2018-06

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
英日翻訳者/元TOEIC講師
訳書:
『パズルでめぐる世界の旅』、
『スウェーデン・ミステリ傑作集 呼び出された男』の「弥勒菩薩(マイトレーヤ)」、『イギリス野の花図鑑』、
『ゆらゆら海でかくれんぼ』
Favorites:
ミステリ➕アート➕歴史/伝記
➕刺しゅう/絽ざし
➕花壇で土いじり
➕おさんどん
➕MJ

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

★バラの香りと安らぎと
2009/10/10(土) 23:16:50
昨日は父の仏教でいうところの四十九日。死者があの世に旅発つ期間のことだそうです。

わたしと夫はカトリックの洗礼を受けているけど父が仏教徒だったので、亡くなってすぐのお経から、すべては仏式です。

宗教にあまり強いこだわりはないので、わたしも夫も祈ることは同じかなと思って手を合わせています。

合掌すると、自然と心が落ち着いてきます。肉体でまず礼拝の型をとることによって、精神までも清らかに澄んでいくようです。

バラ 2


今回、傷心のわたしにお友達がくれたバラ・ヴェルサイユ(Bal a Versailles)。

ジャン・デプレ(Jean Despres)が作った名香で、「ベルサイユ宮殿の舞踏会」という名前通りの優雅で気品にあふれたものです。
そう、バラといっても薔薇ではなく舞踏会という意味です。

すべて天然香料のみでブレンド:
トップはイタリア産のベルガモットやレモン、
チュニジア産ネロリ、イランイラン、
そしてカッシーアブソリュート

ミドルはジャスミンアブソリュート、
ローズアブソリュート、オポポナクス
そしてオリス

ラストはサンダルウッド、オークモス、ベチバー、パチョリ、シスタス、バニラ

このバラ・ベルサイユはとてもオリエンタルな香りで、家で母が使っているお仏壇のお線香の香りと不思議なくらいよく似ています。

マイケル・ジャクソンのメイクアップアーティストだったカレン・フェイさんによると、このバラ・ベルサイユがマイケルのお気に入りの香水で最後のロンドン・コンサートにも持っていくことになっていたそうです。

心を安らかにしてパラダイスに導いてくれるような甘い香りで、いまのちょっとお疲れ気味のわたしにはこの香りがしっくりきます。実際、この香りなしではいられないくらい。

ところで、バラはバラでも、薔薇の方の香りでは、ロクシタン(L'OCCITANE)の ローズ・オーデキャトルレーヌ (ROSE EAU des 4 REINES)が好きで、ずいぶん長い間愛用していました。こちらは爽やかで、わたしが大切にしているベランダの薔薇のフルーティーな香りを彷彿させます。でも、爽やかすぎて、いまのわたしには少し物足りない感じ……。 でも、きっと若い女性にはいいだろうなぁ。

rose.jpg

rose 3
うちの窓辺のピンクのバラ
タグ: マイケル・ジャクソン 
<<★マイケルへのトリビュートソング by Akon(と、その和訳) ★Halloweenの思い出/ Michael Jackson ☆ Say Say Say>>
Comment












ステージから投げた帽子をゲットした人や マイケルとハグした人が「お香のような香りがした」と言っていたときいたことがありました。その香水の香りだったんでしょうか。マイケルの「匂いを知りたい」と文字にすると ホントにコワい感じのニュアンス ありませんか(^_^;)でもずっと知りたかったんですよね。彼とすれ違った時に どんな香りを残すのかな~って。私も香水好きです。薔薇の香りが好きです。あまりブレンドされてないような ホントに植物の香りに近い香りが好きです。…しかし 一度でいいからマイケルにハグされてみたかったですね。深呼吸で匂い嗅ぎますよね(笑)一昨年でしたっけ?マイケルの来日。あの時パーティーに参加された方たちは 本当に会いに行ってよかった と今 思ってらっしゃるでしょうね。…嗅げたんだろうなあ…あ、ぼーっとしてしまいました。香りで思い出す事って沢山ありますよね。雨の匂いとか 焚き火のにおいとか 沈丁花や金木犀とか 風に紛れて。
  • 三猫の母
  • URL
  • 2009/10/11(日) 00:47:22
  • 編集
以前、ルームメートだったチュニジア人の同僚が
薔薇水を地元から持ってきてくれたことがあります。
香水というより、水に香りがついたものという感じ。
最近、フェアトレードの店で、シリア製の薔薇水を
もとにした化粧水を見つけて、使っています。

