翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

★Before He Was King

Thrillerでブレークするまえの若き日のマイケルの写真集を買ったのですが、とてもステキでした。

"Michael Jackosn Before He Was King"
という本です。
Michael Jackson: Before He Was KingMichael Jackson: Before He Was King
(2009/10/21)
Todd Gray

商品詳細を見る


「キング・オブ・ポップになるまえのマイケル・ジャクソン
マイケルが若くてまだ粗削りな感じ。
そのぶん、彼が持つ生来の力強い生命力が写真のなかから読者にストレートにぶつかってくる感じです。

そして、アメリカの1970年代の熱いうねりも感じられます!
Black is beautiful
まさに その先端を走っていた一人がマイケル・ジャクソンだったのですよね。

フォトグラファーのTodd Grayさんは、そのころからマイケルがすごいプロフェッショナルだったと言っています。そして、マイケルは当時からすでに、世界中の子どもたちの本を作りたいと言っていたそうです。インドやアフリカの貧しい子どもたちを貧困から救いたいとも。before king
マイケルは上の写真(表紙の写真も)のセッションで撮った144枚全部を大きくして2セット欲しいと言ったそうです。This is magic と、とってもお気に入りで。

普通ないことだそうですが、このときは、1セットは自分に、
もう1セットはDiana(Ross)に、と言ったそうです(*^^*)
1981年、Thriller 発売前年のマイケルです。

タグ : マイケル・ジャクソン

お返事、ありがとうございました。
Yumiさま

先日は、お返事ありがとうございました。

この写真集、気になっていたので、紹介してくださって嬉しいです。
THIS IS ITが終わってしまったので、これからは、ここ最近買いためたMJ関連の本にゆっくり目を通そうと思っています。

THIS IS IT、私にとって10年分くらいの映画館通いをしました。

THIS IS ITという言葉には、この映画にかかわった人たちそれぞれにとって意味するものがあったと思います。

そして 彼らがMJを中心にひとつになって私たちに伝えていこうとしたのは、EARTH SONGの最後でMJが言っていた「HEAL THE WORLD」というメッセージ、それこそがTHIS IS ITだったのですね。

不幸な出来事がなければ、知ることのなかった舞台裏のMJの素顔。体調のおそらく良くなかったMJをいつも優しく気遣っていたオルテガ氏やトラヴィス氏たち。親子ほど年の離れたダンサーの尊敬の視線を一心に集めて踊るBillie Jean,
I Can't Stop Loving Youの最後の、繰り返されるI Can't・・のフレーズの響き。。

いろんなことが、頭の中で浮かんでは消え、浮かんでは消え・・
いまだに、1958-2009という数字の連なりが肯定できません。
ダンサーの一人への、あるTVのインタヴューで、「あなたはどうして、MJのことを語るとき、現在形で話すのですか」という問いかけに、「彼はずっと私の中で生きているから」と答えていました。

かたちは見えなくても、たくさんの人たちの心の中にMJは息づいて、映画の最後のようにいたずらっぽく笑っているのだと思います。
[ 2009/11/28 16:06 ] [ 編集 ]
ひろこさま

ロードショー最終日のThis Is It、 映画館で見れなかったです。
残念ながら息子の家庭訪問と仕事が重なって、映画館は遠かったです!
これからは、DVDの発売を楽しみに待ちます。
Amazonの予約はなかなか出ないですね~?

映画の中でマイケルは確かに生きていて、これがマイケルのいつも言っていた映像の力だと思いました。
ライブは消えちゃう消えちゃうって言っていたけど、こんな形で残りましたね。。。
[ 2009/11/28 22:50 ] [ 編集 ]
こんばんは。表紙の写真は健康で輝くような笑顔
素敵ですね^^ マイケルは子供のころから目が
いつも穏やかだと思います。人柄が出ていると
思います。
私のマイケル文庫も(息子の命名です)充実して
きまして写真を見たり自伝を読んだりで、新しい
発見があります。
いつも思うのですが、マイケルのダンスは古事記
の中のアメノウズメという芸能の神様の踊りと
同じだと私は解釈してるのです。ひとたびダンス
が始まれば見ている人が熱狂の渦ですものね!
映画の中でも若手ダンサー達が熱狂していましたね。ライブ映像も何回みても毎回感動します^^
[ 2009/11/29 00:55 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
ゆみさん、ご無沙汰しております。
生活が安定せずに、暗闇を懐中電灯なしで歩いていたもので、地上に出るのが遅くなりました。幸い先日懐中電灯を見つけましてやっと光を浴びることができました。。

・・・うまくない比喩すみません。

Before He Was Kingよさそうですね。
ゆみさんご存知のとおり、僕はJacksons時代のマイケルもかなり好きでして、こういう写真集は買うか迷います!

タイトルどおり、Thrillerのヒット前のマイケルは自分の夢を実現するために現実を見据えて切磋琢磨する青年だと思います。

そんなマイケルと自分を重ねて(無理やり)やる気を出しています。

それでは、失礼します。
[ 2009/11/29 23:52 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/30 00:37 ] [ 編集 ]
びんぼーです
マイケル書籍マイケルCDマイケルDVD もっと出して いや出さないで やっぱり出して(TvT)ブルーレイデッキないのにブルーレイDVDの特典は捨てがたく 注文してしまいました。Tシャツ付のボックスセットは知るより先に売り切れておりました。みんなすごいですね。スマスマ放送後は映画館満席でしたね。ゆみさんの紹介してくださったこの写真集 うちにもとどきました。何気ないショットが多く 微笑ましく拝見しました。沢山の人に囲まれてたり お兄ちゃんたちの中にいても マイケルはお行儀のよいいずまいですぐにマイケルだとわかりますね。彼はほんとにどんな時も柔らかで紳士的ですね。
それから「新しいマイケル・ジャクソンの教科書」も来ました。これから読むのですが、冒頭のジェイムズ・M・バリのピーター・パンの一説「子供達は ただひとりをのぞいて みんな大きくなる」の一文だけで涙があふれました。
[ 2009/12/01 23:29 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ちゃたろうさん

マイケルの目が穏やかだというのは、わたしも同感です!
大きくてアイラインばっちりでも、視線が柔らかいですね。
マイケルの優しさが感じられてわたしも大好きです。
そして彼のダンスも、ほかの人にない魅力を感じます。
彼のあの個性的で魅力的なプロポーションにも一つ起因している気がします。

[ 2009/12/02 21:47 ] [ 編集 ]
Re: ご無沙汰しております。
Taichiくん、こんばんは★
最近Jaxityのメンバーが多すぎてマイフレさんの日記アップを見逃しがちです。
うれしいような淋しいようなwww
またTaichiくんのブログの方にわたしも遊びに行きますね。
あのころのマイケルに自分を重ねてひたむきに生きるTaichiくんが目に浮かびます。若いっていいなぁ~~~  
人生はけっこう長いしいつでも気づいたときに再スタートを切れるとはいうものの、やはり20代あたりでいかに生きたかがあとの人生に大きな影響を与えるものですよね。。。そのころは体力もあるし失敗しても周囲の応援もけっこうあるし。そういう意味では頑張り時なのでがんばってくださいね^^
[ 2009/12/02 21:52 ] [ 編集 ]
Re: びんぼーです
三猫の母さん

ピーターパンの一節、マイケルをほうふつさせますね。
マイケルって……繊細過ぎて、純粋すぎて、生きにくかっただろうなぁ。
そして、そういう素のマイケルと、エンターテイナーの負けず嫌いで完璧主義のマイケルもいて、相反する二つの自分に悩むこともあったのではないでしょうか?
[ 2009/12/02 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する