翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

ネルソン・マンデラ on マイケル・ジャクソン

マイケルが突然亡くなってもうすぐ3週間。まだ実感できないでいますが、わたしの周りの日常は変わらず過ぎていき、これからの1週間は家庭の事情で怒涛のような日々になりそうです!

幸い子どもたちの病気は治りましたが、夫の単身赴任のためのお引越しが近づいています。いまは家の中が段ボールだらけです(><)


ところで、マイケルの肌が白くなったのは彼の主治医によると尋常性白斑という病気のせいなんですが、そのことをちょっとこのブログでも書いてみたいと思っています。ただ、いまじっくり考える時間がないので、多分来週あたり……。

**********************************

世界中の人々がマイケルに追悼の言葉を捧げています。その中で印象に残ったものを少しずつ書き留めていきたいと思います。

Nelson Mandela
"Michael became close to us after he started visiting and performing in South Africa regularly...We became fond of him and he became a close member of our family. We had great admiration for his talent and that he was able to triumph over tragedy on so many occasions in his life. Michael was a giant and a legend in the music industry and we mourn with the millions of fans worldwide."

ネルソン・マンデラ……反アパルトヘイト闘士、ノーベル平和賞(1993)、元南アフリカ共和国大統領(1994-1999)
「マイケルが南アフリカを訪れてコンサートをするようになり、私たち一家はマイケルと親しくなりました。そして、彼が大好きになり、家族ぐるみの付き合いになりました。その才能に、また彼が人生において数々の悲劇を乗り越えたことに私たちは深い尊敬の念を抱いていました。マイケルは音楽界の偉人であり、伝説的人物でした。世界中の何百万人というファンと共に哀悼の意を捧げます」


*****************************

マイケルは生前、南アフリカの子どもたちの基金にもたくさんの寄付をしました。世界中で300億円以上の寄付をしたということですから、とにかく規格外に寛大で、自分の理想を実践して生きた人だと思います。

二人のスナップはとても自然で素敵ですね^^

1996年
mandela 3


1999年
mandela.jpg

タグ : マイケル・ジャクソン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する