翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

読書メーター10月分

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1119ページ
ナイス数:41ナイス

EQ英会話―暗記なし!努力不要!たった3ヶ月のレッスンで5,000人の生徒を英語ペラペラにしたEQ英会話―暗記なし!努力不要!たった3ヶ月のレッスンで5,000人の生徒を英語ペラペラにした感想
英語に苦手意識がある人、英会話がダメという人にお薦め。基本的な英会話上達のために、著者はまずは心構えが大事だと説く。まずは日本語でいいから、「一日一回、知らない人に声をかける」ことからだそうです。まず、対人恐怖症から消す。無視されたら、相手が対人恐怖症だと思えばいいそう。著者は他にもあと9個、簡単だけど大切なアドバイスをしています。
読了日:10月11日 著者:本城武則
魔術はささやく (新潮文庫)魔術はささやく (新潮文庫)感想
読んでみると、タイトルの神秘的なイメージとは違った。主人公の高校生の少年やそれを囲む市井の人々がいきいきと描かれている。少年の成長期としても読めた。
読了日:10月6日 著者:宮部みゆき
誰か―Somebody (文春文庫)誰か―Somebody (文春文庫)感想
おもしろくて一気に読んだけど、何とも暗い読後感。印象に残った主人公・杉村三郎の言葉……真実はもう、永遠にわからないのだと考える。真実にも寿命があるのだと。
読了日:10月2日 著者:宮部みゆき

読書メーター
[ 2014/11/03 12:06 ] ◇読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する