翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆リサのオプラ・インタビューの問題点

まえの奥さん、リサ・マリーがオプラでインタビューに答えました。
リサがマイケルとの日々を人生のハイライトだったと表現するなど、彼女のマイケルへの熱い気持ちが正直に出たものでした。
He had something so intoxicating about him.(マイケルには何かこちらを夢中にさせるものがあった)

1996年初頭の離婚後も4年間、ふたりの関係が続いていたこと、2005年にマイケルと最後に話したとき、「いまでも愛している?」と聞いたマイケルへのリサの無関心な態度にマイケルが泣いたこと、リサには常にマイケルから(ビジネスのための宣伝に)ただ利用されているかもという不安があったこと、でもマイケルの死後、自分はマイケルから愛されていたとわかったこと……などが、わたしにとってはとても印象的でした。

もちろん、男女の間のことですから、リサが自分にいいように解釈していたりもあるかもしれませんが……(^^;)
だいたいにおいて、ふたりがお互いにとっても好きだったのだなぁということは伝わってきました。

マイケルの処方箋薬(鎮痛剤)の過剰摂取の問題の取り扱いがちょっと安易な気がしました。つまり、リサから見て、マイケルにそういう問題があったようだ……という曖昧なことをまるではっきりした事実のようにオプラが扱っているのがインタビュアーとして客観性に欠けた態度だと思いました。

これは1.  2と3もアップされています:


英語の内容が下にアップされています:
transcript:
ゆみちゃま!

結婚の形って、夫婦の数だけあると思いますが、お互いに惹かれあっているのに、離婚を選択するのはとても苦しいことだと思いました。
マイケルほどの人が夫ということになると、自分たちの都合だけで行動するということが難しいでしょうから、大変なこともたくさんあったでしょう。
でも嫌いで別れた方が楽なのに~と、離婚経験者の私は思ってしまう…
まぁ私の意見はズレていて、大きなお世話ですよね(^^ゞ

しかしオプラはマイケルの事をあまりよく思っていないのでしょうか?
そうは思いたくないんですけど。
薬物に関してはもっと慎重に取り扱ってほしいと思います。
[ 2010/10/24 01:54 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃまw

確かに、好きで別れるほど苦しいことはありませんね、ひきずります。。。
嫌いで別れるのはすっきりでしょうね!!
経験者なんですね、説得力ありますwww

オプラは以前からマイケルを小児性愛者と疑っている節があり、同じ黒人同志なのに裁判時にもまったく支援をしてくれませんでした。
彼女自身が子供時代に性的暴力の被害に遭っているせいで、冷静な判断ができないのではないかともわたしは感じています。とにかく、理屈抜きにこういう問題にからむマイケルが不愉快とか、そういうレベルであまり好きじゃないのではないでしょうか???本当に、もっと慎重にしてほしかったです。残念です。
[ 2010/10/24 17:23 ] [ 編集 ]
ゆみちゃまwww

オプラの1993年のマイケルへのインタビューは、普通にいい感じだと思ったんですが…
やはりあの示談や裁判のせいでしょうか、オプラにとって、過敏になってしまうのは仕方がないようにも思いますが、それにしてもマイケルに対する好ましくない発言が、最近でもありますよね。
オプラの発言の影響力の強さを考えると、本当にもっと慎重に意見してほしいものです。

それから、話は変わりますが、そうそう、半年ぐらいからウォーキングの効果が表れてきますよ!
鬼軍曹はそうでしたから、まだまだ根気強く続けるべし!
あ、鬼軍曹は来週ヨガの体験教室に行ってみようと思っています。
[ 2010/10/24 20:17 ] [ 編集 ]
くりきんとん鬼軍曹www

あのインタビューはそんなに感じ悪くなかったですよね。あの直後に問題が起こり、示談があり、なんらかの理由でオプラのマイケルへの敵意が高まっていったのでしょうか?やはり、今回、マイケルのお兄さんのジャッキーがオプラの初恋の人(憧れのアイドルとして)番組に登場するようなので、オプラとしてもジャクソン家とは良い関係を築いていきたいと思っているかもしれませんね。最低限、そのくらいの気持ちは持ってほしいですよね。

今朝も、子供が学校に行ってから、まずwalkingで焼きたてパンを買いに行って、それから朝食・掃除とかしました。6時に起きて9時から仕事を始めるまえに、30分くらいwalkingを続けようと思います!!Sounds good?
ha ha
[ 2010/10/25 08:46 ] [ 編集 ]
ゆみちゃま♪

Sounds good! Very good!
焼きたてパンが非常に魅力的な響きでございます!
あ、食べすぎには注意ですよ!(笑)

