スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆Young Michael / Much too soon & ジム・クロウチ

マイケルのニューアルの"Much Too Soon"がi-tuneで一週間聴けるようになっていますよね。

Thrillerのアウトテイクで、作マイケル、プロデューサーはマイケル、ジョン・マクレーン、デビッド・キャンベルです。

静かで繊細な、少しフォークソング調の曲ですよね。まさにマイケルの多感な青春って感じ。まだKing of Pop になるまえのヤング・マイケルの香りがします。
突然去っていった女ともだちを思って悲しむマイケル……(マイケルの失恋レッスンの巻)

70年代から80年代はじめに流行っていた曲はこんな雰囲気のものが多かったような気がします。そういう時代性も感じますが、この繊細なメロディと歌詞はずっと最後までマイケルの一部だったと思います。



Much Too Soon lyrics

She was there just sitting at the table
thinking now that things won`t be the same
And would you like to go with me?
And she answered No ..to me
But I guess I learned my lesson much too soon

I never thought she`ll leave me here forever
But who knows just what the future brings
And would you like to go with me?
And she answered No ..to me
But I guess I learned my lesson much too soon

Take away this never ending sorrow
Take this lonely feeling from my soul
[. From: http://www.elyrics.net/read/m/michael-jackson-lyrics/much-too-soon-lyrics.html .]
If only I knew what things bring tomorrow
She`d be sitting here beside me
And my heart would let me go?????
???????????????????????????????

I hope to make a change now for the better
never letting fate to control my soul
And I`m hoping that my prayers will see
The day that you`ll come back to me
But I guess I learned my lesson much too soon
Hmmmmmmmmmmm

Yes I guess I learned my lesson much too soon

この曲に関して、甥っ子のタリルがTwitterでマイケルの思い出を語っています。

"Much too soon"を聴くと、タリルはマイケルがタリルにあらゆる種類の音楽を勉強のために聴くようにと言ったことを思い出すそうです。たとえば、キャロル・キングの"タペストリー"、ブレッド、特にジム・クロウチの"I have to say I love you in a song"(1973年)を大好きと言ったことなど。
チャイコフスキーやクイーンなどはもちろん。

________________________________________

わたし自身もジム・クロウチは中学生当時よく聞いていたので、マイケルもこの歌が大好きだったのかと感無量。

シャイなマイケルに本当にぴったりな歌だと思います。うまく言葉で言えないので、歌でI love you と伝えたいという男の子の気持ちですものね。






source: Twitter

On Tuesday 30th November 2010, @Taryll said:

"Much Too Soon" - At a very early age my Uncle taught me to appreciate and study all types of music. I remember going to the music stores with him and he would pull cd's for me "Do you know this? (Carole King... Tapestry) have you heard of them? (Bread) oh I love this...(Jim Croce's.. I have to say I love you in a song)" we would walk down the aisles of every section... it was like homework for me. He gave me a little at a time and when I was ready for more he would give me a whole new list. "There's so many styles... study it all, don't limit yourself." - I would leave the store with a wide variety with anything from Tchikovsky's Nutcracker to Queen. When we got home or in the car we would listen to it. Some songs would weaken him and touch his heart while others would make him sing and dance!! He was always teaching me and I am so thankful for all of his lessons in both music and life. - this is what came to my mind when I first heard "Much Too Soon." I love this style of music and I can appreciate it because of you. I love you MJ

10:32 | ◆アルバム "Michael" 【2010年】 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑
12/02のツイートまとめ | top | Ellenのコラージュ(2)

comments

#
綺麗なメロディでとても好きです。でも少し切ない感じですよね。

沢山の色んな音楽のお勉強 私も少しずつでもしていきたいです(*^^*)
by: megune | 2010/12/03 11:13 | URL [編集] | page top↑
#
meguneさん、こんばんは!
切ない曲ですけど、マイケルの90年代以降の歌のような苦しさはなく、まだまだ普通の世界の男の子の悩みのようで……ほっとしますw
by: ゆみ | 2010/12/03 22:44 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして
Jaxityから、こちらへお邪魔させていただきました。

ジム・クロウチ・・なつかしいです。好きでした。

私もマイケルと同世代なので、キャロルキングなども
聞いていたんだ~マイケル・・・って、いま、遠い目です。

これからも、こちらのブログに遊びに伺いま~す。v-22
by: ことりん | 2010/12/21 18:21 | URL [編集] | page top↑
#
ことりんさん、こちらまでありがとうございます!

こちらのブログの方がJaxityのページよりちょっと広々としてますでしょ? (って、お部屋みたいですがwww)

ジム・クロウチの哀愁にマイケルも憧れたのかな…?とにかく何でも貪欲に取り入れていくマイケルの音楽への情熱に脱帽ですね!
本当に守備範囲が広く、のちにthe King of Pop になるための音楽への真摯な努力を子供のころからずーっと続けていたのだと思います。

また遊びにきてくださいね(^^)
by: ゆみ | 2010/12/22 00:49 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/2238-5e2bdd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
styles に関するYahoo! 楽天 の検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。