2017-11

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆみみみ

Author:ゆみみみ
好きなもの:アート、絵本、ミステリー、歴史、映画、音楽、料理、ガーデニング、日本刺繍(絽刺し)

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

7月の読書メーター
2013/08/01(木) 00:27:50
2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:3752ページ
ナイス数:12ナイス

サフィーの天使 (Y.A.Books)サフィーの天使 (Y.A.Books)感想
パパは売れっ子画家でロンドンに単身赴任中。イギリス郊外の町で、残りの家族はバナナみたいな家に住んでます。ママはあまり売れてない画家だけど、いつも離れで必死の制作中。4人の個性的な子どもたちは、みんな絵の具の色の名前を持ってる。獣医になるべく大学入学準備中の長女は勉強より恋に夢中。まだ小1の末娘は天才画伯になりそう。みんなが大すきなおじいちゃんは病気でホームにいて、二女は養女かも。夢や現実が絶妙にミックスした設定の勝利。台詞のテンポがいいと思いまふ。
読了日:7月17日 著者:ヒラリー マッカイ
1922 (文春文庫)1922 (文春文庫)感想
ほとんど長編といっていい『1922』。14歳の息子がよく描けていて、愛しく悲しい。父親も自滅。でも、人生はこんなものだろうと思い、読後感は淡々としたものだった。悪事はやった本人をいちばん蝕むのだろう。短編の『公正な取引』は、おもしろかったけど、主人公が罪悪感がまったくない人間で気持ち悪かった。
読了日:7月13日 著者:スティーヴン キング
夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです感想
タイトルと表紙の絵に惹かれて買ってしまった……中身ももちろんよかったですよ。
読了日:7月11日 著者:村上 春樹
書くことについて (小学館文庫)書くことについて (小学館文庫)感想
ポストイットが30枚越え。「書くという作業の基本単位はセンテンスではなく、パラグラフ」「小説の3要素は、叙述と描写と会話」「語彙の乏しさを恥じて、いたずらに言葉を飾ろうとしてはだめ」といったことが特に心に残った。「たくさん読んで、たくさん書く」そうすれば書く力は伸びる、と励ますこともキングは忘れない。叩き上げの正直者で奥さんや読者に誠実で思いやりあるキングが好きになった。「人生は芸術の支援組織ではない。その逆である」「(ものを書くのは)読む者の人生を豊かにし、同時に書く者の人生も豊かにするためだ」
読了日:7月11日 著者:スティーヴン キング
てにをは辞典てにをは辞典
読了日:7月1日 著者:
娘に伝える ロザンナのトマトソースでつくる とってもおいしいイタリアン (集英社リビングムック)娘に伝える ロザンナのトマトソースでつくる とってもおいしいイタリアン (集英社リビングムック)
読了日:7月1日 著者:ロザンナ
ロザンナの毎日だってイタリアン (グッドチョイスエッセ (8))ロザンナの毎日だってイタリアン (グッドチョイスエッセ (8))
読了日:7月1日 著者:ロザンナ
伝わる!文章力が身につく本伝わる!文章力が身につく本
読了日:7月1日 著者:小笠原 信之

読書メーター
<<8月の読書メーター 6月分 読書メーターまとめ>>
Comment












この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/2693-bc858f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |