翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

★マイケルが一番願っていたこと

えーーっと、これも先日書いた日記の追記です。

前の日記の繰り返しになりますが、マイケル・ジャクソンが亡くなる前まで持っていたプランの1つに、子どもが主人公のノンフィクション小説の映画化がありました。
1950年代のアメリカを舞台に、飲んだくれの父と病的な母の間に生まれ5人の兄弟がいるジェニングズという少年が、父とはあったこともなく母が病気になって「ホーム」を転々としながらも、強くたくましく生きていくというお話です。
●They Cage the Animals at Night (Signet) (ペーパーバック)
Jennings Michael Burch (著)
●ぬいぐるみを檻に入れられて (単行本)
ジェニングズ・マイケル・バーチ (著), 塩谷 紘 (翻訳)

ぬいぐるみを檻に入れられてぬいぐるみを檻に入れられて
(1989/01)
ジェニングズ・マイケル・バーチ

商品詳細を見る


この映画化のプラン中の2001年に、マイケルは原作の作家を自分のネバーランドに招いていました。
そのときのビデオを教えていただきましたので、貼っておきますね。
このビデオは、そもそもマイケルの仲良しの監督が撮った"Miss Cast Away"のメイキングのようなものですが(マイケルも友情出演)、最後の方(5:20あたり~)に出てくるおじいちゃまが本の作者で、本に登場する子ども時代に大切にしていたぬいぐるみDoggyをマイケルに見せているシーンがあります。

ビデオの最後に監督とマイケルが言う "That's a wrap" は ……「撮影終了」のことです。





そもそも、なぜマイケルがこの原作にこれほど関心を持ったかというと、マイケルが生涯訴え続けていたことと深くつながっているからだと思います。

それは、親子の絆を取り戻し、関係を修復し、地球の将来を担うすべての子どもたちの進む道を明るく照らすことです。

そのためにマイケルは自宅のネバーランドを定期的に子どもたちやその家族に開放したり、とてもハードはコンサートを世界中で行って300億円とも言われる莫大な寄付をしました。

子どもたちが
*愛される権利。自ら求めずとも。
*守られる権利。どんなことがあっても。
*かけがえのない存在と感じられる権利。何も持たずにこの世に生を受けようとも。
*話を聞いてもらえる権利。大人にはおもしろくない話でも。
*寝る前に読み聞かせをしてもらえる権利。
*教育を受ける権利。学校で銃弾におびえることなく。
*かわいがられる対象となる権利。たとえ平凡な外見だとしても。
以上のような児童権利法案がすべての家庭に取り入れられることをマイケルは望んでいました。
(以上、青字は、2001年3月6日、イギリス・オックスファード大学での講演より抜粋)

タグ : マイケル・ジャクソン

はじめまして
whateverhappensで検索したらたどり着きました。今、この歌の発音記号つきの歌詞カードを作成しようと思って歌詞カードとネットを見てみたのですが、不明な点があるのです。
①whateverhappens don't let go of my handと歌詞カードにありますがjust don'tと聞こえる部分がある。
②3分14秒あたりからのマイケルのバックでのシャウトが聞き取れない。ネットにも見当たらない
③たまに「si」といっているような気がするが、スペイン語の「はい」の意味?
私もこの歌大好きなんです。昔はそれほどでもなかったのですが、私も成長したのでしょうか。大人の歌ですよね。
[ 2009/08/06 17:13 ] [ 編集 ]
ピリカさん、はじめまして。


①whateverhappens don't let go of my handと歌詞カードにありますがjust don'tと聞こえる部分がある。

海外の歌詞カードはわりと適当なんで、そう聞こえるなら、歌ってないのかもしれませんね。

②3分14秒あたりからのマイケルのバックでのシャウトが聞き取れない。ネットにも見当たらない

ごめんなさい、いま聞きとりする時間がないので、後で聞いてみます。

③たまに「si」といっているような気がするが、スペイン語の「はい」の意味?
スペイン語です。
ギターのカルロス・サンタナ(メキシコ出身)と作っている歌なので、カルロスへのかけ声かと。。

いま、忙しいのでお役に立たずすみません。
あとで、歌を聴いてみますが、まずはレスを。
[ 2009/08/07 22:40 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
お忙しい中、レス、ありがとうございます。回答は暇なときに思いついたらでいいです。現在60回くらい聞いていてなんとなく聞き取れてきた気がします。マイケルのシャウトは「~ness baby」といっている気がするのですが…。精進あるのみ。
[ 2009/08/08 07:10 ] [ 編集 ]
ピリカさん、お力になれなくてすみません。
ちょっと歌の聞き取りする心の余裕というか時間もいまなくて。。。
[ 2009/08/09 11:43 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして^^
ゆみさんが紹介してくださったおかげで
「ぬいぐるみを檻に入れられて」を読むことができました。
いろいろな想いが胸にあふれてきてうまく言葉になりません・・・
どの子も愛され守られる権利があるというマイケルの信念そのものだと思いました。
ゆみさん、紹介してくださって本当にありがとうございました!
[ 2009/08/09 23:20 ] [ 編集 ]
ぬいぐるみを檻に入れられて
のむぞうさん

コメントありがとうございます!
お返事遅くてすみません…汗

>「ぬいぐるみを檻に入れられて」を読むことができました。

どんくさいのですが、まだ注文品が届かなくて、日本語版を読めていません…汗
わたしも早く読みたいです!!
[ 2009/08/12 01:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する