翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

阪神大震災から16年

阪神淡路大震災から16年:1995年1月17日午前5時46分発生、亡くなったかたは6千人を超える。

あの日、赤ちゃんだった長男に添い寝していたらグラッと来て目が覚めた。長男にとっさに覆いかぶさったのが、昨日のようだけど、もう16年。

神戸の伯母夫婦は伯父がタンスの下敷きになったものの、奇跡的にふたりとも無事だった。でも、そのふたりもその後に病気のため亡くなり、もうこの世の人ではない。
[ 2011/01/17 06:23 ] ◇My Life | TB(0) | CM(4)
ゆみちゃま!

怒涛?の連続記事up、すっかりお元気になられたと思うと、嬉しい鬼軍曹でございます!

阪神淡路大震災。
私は被災地まっただ中にいて、10日間避難所、3日間親戚の家に世話になりました。
でも親族の中で亡くなった者もいないので、運が良かったと思っています。
自然の力には敵いませんが、あの時に得た、助け合いの気持ちを忘れてはいけないと思ってます。
そして、あの時、9日ぶりに入ったお風呂は最高でした!
普段は当たり前のことなんですけどね。
[ 2011/01/17 20:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
鬼軍曹さま…
本当に大変な体験をなさったのですね。わたしの叔母一家とその娘一家も大変でした。親類は幸い誰もなくなりませんでしたが、多くのかたたちが命を失ったり棲みかをなくして不安定な生活をずっと余儀なくされたことなど、あまりにも大きな災害でしたね。。。

> ゆみちゃま!
>
> 怒涛?の連続記事up、すっかりお元気になられたと思うと、嬉しい鬼軍曹でございます!
>
> 阪神淡路大震災。
> 私は被災地まっただ中にいて、10日間避難所、3日間親戚の家に世話になりました。
> でも親族の中で亡くなった者もいないので、運が良かったと思っています。
> 自然の力には敵いませんが、あの時に得た、助け合いの気持ちを忘れてはいけないと思ってます。
> そして、あの時、9日ぶりに入ったお風呂は最高でした!
> 普段は当たり前のことなんですけどね。
[ 2011/01/18 23:17 ] [ 編集 ]
あの時・・・
今年もあの日がめぐって来ました。

あの時ご近所の方々に助けて頂いた長男も今は2児の父親・・。
こんな幸せを下さった方々に感謝の気持ちを忘れない事と、同じ大学で犠牲になられた44人の方達に恥ずかしくない人生を歩んで欲しいと思うのみ・・。

[ 2011/01/20 21:06 ] [ 編集 ]
Re: あの時・・・
たぼさん

たくさんの人生を狂わせた震災、そのなかでもうやり直すことができなかった人も多くいるようですね。神様はなんて残酷なことをするのかと思いました。。。。
たぼさんのご長男は、あの危機を乗り越えて元気に暮らしていらっしゃってよかったですね。わたしのいとこの娘は小一だったのですが、地震の恐怖から学校に行けなくなって、その後4年くらい家にいたのです。高校になってやっと克服していまは元気になっています。


> 今年もあの日がめぐって来ました。
>
> あの時ご近所の方々に助けて頂いた長男も今は2児の父親・・。
> こんな幸せを下さった方々に感謝の気持ちを忘れない事と、同じ大学で犠牲になられた44人の方達に恥ずかしくない人生を歩んで欲しいと思うのみ・・。
[ 2011/01/22 02:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する