2018-02

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
アート、絵本、ミステリ、歴史(特に伝記)、料理の本を愛読しています。趣味は日本刺繍の絽ざしとガーデニング。英語講師、映画やアートの産業翻訳、出版翻訳を営業中です。このブログは子供のころから大好きなマイケル・ジャクソンのことを書いて始めましたが、現在はおもに翻訳関係の記録用に使っています。

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

スリラー映画"Black Swan"のビジュアル・イフェクト
2011/01/29(土) 15:40:41
ニューヨーク・バレエ団のバレリーナの確執を描くスリラー。
おもしろいヴィジュアル・イフェクトがあります。
この映画、マイケルの"Thriller"とダンスが好きな人には、おもしろいかも。
仕掛けを知りたくない人は映画を見てから見る方が良いと思います。


タグ: マイケル・ジャクソン 
<<◆タチアナが新しい本――The King of My Heart/TWYMMF 9分version ◆I MUST SLEEP NOW...>>
Comment












N・ポートマンが好きで、この"Black Swan"の上映を楽しみにしていますので、情報すごくうれしかったです、ありがとうございました。

ヴィジュアル・イフェクトを駆使した、黒鳥への変身など、興味深いです。この映画は、やはりスリラーカテなのですか?

日本では、GWの上映予定ですよね!
  • jam
  • URL
  • 2011/01/30(日) 23:56:29
  • 編集
jamさん、コメントありがとうございます!
お返事がすごく遅くなってすみません。
N・ポートマン、きれいですね!
この映画はサイコ・スリラーのようですね。
わたしも、ぜひ見てみたいです。

> N・ポートマンが好きで、この"Black Swan"の上映を楽しみにしていますので、情報すごくうれしかったです、ありがとうございました。
>
> ヴィジュアル・イフェクトを駆使した、黒鳥への変身など、興味深いです。この映画は、やはりスリラーカテなのですか?
>
> 日本では、GWの上映予定ですよね!
  • ゆみ
  • URL
  • 2011/02/03(木) 10:51:26
  • 編集
yumiさん

こんにちは。動画の紹介をありがとうございます。この映画は観たいな~と思っていたところにyumiさんのupなんてタイムリーなんでしょう。

友人に元バレリーナだった人や学生時代バレエに打ち込んだ人もいて、わたしは詳しくないのですが、「リトルダンサー」なども含めて、バレエからみの映画は好きなのです。

「レオン」のかわいい少女から、ナタリーポートマンは素敵な女優さんになりましたね。演技ですが、ほんとうのバレリーナみたいです。
予告に「ジャンヌダルク」に出ていた俳優さんの姿も観れたので、5月が愉しみです!!
はなはなさん

バレエがお好きなんですね!!! 美しいものは何でもお好きかな~? わたしも5月の公開が楽しみです!
  • ゆみ
  • URL
  • 2011/02/03(木) 22:55:24
  • 編集
I don't know if he really liked this kind of Video.
Here is some his comments about his own video "Thriller" for the interview of Awake magazine in 1984.

“I Would Never Do It Again!”
In another popular video, Thriller, the performer is seen to transform first into a “cat person,” then a dancing “monster.” Evidently not wanting viewers to conclude that it promoted spiritism, the film begins with the disclaimer: “Due to my strong personal convictions, I wish to stress that this film in no way endorses a belief in the occult.—Michael Jackson.” Nevertheless, it was so realistic that some who saw it admitted that they were horrified at first. What was this short film intended to convey? And how does the performer, Michael Jackson, feel about it in looking back?
“I would never do it again!” says Jackson. “I just intended to do a good, fun short film, not to purposely bring to the screen something to scare people or to do anything bad. I want to do what’s right. I would never do anything like that again.” Why not? “Because a lot of people were offended by it,” explains Jackson. “That makes me feel bad. I don’t want them to feel that way. I realize now that it wasn’t a good idea. I’ll never do a video like that again!” He continues: “In fact, I have blocked further distribution of the film over which I have control, including its release in some other countries. There’s all kinds of promotional stuff being proposed on Thriller. But I tell them, ‘No, no, no. I don’t want to do anything on Thriller. No more Thriller.’”
  • michiko. O
  • URL
  • 2011/02/11(金) 14:42:28
  • 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/02/11(金) 21:32:22
  • 編集
この記事のトラックバックURL
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/2417-bdd7f8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 |   |