2018-02

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
アート、絵本、ミステリ、歴史(特に伝記)、料理の本を愛読しています。趣味は日本刺繍の絽ざしとガーデニング。英語講師、映画やアートの産業翻訳、出版翻訳を営業中です。このブログは子供のころから大好きなマイケル・ジャクソンのことを書いて始めましたが、現在はおもに翻訳関係の記録用に使っています。

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

★Halloweenの思い出/ Michael Jackson ☆ Say Say Say
2009/10/10(土) 02:08:45
初めてのハロウィーンは、アメリカに行ってすぐの1986年の秋でした。
大学の友人たちとカボチャの飾りを彫ったり(carving)、扮装して(wear costume) お化け屋敷(haunted house)に行ったり楽しい思い出です。

わたしの通っていた大学は北カリフォルニアのレッドウッド国立公園のすぐそばだったので、お化け屋敷も樹齢何百年という針葉樹林の森の中でした。

夜の森の中に学生たちがお化け屋敷のルートを作って、そこを思い思いの仮装をした学生たちが歩くのです。

わたしは、ピエロ(clown)になりました。顔を真っ白に塗って目や口を思いっきり大きく描き、上下とも白地に派手な柄のだぼだぼのパジャマを着てピエロになりきっていたので、友人の間では大好評でした(@@) 

白い布をかぶっただけのおばけより、わたしの方が怖かったかも。

ピエロといえば、このSay Say Say のチャーミングなマイケルが浮かびます。

トーヤ姉さんに色目を使うマイケルがなぜかすごくかわいかったりして。
当時のマイケルはいつも仲良しのトーヤを共演相手に使いたがったけど、「姉と弟で恋人役を演じるのはまずい」という意見が周囲のスタッフからチラチラ出ていたようですね。もちろん、マイケルは「これは作品だ!」って全然気にしてなかったそうですが。

そんなこと、日本の歌舞伎なんて、親子(父と息子)で恋人同志をやったりだし全然気にしてませんけどね。アメリカ社会ってけっこうそういう面でうるさいですね。




Say Say Say (1983)
タグ: マイケル・ジャクソン 
<<★バラの香りと安らぎと ★This is Not it さんからのお知らせについて>>
Comment












こんばんは。ハロウィーンの思い出素敵ですね。
アメリカのお菓子で好きなお菓子はどれですか?私はお菓子
作りにとても興味がありますので^^ 本で見て作るだけですが
楽しいです。
Say Say Say のマイケル元気でかわいいです^^
このころのマイケルも後のマイケルも素敵ですね!!
すべてがマイケルの人生で、とても大切に思えます^^
  • ちゃたろう
  • URL
  • 2009/10/10(土) 20:32:21
  • 編集
ちゃたろうさん

このころのマイケル、とてもお茶目でかわいかったですね~!
アメリカのお菓子……う~~~ん お友達同士でのお誕生パーティーなどで、ケーキが必ず手作りなのがいいなと思いました。
たとえへたくそなケーキでも、ケーキミックスなどを使ってみんな手作りでした。果物を切ってのせて、生クリームを絞ったり、ざっくり適当に作りますw

アイスクリームも種類が豊富でとてもおいしい気がしました。

すみません、お菓子をあまり当時食べなかったみたいで、詳しくないかもwww
  • ゆみ
  • URL
  • 2009/10/10(土) 23:52:48
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/683-f1564b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |