翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

清志郎のスローバラード

忌野 清志郎さんが亡くなりました。
40年近いキャリアがあるので、世代によって清志郎さんのイメージもいろいろでしょうね。
でもいつの時代も自分でも言ってたけどバンドマンだったよね。

大ファンってわけじゃなかったけど、大学生のとき友人に誘われて彼のRCサクセションのライブを見ました。
もうずっと昔のことです。彼は30代だったと思います。場所は西武球場でした。

ステージ狭しとまるで少年のようにピョンピョン飛び跳ねていた彼。
ソウルフルな歌をたくさん、ハスキーな声をもっとからして歌ってくれました。
その日、走り回るのをやめて静かに歌ってくれたのがこの『スローバラード』でした。
そのときのわたしにとって、青春そのものみたいに感じられた歌詞。
このライブのあとも、ずっと長い間、この歌はわたしの心の中に響いていました。

ステキな歌をありがとう、清志郎。あえて、呼び捨て。いくつになっても呼び捨てで呼ばれるのが彼の軽やかさに似合ってる気がします。
安らかにお眠りください。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する