スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

★Thriller Fashon

残暑お見舞い申し上げます。

今朝の京都はいつもより少し涼しくて、朝のうちだけはエアコンも消していられました。正午過ぎごろからは、またいつものようにトロピカルになっちゃいましたが。。。(^^;)

秋になったら……10月末にはマイケルのラストコンサート"This Is It"のリハを含む映画がアメリカで公開されます。時期はまだよくわかりませんが、日本でも。これは、Must-See ですね!!! MJファンだけじゃなくて、音楽好きな方にはぜひ見ていただきたいです。マイケル・ジャクソンは音楽にダンスにエンターテイメントに命を賭けていた人です。そんな彼の最高のカムバックになるはずだったコンサートのドキュメンタリー、見てください☆ 絶対、感動的な映画になっていると思います!!

ところで、トップモデルのアギネス・ディーンが雑誌"Harper's Bazar" で、マイケル・ジャクソン・スタイルに挑戦しています。

『ハーパース・バザー』はアメリカの老舗ファッション雑誌です。

こういうのを見てると、マイケルがいかにオリジナルなスタイルの創造にこだわっていたか、つくづく思い知らされます。

ラメの片方だけのグローブ、ラメのダボダボ靴下、ミリタリールック、黒のローファー、丈の短い黒のパンツ、白のソックス、サイドにストライプの入った黒のパンツ、黒のフェドーラ帽、マスク(外科医みたいなの)……などなど☆(何かまだ忘れているかもw)

普段の彼は親しい方たちのお話では、まったくファッションには無頓着のようで、パジャマでOKみたいなのです。

でも、ひとたびエンターテイナー☆マイケル・ジャクソンに変身すると、こういう独自のスタイルを貫いていましたよね。

マイケル風ファッションは当然マイケルが着ているのがいちばん好きだし似合っていると思いますが、一応貼っておきますw

**************
スリラー・ファッション
マイケル・ジャクソンは亡くなったかもしれませんが、彼のスタイルには
わたしたちは、Never can say goodbyeですね。
アギネス・ディーンが伝説的人物にスリラー・ファッションを捧げています:
Thriller Fashion
Michael Jackson may be gone, but we never can say goodbye to his style. Agyness Deyn pays tribute to a legend.
(source: http://www.harpersbazaar.com/)


★The King of Pop
agyness-deyn-michael-jackson-0909-01-de.jpg

★She Says I Am the One(Billie Jean)
agyness-deyn-michael-jackson-0909-06-de.jpg


23:52 | ◆マイケルMy Favorite Photos & Videos | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
★This Is It と Earth Song | top | ★マイケルを苦しめたもの

comments

# This Is It
前回はお忙しい中、音の消し方有り難うございました。

リハ映画、どのような編集がされるのでしょうか、気になりますが楽しみにしいます。(見終わった後の喪失感が・・・・)

質問させていただいてよろしいですか・
”This Is It” との表記、is it のi を大文字で表記するのはタイトルだからということなのでしょうか?

それと、意味が「これで、終わり」とよく訳されておりますが、「さあ、これからやるぞ・・」的な意味であるとも聞いたことがあるのですが、ネイティブはどのような感覚でこのタイトルを認識しているのでしょうか?

2つも質問して申しわけありません。
お時間があるときによろしくお願いいたします。
by: ドロシー | 2009/08/15 20:44 | URL [編集] | page top↑
#
ドロシーさん

This is it は、タイトルだから This Is It のように 大文字にしているのだと思いますよ^^ 

このフレーズの意味は、

★来るべき時が来た時の「いよいよだ」

……というのが一般的だと思います。
マイケルの場合も、史上最大のカムバックという意味で、This Is It としたと思います。

スタッフに、「これが最後なんて意味じゃないよ。そういう意味もあるけど、人々に最後かもってドキドキさせるのも、ちょっと冗談ぽくておもしろいだろう」みたいなことを言ったそうですよ。まさか、本当になっちゃうなんて……(><)


映画『シュレック2』(2004年)
Fiona: (to Shrek) Well, this is it.
King: This is it.
Man#1: This is it.
Man#2: This is it.
フィオナ:(シュレックに)さあ、いよいよね
国王:いよいよだな
男1:いよいよだ
男2:いよいよか
by: ゆみ | 2009/08/16 02:07 | URL [編集] | page top↑
# This is it
ドロシーさん

This Is It の続き

マイケルは、そばで仕事をしていたマイケル・バーデンにも、「これが僕のラストショーって意味じゃなくて、ファンをちょっとからかっただけ。本当は、いまこそ、世界や環境が破壊される前に人類が何かできる最後のチャンスだという意味なんだ。いまこそ、何かしなければ」と言っていたそうです。


