翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆自信に満ちていたマイケル(2007年3月、座間キャンプ)

2007年3月、マイケルが米陸軍・キャンプ座間を慰問したとき。このときのマイケルはとても健康的で明るい表情でした。3・9パーティーのあとでの訪問だったと思います。

正直言って、この当時、マイケルの映像を見てあまりに素敵でびっくりしました。いろいろあってもっと疲れた顔で来日するかなって思っていたら、少年のような無邪気な笑顔も健在で、スラリとした体型はまるで青年のようでした。マイケル・ジャクソンってやっぱり普通の人じゃないって再確認しました。
個人的に、このときの衣装とヘア・スタイルは2000年以後の彼のスタイリングではベスト3に入りますw so gorgeous, cute, and sexy!!!!

2005年の裁判が終わったあと、マイケルが復活に向けてとても充実した精神状態にあったことは確実だと思います。充実した表情で、すぐわかりますよね。

そして……その2年後の彼に多くの問題が起こったことも確実です。



タグ : マイケル・ジャクソン

遅いコメントですみません。

私もこの来日時のマイケル、本当にすてきだったと思います。
来日に際しては色々と思うところがありましたが、成田に降り立ったマイケルを見てあまりのすてきさにビックリしました。
BAD期のころと少しも変わってない・・・と感動で泣けてきました。

・・・懐かしい思い出です。
[ 2011/02/25 22:38 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
こんばんは、この時の映像はとても印象深いものです。実は座間は私の住まいから5キロ程しか離れていないのです。ここからの飛行機がいつも上空を旋回しています。こんな近くにマイケルがいたことを
動画で知ることが出来て本当に最初見たときは
近くまで来ていて会う事が出来なかったことをとても悔やみました。そしてこの時のマイケルはとても日本人ぽいと感じました。彼は日本を愛していた理由もわかりますし、最後に日本を訪れてくれたのはとても感謝しています。彼が子供だけでなく軍事関係者にも慰問の気持ちを強く持っていたことにとても心を動かされます。こんなスーパースターはかつていませんでした。国のために従事したこういった職業の人に大しても敬意と愛を持ち続けたマイケルの繊細な心には感無量になります。私も亡くなる僅か2年前の事とはとても思えません。
[ 2011/02/25 23:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
みささん、おはようございます!
遅いなんてとんでもないです。いつでもどうぞ、のんびりやっていますから。マイケルについて、もういまとなっては、何も急ぐ必要はないのですから。。。

本当にあのころのマイケルが輝いていたことは懐かしい美しい思い出ですが、同時にどうしてたった二年で……という暗澹たる思いが襲ってくることを避けることは不可能ですよね。。

keep in touch

> 遅いコメントですみません。
>
> 私もこの来日時のマイケル、本当にすてきだったと思います。
> 来日に際しては色々と思うところがありましたが、成田に降り立ったマイケルを見てあまりのすてきさにビックリしました。
> BAD期のころと少しも変わってない・・・と感動で泣けてきました。
>
> ・・・懐かしい思い出です。
[ 2011/02/26 10:49 ] [ 編集 ]
Re: ご無沙汰しています。
エボニーさん、おはようございます。
座間のお近くにお住まいなんですね。
マイケルはすべての人種に平等であろうと務めていましたが、やはり黒人が多いArmyの人々にはシンパシーが強かったと思います。このように慰問するのは、アメリカではショービジネスの人々に多い慈善だとは思いますが、平和を愛するマイケルがすることに意味があると思います。この人々の命を大切にする政治をしてくださいというのがマイケルの思いでしょうから。イラク戦争のときもそうでしたが、本土戦ではない場合、アメリカ人でまっさきに戦争の被害を受けるのはこの人々ですものね。

このころの明るく力強く前向きで復活に向けて積極的にレコ-ディング、映画やショートフィルムの企画、チャリティのプロジェクトなど動いていた当時のマイケルを突然襲った出来事……彼の会社の経営問題としか思えません。経営の管理がきちんとできていなかったばっかりに、無理なコンサート計画などが無理やり進んで行ったようで残念で仕方ないです。

> こんばんは、この時の映像はとても印象深いものです。実は座間は私の住まいから5キロ程しか離れていないのです。ここからの飛行機がいつも上空を旋回しています。こんな近くにマイケルがいたことを
> 動画で知ることが出来て本当に最初見たときは
> 近くまで来ていて会う事が出来なかったことをとても悔やみました。そしてこの時のマイケルはとても日本人ぽいと感じました。彼は日本を愛していた理由もわかりますし、最後に日本を訪れてくれたのはとても感謝しています。彼が子供だけでなく軍事関係者にも慰問の気持ちを強く持っていたことにとても心を動かされます。こんなスーパースターはかつていませんでした。国のために従事したこういった職業の人に大しても敬意と愛を持ち続けたマイケルの繊細な心には感無量になります。私も亡くなる僅か2年前の事とはとても思えません。
[ 2011/02/26 10:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する