スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裁判所・アメリカの思い出・父の思い出

今日は家の用事ではじめて家庭裁判所という所に行ってきました。

京都の場合、下賀茂神社のそばにあり、風光明美なロケーション。
裁判所の窓からは美しい紅葉が見えました。

そういえば、人生ではじめて行った裁判所はカリフォルニアの田舎の小さな裁判所でした。
当時のボーイフレンドの車が大学の図書館で後ろからきたピックアップトラックに当てられました。
双方の車に傷。
ところが、なんとトラックの男はわたしのボーイフレンドが急にバック(back up)してきたから追突したというのです。
これは全くの嘘八百!!!
向こうが後ろから当たってきたのに弁償しないというので、ボーイフレンドはトラックの男を訴えました。

すると、男はなんとなんと、裁判所にお腹の大きな奥さんを連れてきて、同情を引く作戦に出ました。「自分はファミリー・マンでもうすぐ父親にもなるんだから、嘘なんてつくはずないじゃないか……」といった顔をしています。

わたしはボーイフレンドの車の助手席にいたけど彼の身内ということで証人にはなれないので、結局双方が決め手を欠き、半々負担というあいまい決着になりました。
すっきりしなかったけど、とにかく何をいちばん驚いたかって、そのトラックのアメリカ人がしゃーしゃーと嘘をついたことです!!

車の助手席といえば、まだ3、4歳のとき、高知に住んでいて、ある日わたしは父の横の助手席にいました。理由は憶えてないけど道で対向車の男と父が喧嘩になり、ふたりが外に出て殴り合いに……父の顔が腫れてしまいました。。。(海老蔵事件的ハプニング?)

そんな気が強くてやんちゃで喧嘩っぱやかった父も去年死んじゃって、ほんとうに寂しい。いつもいろいろ心配させられた父だったけど、何かにつけて父を思い出してしまいます。あの日、喧嘩していた若い父はまるで昨日のように感じられるのになぁ。夜の道、車のなかの空気、はっきり憶えているのに。

このごろ、すぐ昔のことを思い出してぼーっとしてしまいます。。。


[ 2010/12/08 01:31 ] ◇My Life | TB(0) | CM(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/08 22:48 ] [ 編集 ]
素敵なお父様ですね!

私の父も亡くなって5年になります。なんだかあっという間・・・。
父は、母大好き人間で、大正生まれにしては珍しく、人様の前で平気で母を褒めちゃったりしていました。母は、恥かしがったりしていましたが、私はそんな両親を見るのが、好きでした。
小さな頃の思い出は、どこかのホテルに食事に出かけたとき、エレベーターの中で外人さんと一緒になりました。ひとりおどけて歌を歌っていた私に、外人さんが話しかけてきて・・・。父は私に代わって、なにやら話をしていました。はじめて「パパは凄いっ!外国の言葉がわかるんだ!」って知った瞬間でした(笑)。
命は永遠ではない・・・。
でも思い出は永遠ですよね(^^)
素敵なお話、ありがとうございました。
[ 2010/12/08 23:48 ] [ 編集 ]
ゆみちゃま!

裁判での双方の主張のぶつかり合い、驚きますよね…
もう、その事実について争っているのか、何で争っているのか分からなくなりますよね。
私も離婚の時に、お互いに思っていたことがこんなにも違っていたなんて、と愕然としました。
本当に、解決しない争いからは、何も自分が得るものはありませんでしたね。
でも、いいこともあったんだけどなぁ~…

お父さん、やんちゃで可愛かったんですね!
私のところはまだ健在です。
陰でジジオって呼んでます。←反省することにしますwww

[ 2010/12/09 00:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
meguneさん こんばんは!

本当にステキなコメント!!!どうもありがとうございます。
[ 2010/12/10 02:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
jaxon 22さん

ありがとうございます、そしてjaxon 22さんも悲しい思いをなさって乗り越えてきていらっしゃるのですね。
お父さまの思い出、とてもステキです!
幼いころのjaxon 22さんも無邪気でかわいいーーーさぞかしご両親に大切に育てられたのだろうと思います。それがいまのjaxon 22さんの宝なんでしょうね。


>
> 私の父も亡くなって5年になります。なんだかあっという間・・・。
> 父は、母大好き人間で、大正生まれにしては珍しく、人様の前で平気で母を褒めちゃったりしていました。母は、恥かしがったりしていましたが、私はそんな両親を見るのが、好きでした。
> 小さな頃の思い出は、どこかのホテルに食事に出かけたとき、エレベーターの中で外人さんと一緒になりました。ひとりおどけて歌を歌っていた私に、外人さんが話しかけてきて・・・。父は私に代わって、なにやら話をしていました。はじめて「パパは凄いっ!外国の言葉がわかるんだ!」って知った瞬間でした(笑)。
> 命は永遠ではない・・・。
> でも思い出は永遠ですよね(^^)
> 素敵なお話、ありがとうございました。
[ 2010/12/10 02:16 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
くりきんとんちゃま!

いつも体験に基づく貴重なご意見ありがとうございますwww

> ゆみちゃま!
>
> 裁判での双方の主張のぶつかり合い、驚きますよね…
> もう、その事実について争っているのか、何で争っているのか分からなくなりますよね。
> 私も離婚の時に、お互いに思っていたことがこんなにも違っていたなんて、と愕然としました。
> 本当に、解決しない争いからは、何も自分が得るものはありませんでしたね。
> でも、いいこともあったんだけどなぁ~…
>
> お父さん、やんちゃで可愛かったんですね!
> 私のところはまだ健在です。
> 陰でジジオって呼んでます。←反省することにしますwww

そうなんです、とってもやんちゃでした!!!頼りがいあるけど、可愛い人でした!!!
いいですね、ご健在で! 大切にしてくださいね~~~きっといいお嬢さんなんでしょうね~~~
[ 2010/12/10 02:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。