翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

★This is Not it さんからのお知らせについて

前回の日記で、わたしはFacebookに発表されたThis is Not it さんのページから、マイケル・ジャクソンの死についての英文メッセージをコピーして掲載いたしました。この情報についての誤解がないようにしたいと思いましたので、きちんと全文和訳も載せたいと思いましたが一身上の都合で現在は時間がどうしてもとれません。

このまま英語だけを貼り続けると、一部内容を誤解する方もいらっしゃるかもしれませんので、やむをえずですが英文メッセージを非公開にさせていただきました。これまでにすでに素晴らしいコメントをくださった方々、どうもすみません。その代り、This is Not it さんのページをわたしに教えてくださったNagisaちゃんの了解を得て、マイケル・ジャクソンのSNS・JaxityにあるThis is Not it についてのコミュをご紹介いたします。

まずはマイケル・ジャクソンのSNS・Jaxityの登録をよろしくお願いします:

http://jaxity.so-netsns.jp/?m=portal&a=page_user_top

登録後、以下のコミュへ入会しますと、FacebookのThis is Not it ページをご紹介します:
「サイトのご紹介:解禁:マイケルと親しくしていたファンの話」

***********************

わたし自身としては、最後の日々のマイケルは、This is Not it さんのページで指摘されているような深刻な健康問題を抱えていたでしょうが最後の最後まで前向きだったと思っています。映画も見ます。

タグ : マイケル・ジャクソン

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/05 22:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/06 23:02 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
いつでもどうぞ!

最近、家庭の事情などで更新があまりできませんが、また時間を見つけて続けたいのでどうぞよろしくお願いしますね(^^)
[ 2009/10/07 14:59 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
ありがとうございます!!

いままで、わたしが迷惑を感じたことなど一度もないです!!!
わたしの方が何か気づいていないのでしたら、すみません。
いろいろお気づかいくださってありがとうございます m(_ _)m
早く落ち着いて元のペースに戻りたいです……。
[ 2009/10/07 15:02 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/07 18:49 ] [ 編集 ]
NoTitle
ご無沙汰しておりました。
ご家庭優先はとても大切なことだと思います。
どうぞ、ご無理なさいませぬように。

この英文メッセージのゆみさんの翻訳記事、いつか拝読させて頂けたらありがたいなぁと勝手ながら思っております。
英文メッセージの内容の詳細は分からないので、何ともいえませんが、今は、様々な立場の人々が色々と憶測したり主張している時期で、正確な検証はまだまだ長い年月を要すると思っています。
捜査や裁判などに、もしかしたら、何がしかの影響を及ぼしかねない発言をする人たちもいるでしょうし・・・、(無意識であっても)
マスコミに載らない情報ほど貴重なのではと感じています。

>最後の最後まで前向きだったと思っています
私もそう思います。
前向きだったからこそ、体力を温存させるためにどうしても眠りたかったのではないでしょうか?(あくまでマーレー医師の主張する最期の様子に基づいた推測ですが。)

リハの一部での、水を得た河童のように嬉しそうな様子、才能を発揮できる喜びに満ちてますね。
[ 2009/10/07 23:20 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/08 23:33 ] [ 編集 ]
ドロシーさんの
水を得た河童 になごみました(*^_^*)つい頭の中でマイケルの頭にお皿をのっけてしまいました。「ぼくはステージの上が一番安心するんだ」と常に言っていたマイケル。涙で画面がぼやけてしまうんだろうな と思いますが 私も眼をそらさずに見届けにまいります。
[ 2009/10/09 00:07 ] [ 編集 ]
NoTitle
三猫の母さん、和んでいただけましたか。e-68
マイケルはジョークが好きなお茶目な人でしたものね。
水木しげるさん曰く、昔は河童がちゃんといたのだそうです。人々が信じていた頃は。
でも、そのうちいなくなってしまったとのこと。
イギリスの19世紀文学の巨匠も妖精の存在を本当に信じていたのだとか。
人々が信じていたとき、妖精は存在していたのでしょうね。
妖精になったマイケルが、いたずらっぽく笑いながら、三猫の母さんをはじめ多くの愛する人々のそばで、一緒に自分の分身映像を見つめているかもしれませんね。
[ 2009/10/09 19:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/09 21:57 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
yonodaさん

コメントありがとうございます。
口パクwwwわかります。でも、彼の激しい踊りですから無理ないかなとも思います。
Badツアーでは歌って踊っていますね。驚異的です!
マイケルのことを好きになってくださるかたは、いつからのファンでも大歓迎です★
いつでも、遊びにきてくださいね。
[ 2009/10/09 22:51 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
ドロシーさん

わたしも、マイケルはコンサートをなんとか成功させたかったから眠るための処方箋薬などにも頼ったのだと思います。

ただ、西洋医学の薬以外にも何かあったのではと思うと残念でたまりません。そういうものを東洋人であるわたしたちがマイケルに知らせることができていたらどんなに良かったかと思ったり……。

わたしもリハでのマイケルの笑顔を見て、辛いことはいっぱいあっただろうけど、あの瞬間のマイケルの幸福感は本物だったのだろうとうれしかったです。
[ 2009/10/09 22:56 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
ちゃたろうさん

マイケルの心はマイケルにしか分からないですよね。
わたしも、50回のコンサートはあまりに多いと思いましたが、それでも、ところどころキャンセルなどしながら(秋に休暇もあったので)なんとかやるのではと思っていました。。。彼は身近のファンに回数についてAEGが勝手に決定したと不満をもらしていたようですが。。。確かにマイケルにとってすごいプレッシャーだったでしょうね。。。ですが、彼は何とかやり遂げようと奮闘していたのだと思います。。。こんな結果になって本当に悲しいです。でも、映画は見たいです。彼のことだから、映像に取られているところでは、いつもベストを尽くしていたと思います。
[ 2009/10/09 23:02 ] [ 編集 ]
Re: ドロシーさんの
三猫の母さん

リハの写真などを見ていると、マイケルが本当に生き生きしていて、エンディングは悲しいに決まっているけど……こんな時を彼がまた持てたこともまたうれしくて……映画を見たら、きっと複雑な気分でただただ号泣だと思います。
[ 2009/10/09 23:06 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
ドロシーさん

ステキなコメントありがとうございます。
コメディが大好きで、悪戯っ子だったマイケル!
そんな彼のことをたくさん思い出したいです(^^)
[ 2009/10/09 23:13 ] [ 編集 ]
Re: 多分理解できるので
Michikoさん、発送しました。
また、ご感想を聞かせてくださいね。

[ 2009/10/09 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する