2017-11

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆみみみ

Author:ゆみみみ
好きなもの:アート、絵本、ミステリー、歴史、映画、音楽、料理、ガーデニング、日本刺繍(絽刺し)

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

◆"MJ 46" exhibition in Kobe, Japan. MJ46に行ってきました。
2011/08/25(木) 03:40:55
I went to "MJ 46", a memorial exhibition produced by Princess Tenko, with two good friends of mine last week. It was held in a former elementary school. I think there is no better place than the old elementary's beautiful and quiet building for MJ's memories...MJ and children are really inseparable.
先週、神戸で開催されている"MJ 46"に素敵なMJファンおふたりと行ってきました。
旧北野小学校が第一会場です。こちらはいまは工房やお店になっていますが、元々の小学校のたたずまいがそのまま残っています。子ども好きだったマイケルにはぴったりの場所だと思います。いかにも神戸らしいシックな洋館です。


神戸8
The former Kitano Elementary School( now used as artists' studios and shops): the entrance
旧北野小学校の玄関


神戸11
The hallway
廊下


神戸14
To the upstairs where there is "MJ 46" exhibition
展示会は階段を上がった2階で


神戸16
The lovely stained glass
ステンドグラス


神戸10
I looove this old-fashioned light!
時代がかった素敵なライト


mj 46 poster
poster ポスター


mj 46
こちらもポスター。たまたま友人の彼氏(カメラマン)がvictory tourの際に撮影したものでした。その彼は、若い時代から印象的なMJの写真をたくさん撮影しています。(追悼会のパンフレットの表紙など) 彼女の話によると、彼はMJのことを友人として敬愛していたそうで、やはり、人間としてMJを愛していたからこそ、このように彼の色あせることのない魅力を写真のなかに封じ込めることができたのだと思います。


mj 46 3
This drawing was here! Princes Tenko bought it. It was drawn by MJ in1978.
1979年、マイケルが描いたというイラスト。小さいものですが、とても丁寧に描かれているのがいかにもマイケルらしくて印象的。


mj 46 2
It is said that this signature was written on June 24, 2009. I am not sure if this is really "June 24/ 2009". [4]&[9] don't look so clear...
亡くなる前日、2009年6月24日のサインと言われていますが……日付がちょっと読みにくいです……



mj 46 4
MJ's personal iphone desinged by Christian Audigier( Ed Hardy)
Very cute!
亡くなる前年ごろよく行動を共にしていたクリスチャン・オードジェー・デザインのマイケルのiphone。ブルドックが可愛い。当時、マイケルへのファンレターを彼のお店にことづけたことなど、懐かしく思い出されます……


mj 46 makeup case
MJ's huge makeup case used during History World Tour
ヒストリー・ツアー中にマイケルが使用していたメイクボックス。人が入れるほど巨大です!


神戸3
Kobe Kitano Hotel---We, three of us, MJ fan girls, went to have a great French lunch together! We had fun talking about MJ, the family, health, and almost everything.
神戸北野ホテルで、女三人でおいしいフレンチのランチをいただきました。いろいろおしゃべりして楽しかった~マイケルがくれた素敵な出会いです。


神戸6
The second site for "MJ 46" is Catherine House. It was originally built for an English lady, Catherine Andersen by his German husband in 1899!
展示会の第二会場は、歩いて少しのところにある、キャセリン・ハウスというビクトリア・スタイルの異人館。1899年にイギリス人の奥様のために、ドイツ人のご主人が建てたものだそうです。
こちらでの展示内容は……あまりなかったような 笑


神戸2
The rose ice cream we had in Catherine House! Yummy! It smells like a rose too :-)
キャセリン・ハウスでは、バラのアイスクリームが美味でした~~~!

タグ: マイケル・ジャクソン 
<<◆Going back to Indiana: Prince, Paris & Blanket with their grandparents 知恩院へお墓参り~八坂神社~祇園>>
Comment












>亡くなる前日、2009年6月24日のサインと言われていますが
なんとも・・・・
単なる喪失感ではない、複雑な思いは決して消えることはないでしょうね。

同時代に生きることができたことは、夢のような出来事だったと、
どんなときでも彼は「光」につつまれていた・・映像を見るたびに感じます。
死後の魂がどうなるかなんてことは誰も知ることはできませんが、
きっと彼にふさわしい所にいるのでしょうね。
私はマイケルを悲劇の人にしたくはないのです。
それは、彼を貶めたマスコミが一番喜ぶことだから。
むしろ、人々に夢を与えられた最高に幸運な人だからこそ、
ある種の人々に妬まれ続けているのだと感じています。
  • ドロシー
  • URL
  • 2011/08/28(日) 00:00:41
  • 編集
ドロシーさん、わたしも同じような気持ちです。
彼の死の究明はもちろん厳しく続行してもらいたいですが、二年間彼の喪に服したいま、彼からもらった素晴らしい思い出を胸に前進していきたいと思います。
  • yumi
  • URL
  • 2011/08/30(火) 08:51:53
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/2621-34915875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |