★マイケル・ジャクソン『キング・オブ・ポップの伝説』

7月13日からロンドンで始まるはずだったマイケル・ジャクソンの公演「THIS IS IT」

今日29日、わたしもコンサートを見るためにイギリスに出発する予定でした……
(><)

でも、そんなことより、マイケルのような素晴らしい人間がこの世からいなくなったことの方がずっとずっと悲しいです。彼がこの地球のどこかに生きていると思うだけでも、幸せな気分にさせられたのに。

彼の歌やダンスは見る者に最高に楽しい時間をくれました。

彼の生き方やメッセージは、いつもわたしに世界の平和や子どもたちへの愛の大切さを思い出させてくれました。


コンサート直前の放映を目指し、イギリスITVがかねてより制作していたドキュメンタリーがありました。

マイケルの急死で、ITVは現地時間の6月26日にこれを放送し、その日のイギリス各チャンネルのマイケル関連特番の中で最高の視聴率を獲得したそうです。

番組では、マイケルの愛する母キャサリン、姉ラトーヤ、兄ジャーメイン、モータウンでの先輩スモーキー・ロビンソンやグラディス・ナイト、友人でミュージカルスターのライザ・ミネリらの新しいインタビューも見れます。

彼の生き方全般というよりも、音楽的キャリアにスポットを当てた内容になっています。

YouTubeに日本語版をアップしてくださっている方がいたので、貼りますね:




タグ : マイケル・ジャクソン

ありがとうございます
優しい文章にいつも癒されます。
マイケル追悼 追悼と どうしてあんなにすぐ順応できるんでしょうか 不思議です。私も全く信じられなくて もうこのまま信じないでいいや と思っています。映画が上映されるときいて「また会える!」と 嬉しくて涙が出ました。マイケルはずっと居てくれてると思えてなりません。写真展は パネルとか みたことない写真はもちろん見てみたいですけれど そういう場所に足を向けたくない様な気持ち 私も同じです。チケット 私も二回取れていました。一枚は払い戻しに もう一枚はチケットにかえてもらいます。いつの日か またツアーにいけるような気さえします(*^_^*)
[ 2009/07/29 19:49 ] [ 編集 ]
三猫の母さん

コメントありがとうございます。
三猫? かわいいですね☆

わたしも、まだまだぼんやりしています。
いろいろやり残したマイケルの気持ちを思うと、悔しくて……(><)
[ 2009/07/31 00:40 ] [ 編集 ]
なんとも・・
こんばんわ

テンプレート変更されたのですね。
とても読みやすくなりました。

>イギリスITVがかねてより制作していたドキュメンタリー

貼ってくださって有り難うございます。
見た感想は、既成メディアから捉えたマイケルといったところでしょうか。
ソニーやメディアや検事の都合の悪いことは一切触れず・・。
(編集次第ですね。本当に。)

マイケルのキャリアを邪魔したものはまさにこういった既成メディアなのですが・・・。

堕ちたのではなく堕とされ、そこから這い上がろうとした矢先だからこそ、
複雑な感情を持つ人も多いのだと思います。

そう簡単に追悼とか、一つ時代が終わったなんていえませんよね。
[ 2009/08/02 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する