翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆Smile マイケルとナット・キング・コール

マイケルが愛した歌"Smile" …… チャップリンの映画のなかのオリジナル曲に初めて歌詞を付けて歌ったのは、ナット・キング・コールでした。


マイケルの一番好きだった歌かも……

タグ : マイケル・ジャクソン

初めまして
初めまして、Lucianoと申します。
突然のコメント失礼いたします。
いつも楽しく拝見しております。
素敵な日記をありがとうございます。
Lucianoは、マイケルの歌うSmileが大好きです。
天使の歌声のようです。

[ 2011/02/21 21:21 ] [ 編集 ]
smile ×2
こんばんは
N.K.コールとマイケルのスマイル共演
素敵ですね~。

マイケルバージョンのスタンダードな感じは
N.K.コールへのレスペクトも感じます。
白黒の映画を見ているような優しい気持ちになれます。
[ 2011/02/21 21:51 ] [ 編集 ]
スマイル
はじめまして(^^)

いつも影ながらブログ拝見させてもらってます!


私もスマイルはどちらのバージョンも好きです。

オリジナルのバージョンはもどんなに時間が経っても色褪せない名曲でし、マイケルのスマイルはヒストリーのラストに入っているところが余計切なく聴こえてしまいます(>д<)
[ 2011/02/21 22:20 ] [ 編集 ]
Lucianoさん、はじめまして! コメントありがとうございます。

ナット・キング・コールよりマイケルの方が悲しみが表に出ているような気がします(><)……それにしても、ふたりとも素晴らしい表現力ですね!
[ 2011/02/22 16:40 ] [ 編集 ]
ちいちゃん

マイケルのスマイルが、前向きな歌詞にもかかわらず、なんとも悲しく聞こえてしまう……まるで心で血を流してでもいるように。。。
[ 2011/02/22 16:43 ] [ 編集 ]
ことさん、初めまして! コメント、ありがとうございます。

切ない……ほんとうにそうですよね。悲しすぎるので、以前は聞けないくらいでしたが、最近、マイケルが好きだったようなのでもう一度聞こうと思って聞きました。いろいろな苦しみを越え、少し落ち着いた状態のマイケルにもう一度歌ってもらいたかった曲です。聞きたかったなぁ 幸せなマイケルのスマイルも…
[ 2011/02/22 16:47 ] [ 編集 ]
当時ナット・キング・コールで聞いた時、心地よくって安心感みたいなものを感じていました。

マイケルのスマイルは、スマイルは・・・今は只々涙が出るだけ・・・。

[ 2011/02/22 19:53 ] [ 編集 ]
ゆみさま、お返事ありがとうございます。
たびたびのコメント失礼いたします。
マイケルのSmileは本当に切なくて…
でも、歌詞も歌声も大好きだから、Lucianoの結婚式のBGMに使わせて頂きました。
こんな気持ちにさせてくださる力は、本当に素晴らしいです。
[ 2011/02/22 22:27 ] [ 編集 ]
はじめまして?!
こんにちゎ!

こちらでコメさせて頂くのは、はじめましてデス!♪
<スマイル>最近でこそ、マイケルのバラード系も聴ける様になりましたが…駄目何ですよねぇ、まだ…。
曲にと言うよりマイコーに引き込まれちゃう(;_;)
ゆみさんのblog、いつも読み逃げ?(笑)覗き見ですみませんww 以前UPされてた<香水>のお話も喰い入る様に拝読させて頂き、携帯の(画面メモ)しました(^_^;)
[ 2011/02/23 16:39 ] [ 編集 ]
たぼさん……マイケルのSmileは切ないですよね……まだまだ悲しみが去ることはありませんよね。
[ 2011/02/24 00:09 ] [ 編集 ]
Lucianoさん
>Lucianoの結婚式のBGM

素敵ですね! きっと厳かな良い結婚式だったのでは? 

病めるときも健やかなるときも
in sickness and in health

……に、ぴったりの深い曲ですね。

[ 2011/02/24 00:19 ] [ 編集 ]
み~助さん

はじめまして! コメントありがとうございます。
バラード系はまだまだ……というのはよくわかります。彼が亡くなってから、まだじっくりアルバムを聞けてません。かつてはあんなに聞いていたのに……

マイケルが若いころ、彼が50歳になるなんて想像もできなかったです。でも、実際にこんなことになると、あまりにも若すぎるという思いからいまだに抜けることができません。。。
[ 2011/02/24 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する