翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

ヨーコ・オノ on マイケル・ジャクソン

YO-IP-header_bigger_bigger.jpg




ヨーコ・オノが自身のimaginepeace.comにマイケルへの追悼文を掲載しました。
http://imaginepeace.com/news/archives/7344
(写真も同サイトより、訳はヤフーニュースよりいただきました)

********************

With his enormous talent, Michael kept giving us power, inspiration and joy.
Yet he knew that the world was not kind to him for many reasons,
some of it going right back to racism.

That must have been so hard for him.
His various attempts to be loved by the world equaled the pain he received from it.

Michael, now you are free from all that.
Rest well in Peace.
We will always remember you and love you for what you were to us.

With love,
Yoko Ono Lennon
June, 2009.


その多大な才能で、マイケルはパワー、インスピレーション、そして喜びを与え続けてくれました。

しかし、人種差別も含む様々な理由で、世界は彼に対して不親切であることも、マイケルは知っていました。

それは彼にとって辛いことだったに違いありません。世界に愛されようと様々な試みを行った彼ですが、その結果、それと同じぐらいの痛みを受けたのです。

マイケル、あなたは今そのような事柄から解放されたのです。

安らかに眠ってください。

私たちはあなたのことを決して忘れず、私たちにとって大切な存在だったあなたのことをずっと愛し続けることでしょう。

愛をこめて、Yoko Ono Lennon

Michael Jackosn RIP
mj1.jpg

タグ : マイケル・ジャクソン

☆感謝☆
ヨーコ・オノの追悼文、
凄く気になってたんです(>_<)
ありがとうございます。
[ 2009/07/14 19:05 ] [ 編集 ]
じょなさん、コメントありがとうございます。

ヨーコさんはご自分がジョンと一緒になったころに世界中のメディアからいわれのないバッシングを受けたので、マイケルの気持ちを心から理解できる数少ない人かもと思いました……。
[ 2009/07/15 17:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する