛大さ、ユーモアのセンス、お茶目な含み笑い、陽気な笑い声です。人々はよくマイケルを知っていたと思っていますが、そういう面を知らなかったと思います。


Source: People

mj_pics_0010_Layer_12_full.jpg
マイケル&ブランケット ブレット・ラトナー監督と

タグ : マイケル・ジャクソン

ヒルトン夫人がマイケルと同級生だったんですか!
しかもずっと交流があったんですね。
ホテル生活でもマイケルの楽しそうな雰囲気が垣間見えて嬉しくなりました。
貴重なコメント教えて下さりありがとうございます。
[ 2009/12/05 18:42 ] [ 編集 ]
うるうさん

マイケルは学校には短い間しか 通えなかったみたいですが、キャシー・ヒルトンさんはそのときからのお知り合いみたいですね。
[ 2009/12/05 22:40 ] [ 編集 ]
パリス・ヒルトンのお母さんがマイケルの同級生だった
なんて! 驚きました。そしてマイケルの人柄を理解し
その後も交流していたというお話でまた驚きました。
こういう人もきっと多かったんだと思います。
やっぱり子煩悩な優しいお父さんだったんですね。
[ 2009/12/06 00:02 ] [ 編集 ]
ちゃたろうさん

マイケルとプライベートで親しかった方からこういうお話を聞くと、とてもうれしいですね^^
[ 2009/12/07 20:20 ] [ 編集 ]
こんにちは
初めまして^^マイケルの事が知りたくて検索していたら、ゆみさんのブログに出会いました。マイケルへの温かい想いに触れ、嬉しくなりました。私はまだ知らないことだらけなので、また遊びに伺います☆
[ 2009/12/13 23:17 ] [ 編集 ]
りささん

コメントありがとうございます!
いつでも遊びにきてくださいね^^
[ 2009/12/14 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。