◆Michael-TV Trailer-World Premiere-



12月15日、アルバム『Michael』が出ます。生前にほぼ完成していた曲や、没後に共同制作者から届けられたものなど由来は様々……もう完璧主義者であるマイケル自身によるプロデュースではないけど、マイケルの作品のかけらであることには変わりない。それを集めてパズルのようにして眺めたり、暗号解読したりしたいと思います。

でも、願わくば、思いっきり楽しみたいな……ごちゃごちゃ言っても、やっぱり早く聴きたい~!

タグ : マイケル・ジャクソン

ゆみちゃま

このtrailer見ると、なんだか胸が痛みます。
元気なマイケル。かっこいいマイケル。かわいいマイケル。
私はMICHAEL聴くのに、少し時間がかかりそうだけど、聴きだしたら、狂ったようにこればかり聴くかもしれない!!!
[ 2010/12/04 01:10 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃま

なんとも複雑な気分ですよね……マイケルがもうチェクできないから、いままでのアルバムで我慢する、というのもひとつの考えですよね。マイケルが音楽の世界で残した功績はもう十分素晴らしいのですから。

でも、まだ何か彼が伝えたかったことがあったはず……という思いが自分のなかにあります。2000年以降は映画制作に興味が移っていたようですが、そこで描きたかった「精神的に豊かな子供時代を持つことの大切さ」というものがひとつありますよね、彼の核として。

でも、それとは別に男の子らしいギャングやヒーローへの憧れがくり返しショートフィルムでは描かれてきました。

彼は人生において凄くひとつのものを突きつめる性格だから、インタビューでもショートフィルムでも同様の対象へのこだわりがくり返しあるように思います。それらを解き明かすと、人間マイケルがまた鮮明に浮かび上がるようでおもしろかなと思います。

そのためにパーフェクトではない"Michael"も聞いてみたいです。

マイケル・ファンはエジプトのピラミッド発掘にとりつかれた人たちみたいになってる人が多いかも? 

マイケルという人の存在がとてつもなく大きい魅力であり同時に謎なんですよね。。。
[ 2010/12/04 02:13 ] [ 編集 ]
ゆみちゃま~!

マイケルの伝えたかったこと、そして歌やダンスによって、私たちを楽しませてくれること。
マイケルがいない今、製作されたものでも、マイケルの魅力の塊はいっぱい詰まっていると思います!
色々な意見のあるアルバムだけど、私は否定的な気持ちは全くないですよ(^-^)

私はQUEENも好きなんだけど、フレディが亡くなった後に出たアルバムも、聴くまでに5年ぐらいかかったなぁ。長っ!
世に出るアルバムは、みんなに聴いてもらう為に出てきたものだから、なにもいちいち辛がらんでもええがな…と思うのですけどね(^^ゞ
そのうち~そのうち~!
[ 2010/12/04 16:25 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃま

フレディのときもとても悲しい別れだったでしょうね。

わたしはあの『フレディとわたし』という本を読んで、めちゃめちゃ泣きましたよ。フレディという魅力的な人がたくさん愛して、歌って、周りの人もたくさん彼を愛して、そんなダイナミックな人生が素晴らしかったですね!

人生は一度きり、たくさん愛して愛されたいよね!!

5年か……長いよね。。。
[ 2010/12/04 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する