スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◆Another Day -"Michael"albumから



"Invincible"アルバムのアウトテイクということで、以前からネットで聞かれた曲ですが、今回アルバムに収録することになり、レニー・クラヴィッツが少しアレンジを変えているみたいです。興味がある方はネットで両方あるので聴き比べたらおもしろいかも。
マイケルのボーカルはドラマチック。こういう切羽詰まった気持ちを歌わせたら彼ほど迫力がある人はいません。この曲はマイケルのロックのなかでも一番好きかも。
I can't live another day without you...あなたなしではもう一日だって生きていられない…と歌うマイケルの絞りだすようなシャウトが胸に迫ってきます。
まだの方は、ぜひ"Michael"アルバムを買って大きないい音で聞いてください(^^)
※映像はファンが作ったものです

2008年ごろ、マイケルがパメラ・アンダーソンにショートフィルムの共演を打診したって噂がありましたよね。セクシーなパメラはこの曲の雰囲気にあっているから、マイケルは彼女とやりたかったのかなーなんて妄想。マイケルは当時、積極的にアルバム曲の録音を行っていたので、きっとショート・フィルムについても構想があったはずだと思います。
フランク・ディレオあたりは知らないのかな? 彼が今度出す本とやらに、そんなマイケルの持っていた構想についてもいっぱい書いてくれたらいいのですけど。

PamelaDiary-300x200.jpg         pam-194x300.png

24084_111410238878571_100000287852679_186313_2461632_n.jpg




タグ : マイケル・ジャクソン

無題
いつも暖かい語り口のゆみさんの記事を楽しみにしています。 「another day」ですが、ファン歴に浅い私は以前リークされていたことなど知る由もなく、今回のアルバムで初めて聴きました。 一番最初は、出だしのバアーンと始まるのが苦手で。。なんか、(すみません)マイケルか?なんか古臭い?(これはゆみさんやほかの方か書いていらっしゃるように、他の収録曲のアレンジが、あれ?昔っぽい??みたいな感覚なんですけれど) でも、純正マイケルではないにしろ、聴いているうちにじわじわ効いてくるのがマイケル節~ ちなみに、「another day」は、「The Ultimate Collection」Disk4の「We've Had Enough」に感じが似ているなあ・・・・と思いましたが、何回も聴いてると「やっぱり、違うか・・」と苦笑いです。

 長くなってすみません

 アルバムを聴くたびに、1つ1つの曲のどこまでが純正マイケルで、どこをどう、どのくらいアレンジしたのか、詳しく知りたいです。他のアーティストで、そんなふうに思ったことなんて、まずなかったのにな・・・・。 
 これからも記事楽しみしてますね。
[ 2011/01/08 13:15 ] [ 編集 ]
こんばんわ!
このYOU TUBEのアップ、ありがとうございます。画面が鮮明で、きれいだし、編集がとてもいいですね。
ドキドキする映像ばかりでした。
何度も見てるはずなのに、どうしてマイケルのダンスってこんなに、ドキドキしちゃうのかしら、、、。

この曲もですが、今回のCDは歌詞がグッと来ます。いつもなんですガ、、、特にそう感じるのはなぜなのでしょうか、、、。
マイケルが近くに感じるような、、、、。不思議です。なんだか抽象的ですみませんでした。
[ 2011/01/09 00:09 ] [ 編集 ]
Re: 無題
sakuさん

自分の風邪や家族の怪我など続き、お返事遅くなってすみません!
アレンジはわざと80年代のようなシンプルなものを狙っているのかもしれませんね。聞き手に憶えやすく口ずさみやすい曲作りというのが、マイケルが最近目指していたことなのだと思います。音楽マニアではなく、いろんな人(特に世界中の子供たち)に自分の曲を聴いてもらってメッセージを伝えたい……というのがマイケルの当時の心境だったのかも。。

常に一番新しいものを目指していたころとはちょっとスタンスが変わっていたような気がします。そもそも、映画のような総合芸術の制作へのシフトを考えていたようですね。

[ 2011/01/12 21:16 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
eryさん

> この曲もですが、今回のCDは歌詞がグッと来ます。いつもなんですガ、、、特にそう感じるのはなぜなのでしょうか、、、。
> マイケルが近くに感じるような、、、、。不思議です。なんだか抽象的ですみませんでした。

わたしも同じように感じました。
裁判後の、子供たちとの平和な生活、フランス、アイルランドなど……それにカシオ家滞在など、スター・マイケルがそれまで長く遠ざかっていた普通の生活を体験して、わたしたちに少しわかりやすい身近な歌詞を書いたのかなぁーなどと想像しています。
[ 2011/01/12 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。