(sourceになった下のマイケル・バーデンの記事、6月29日にネットで見つけたのですが、どこで見つけたのだったかわかんなくなりました……泣)
He said that the true meaning of "THIS IS IT" was not that these are my last shows, MJ just said that to tease his fans, but the real meaning was that "this is our last chance to do something about the world and the environment before it is destroyed." This is it so we better do something.

by: ゆみ | 2009/08/16 03:19 | URL [編集] | page top↑
# シェールさんのコメントです。
Year.He was a great singer.You know,it's like God gives you certain gifts.And some people he gives different gifts,and some people he gives more gifts.And this child was just an extraordinary child,touched by this ability to have people feel him and feel people,and he just had that sense that you get.And you don't get it from a living person,you get it from someplace else,and he had it.
And,yes,he was a great singer.He is one of the great singers.You can't write him off as just a pop thing,because he could sing like nobody else.You know,he was genius,like Ray Charles,like Stevie Wonder,like people that…you know,like people that ha…are…have a…have a gift.They just have this gift.You don't know where it comes; you don't know how long it stays.You don't know what it…the impact is gonna be,but he was able to…to connect with people.You know,he was a really soft-spoken boyーalways,always.(June 26,2009)
by: 三猫の母 | 2009/08/16 20:33 | URL [編集] | page top↑
# シェールさんコメントの和訳です(掲載されていたもの)
ええ、偉大なシンガーだった。ほら、神様はみんなにある種の才能をくださるでしょ。ある人には他人と違う才能をくださるし、またある人にはほかの人よりたくさんの才能をくださる。あの子は並外れた子供だった。相手に自分を感じさせ、自分も相手を感じるという能力に恵まれたの。とにかく、みんなが感じていたあの雰囲気を持っていた。それって、生きている人間から得られるものではないわ。どこか別の場所からしか得られない。それを彼は持っていた。確かに彼は偉大なシンガーだった。最高に偉大なシンガーの1人よ。ただのポップスターではすませられない。だって、あの歌い方は誰にもまねできないもの。ええ、彼は天才だった。レイ・チャールズとか、スティーヴィー・ワンダーとか、そういう…ほら、天賦の才を持っている人たちと同じで。彼らはまさしく天賦の才を持っているわ。それがどこからくるのか、どれくらいの間留まってくれるのかはわからない。どんな影響をもたらすのかも。とにかく、彼にはできたのよ。人と通じ合うことが。ほら、彼は本当にやさしい話し方をする子だったのよ ―いつも、いつも。
by: 三猫の母 | 2009/08/16 20:35 | URL [編集] | page top↑
#
三猫の母さん、シェールのコメントをありがとうございます☆
by: ゆみ | 2009/08/17 17:23 | URL [編集] | page top↑
#
ゆみさん
お忙しい中、ご丁寧なレス有り難うございます。
とても分かりやすいです。
マイケルの言葉はしばしば二重の意味があるので、
難しいです。
(ゆみさんは、このような英語の知識をどのように学ばれているのでしょう? 尊敬いたします。)

一区切りつけて、さぁ、新たにスタートという意味だったのでしょうね。きっと。

>「いまこそ、何かしなければ」
常に前向きな方でしたね。
自然、経済、人の心などなど、いろいろなものが崩壊してきているなと感じています。
そういう時代だからこそ、人々に夢を与えるためにまだ地球に留まっていて欲しかったです・・。

↓ このような、暖かいスタッフに囲まれて幸せだったと思いたいです。
Michael Jackson dancer Timor Steffens talks
http://www.youtube.com/watch?v=neHhppK9QK0
by: ドロシー | 2009/08/18 21:04 | URL [編集] | page top↑
# 英語
ドロシーさん

両親が病気だったり、マイケルのSNSでうっかり退会ボタンを押して過去の日記を全部消してしまったり、あたふたしていますw

すみません、お返事いつも遅くて!

英語は、大人になってからアメリカに4年暮らしていたこと、そのときの経験プラス、子どものときからマイケルはじめ英語の音楽をよく聴いて歌詞を考えたりしていたことが、役に立ったと思います。

でも、バイリンガルで育ったわけではなく、あくまで日本語で育ったので、リスニングも集中していないと聞き逃していることがしょっちゅうです (^^;)

いまは、英語を忘れないように、ネットなどの無料で見れる英語記事やビデオなどになるだけ触れるようにしています。

>常に前向きな方でしたね。
自然、経済、人の心などなど、いろいろなものが崩壊してきているなと感じています。
そういう時代だからこそ、人々に夢を与えるためにまだ地球に留まっていて欲しかったです・・。

同感です!
こんな時代こそ、マイケルの愛するファンタジーの世界がわたしたちを癒してくれたのに……。

by: ゆみ | 2009/08/20 17:41 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/648-2c7c0800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。