ジャッキーがオプラの番組に出るんですね。
テレビの世界って視聴率が大切でしょうから、色々と話題作りもせねばならないでしょうが、ここはジャッキーへの恋心を思い出して、いい感じで番組を進行してほしいです!
そうすると私たちマイケルファンの気持ちもどこか和むかもしれませんよね。
[ 2010/10/25 18:30 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃま♪

マイケルとの幸せだった日々を語るとき、リサマリーはまるで少女のようにキラキラしていましたね! 彼女にとって素のマイケルがどんなに魅力的な男性だったかが、彼女がいかにマイケルに夢中で舞い上がっていたという思い出話からよーく伝わってきました。
それだけでも、わたしには嬉しかったです。

オプラはマイケルの音楽的な才能やチャリティについてもっとしゃべるべきですよね!!!
Nobody is perfect! マイケルのいいところをもっと見てほしいです☆

焼き立てパン、あぶない、あぶないwwww
[ 2010/10/26 00:49 ] [ 編集 ]
ゆみちゃま!また来ました!

本当にリサマリーの話は、ずっとマイケルに恋をしていた少女のように感じます。
結婚までしたのだから、普通は恋心などはしばらく一緒に暮らせばすっかり薄れるモンでしょーが(←私はまさしくコレです)、それほどマイケルが魅力的な男性だったのでしょうね!
リサマリーはマイケルの一番近くで恋をした女性と思うと羨ましいし、そんないい時間を2人が過ごせたことが嬉しいですね!

オプラにはマイケルのいいところにも意見してほしいです。
完璧な人なんていないのだから、よく思えない部分もあるでしょうが、素晴らしい才能の持ち主だということも忘れないでほしいです!
[ 2010/10/27 00:53 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃま! レス遅くなってごめんなさいです。
なかなか翻訳の仕事がうまく行かず、もう崖っぷちです(><)
いいお仕事をさせてもらっているのに、ちょうど家庭がこの一年落ち着かなくて……ああ とにかく最善を尽くしますね!!!

リサとマイケルはなんだか本音をぶつけ合うまえに別れちゃったような気もしないですか???マイケルが繊細過ぎたのか、はたまた仕事が忙しすぎたのか、リサが残してきた子供など足かせがありすぎたのか、何らかの理由で付き合いが深まるまえに別れのときが来たような……マイケルが魅力的な男だったってことはよーーーく分かりましたが ヨダレ www

オプラ、腹立ちますよね~~~~
[ 2010/10/28 21:53 ] [ 編集 ]
ゆみちゃま!
またまた来ました(ノ^∇^)ノ

お仕事、どうですか?崖っぷちから這い上がりましたか?
いいお仕事をいただいているようなので、ゆみちゃまの力を出し切って、やり遂げて下さいね!
陰ながら応援しております!

ところで、マイケルとリサの結婚生活。
セレブ同志の結婚生活が私には想像出来ない部分が多々ありますが、いつも周囲に人がいたと思うので、ほんとにほんとの2人きりの時間ってどれだけあったんでしょうね。
「もう顔見んでもええわ…」と、思う程の時間を過ごしていれば、リサもこのインタビューのような恋する乙女風ではなかったかもしれない…
多忙で繊細なマイケルを、家ではリラックスさせようと努めていたとすると、本音をぶつけることは難しかったのかもしれない…
あぁ私なら仕事人間のダンナにゃー小言、嫌味をブツブツ言ってしまうでしょうよ(汗)
ああっ、マイケルにそんなこと絶対言えないーっ!
話がそれましたが、2人はお互いを知り尽くす前に、別れが来てしまったように、私も思います。でもその方が、思い出としてはきれいなものになっていると思いますよ。

オプラはショーが終わる前に、自分がしたいインタビューをするんでしょうね。ある意味羨ましいですけど。その中でマイケルについてのよい部分も語ってほしいなぁと思いますよ!
長くなっちゃいました!ごめんなさい~<(_ _)>
[ 2010/10/30 02:11 ] [ 編集 ]
くりきんとんちゃん☆

リサとマイケル、お互いの醜い部分を見るまえに別れちゃったのでしょうかwww
いえいえ、マイケルにはそんなとこないでしょうけどっ!!!汗 でも、そんな別れでよかったのかも。お互い、いい思い出を抱いて生きられて……とくにマイケルのように創造やチャリティに生活のほとんどを捧げているような人の場合、なかなか自分以外の人ととことん付き合うひまはないような気がします。そういう付き合いは凡人に許された贅沢のひとつかな~とも思います。
いつでも、寄ってくださいね(^^)
[ 2010/10/30 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する