スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◆ネバーランドとマイケルの不動産屋さん

なんだか最近、マイケルのエントリーが少ないです。
もし情報を楽しみにしている方がいらしたら、すみません。
マイケルの関してまた皆さんとシェアしたいことができたら、アップします。

仕事が忙しかったせいかもしれません。でも、それもやっと一段落つきました。ほっとしたような寂しいような……

いま読んでるマイケル関係の本は、Gloria Rhoads Berlinという不動産業の女性が書いた"In Search Of Neverland" です。
マイケルがネバーランドを買うときの交渉をした人で、最初のいきさつが書かれているようです。
マイケルがどういう気持ちで最初にネバーランドを計画したのか興味がとてもあったので、US Amazonから取り寄せてみました。
小さくて薄い本なので、すぐに読めちゃいそうです。もったいないのでジワジワ読もうとしましたが、あっというまに半分まで来ちゃいました。すごーーーく薄いもんでwww(全96ページ)

グロリアによると、マイケルが自分の住む場所に求めていたものは、交通渋滞や騒音や公害から離れているということだったそうです。マイケルはまさに、sanctuary【神聖で安らげる場所】を求めていたんですね。

興味深い話をもうひとつ。マイケルはグロリアに「ぼくはセクシーなダンスをするからという理由でエホバの証人を破門されそうなんだ。だけど、これはぼくの仕事だから、やめることなできない。ぼくはママのために仕事をしているから……」というようなことを言ったそうです。マイケルのママへの深い愛情が伝わってきて、胸がキュンとします。マイケルはほんとうにママが好きで、ママに豊かな暮らしをさせてあげたかったのでしょうね。。

読み終わったら、また本の内容を紹介したいと思います。




タグ : マイケル・ジャクソン

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/02/11 15:14 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/02/11 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。