2018-06

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
英日翻訳者/元TOEIC講師
訳書:
『パズルでめぐる世界の旅』、
『スウェーデン・ミステリ傑作集 呼び出された男』の「弥勒菩薩(マイトレーヤ)」、『イギリス野の花図鑑』、
『ゆらゆら海でかくれんぼ』
Favorites:
ミステリ➕アート➕歴史/伝記
➕刺しゅう/絽ざし
➕花壇で土いじり
➕おさんどん
➕MJ

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

John Singer Sargent "カーネーション、ユリ、ユリ、バラ"
2011/02/14(月) 01:55:39
John Singer Sargent カーネーション、ユリ、ユリ、バラ
John Singer Sargent "カーネーション、ユリ、ユリ、バラ"

この方の名前も知らなかったのですが、この絵のファンタジックな世界にすっかり虜になりました。
もっとほかの絵も見たいと思います。

大好きなエヴァレット・ミレイの作品をネット検索していたら、ある個人の方のブログで偶然この絵に出会いました。

わたしは子供時代に大島弓子さんのマンガが好きだったのですが、絵の雰囲気やタイトルに共通したものを感じました。この絵のコピーがどこかで入手できたら、家に飾りたいなと思います。
ユリの香りが絵から漂ってきそうですね。。
<<エンヤのPVのなかに昨日の絵が! 名探偵ポワロ――ナイルに死す>>
Comment












はじめまして。

ひそかにいつも読んでます♪

この絵、私も大好きです。
ロンドンの美術館で見ました。
とっても素敵でした。

ユリと少女とランタンが絶妙の雰囲気で
描かれていますよね。

ランタンの色がパーっとして幻想的です。
  • ゆかりん
  • URL
  • 2011/02/14(月) 22:40:40
  • 編集
ゆかりんさん、はじめまして♪

こんな気まぐれなブログをのぞいてくださってありがとうございます。
ロンドンのテートでご覧になったのですね! いいなぁ~

この提灯は日本から輸出された盆提灯だったそうです。第二次大戦前のイギリスでそんな日本ブームがあったのですね。いかにも英国風の庭と提灯のオリエンタリズムのミスマッチがおもしろいですね。
わたしも、こんないい香りのしてきそうなお庭にしたいなと思います。

> はじめまして。
>
> ひそかにいつも読んでます♪
>
> この絵、私も大好きです。
> ロンドンの美術館で見ました。
> とっても素敵でした。
>
> ユリと少女とランタンが絶妙の雰囲気で
> 描かれていますよね。
>
> ランタンの色がパーっとして幻想的です。
  • ゆみ
  • URL
  • 2011/02/15(火) 21:22:43
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/2434-cc4e3f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |