翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

『幻の女』の出だし

◆The Phantom Lady by William Irish

The night was young and so was he. But the night was sweet, and he was sour.

◆『幻の女』 ウイリアム・アイリッシュ(稲葉明雄 訳)

夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。

https://www.amazon.co.jp/%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%A5%B3-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E6%96%87%E5%BA%AB-HM-9-1-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/4150705518/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1403317959&sr=8-1&keywords=%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%A5%B3
[ 2016/12/10 12:35 ] ◇翻訳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する