両手を合わせるとき、神聖な場所に入ったとき、
自然と心が落ち着くというのは、本当にそうだと思います。
私は実家が仏教で、自分の中には神道が最も根付いていると
思っていますが、アッシジに行くと、いつも心が清らかに
なるように感じます。

落ち着いたら、ぜひご主人とイタリアに遊びにいらしてください。
  • コブ
  • URL
  • 2009/10/11(日) 06:50:15
  • 編集
香水は好きですが残念ながら知識がなくて^^ でも香水のびん
も素敵ですし、あこがれます。マイケルの好きだったという香水
いつか試してみたいです。 

私は特に信仰のない人間ですが、八月に母の十三回忌の法事
があり、手を合わせて祈ると忙しい日常とは別の少しピュアな
気持ちになるような感じがしました。

私はガーデニングなどは虫が怖くて出来ません!!
小鳥が好きで、今は文鳥と暮らしています^^
小鳥や動物には、とても好かれるんですよ^^
ゆみさんは動物は好きですか?
  • ちゃたろう
  • URL
  • 2009/10/11(日) 21:31:39
  • 編集
三猫の母さん

マイケルのお香のような香りを直接嗅げた人はうらやましいですね……香りだけずっと脳裏から消えずに忘れないってこと、ありますよね。。。
マイケルの好きな香りは、バラベルサイユからだと、割合と重いしっかりした匂いですよね。なんだか、マイケルの情の深さなんか想像しちゃいますよね  涙


> ステージから投げた帽子をゲットした人や マイケルとハグした人が「お香のような香りがした」と言っていたときいたことがありました。その香水の香りだったんでしょうか。マイケルの「匂いを知りたい」と文字にすると ホントにコワい感じのニュアンス ありませんか(^_^;)でもずっと知りたかったんですよね。彼とすれ違った時に どんな香りを残すのかな~って。私も香水好きです。薔薇の香りが好きです。あまりブレンドされてないような ホントに植物の香りに近い香りが好きです。…しかし 一度でいいからマイケルにハグされてみたかったですね。深呼吸で匂い嗅ぎますよね(笑)一昨年でしたっけ?マイケルの来日。あの時パーティーに参加された方たちは 本当に会いに行ってよかった と今 思ってらっしゃるでしょうね。…嗅げたんだろうなあ…あ、ぼーっとしてしまいました。香りで思い出す事って沢山ありますよね。雨の匂いとか 焚き火のにおいとか 沈丁花や金木犀とか 風に紛れて。
  • ゆみ
  • URL
  • 2009/10/13(火) 22:34:55
  • 編集
コブさん、薔薇水なんて素敵ですね。
薔薇の似合う男の人もきっと素敵です。

アッシジにはいつか行きたいです。
夫とイタリアに行く……そんな日が来るといいなぁ。
それまで、コブさんのイタリア便りを楽しみにしていますね(^^)


> 以前、ルームメートだったチュニジア人の同僚が
> 薔薇水を地元から持ってきてくれたことがあります。
> 香水というより、水に香りがついたものという感じ。
> 最近、フェアトレードの店で、シリア製の薔薇水を
> もとにした化粧水を見つけて、使っています。
>
> 両手を合わせるとき、神聖な場所に入ったとき、
> 自然と心が落ち着くというのは、本当にそうだと思います。
> 私は実家が仏教で、自分の中には神道が最も根付いていると
> 思っていますが、アッシジに行くと、いつも心が清らかに
> なるように感じます。
>
> 落ち着いたら、ぜひご主人とイタリアに遊びにいらしてください。
  • ゆみ
  • URL
  • 2009/10/13(火) 22:38:30
  • 編集
ちゃたろうさん、わたしも虫は苦手ですが、バラや香りのいいハーブの魅力には勝てなくて虫とも対峙する日々ですw

文鳥さんと暮らしているのですね。わたしは、十歳以上になるカメさんを飼っていますw

> 香水は好きですが残念ながら知識がなくて^^ でも香水のびん
> も素敵ですし、あこがれます。マイケルの好きだったという香水
> いつか試してみたいです。 
>
> 私は特に信仰のない人間ですが、八月に母の十三回忌の法事
> があり、手を合わせて祈ると忙しい日常とは別の少しピュアな
> 気持ちになるような感じがしました。
>
> 私はガーデニングなどは虫が怖くて出来ません!!
> 小鳥が好きで、今は文鳥と暮らしています^^
> 小鳥や動物には、とても好かれるんですよ^^
> ゆみさんは動物は好きですか?
  • ゆみ
  • URL
  • 2009/10/13(火) 22:41:08
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/684-7453ea45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |