翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆MJ & T-Pain / Bartender

350 michael  t pain

家族の入院やお仕事で時間がないですが、このマイケルの写真があまりにかっこいいので、貼っておきますw

T-painがマイケルと会ったときの思い出をシェアしてくれました。
マイケルの弁護士のひとりであり、良き友人でもあった故ピーター・ロペス(R.I.P.)からの連絡で、T-painは大興奮でマイケルに会いに行きました。(※Thriller 25を準備中の2007年ごろだと思います)

LAのマイケルの邸宅で会ったそうですが、最初に通された部屋はアンチークのスロットマシーンやブラックジャック・テーブルなど、まるでカジノそのもの。そして、執事から呼ばれてソファから何からすべて金ピカのお部屋でマイケルとご対面!

マイケルとは何時間も話こんだそうです。ふたりとも漫画好きで、特に盛り上がったそうですw

マイケルはT-painの『バーテンダー』がお気にいりって言ったとか。
わ~っ、わたしも大好き!!! 下に貼っておきます。

おしゃべりの途中、外に観光客のバスが通って、ガイドさんが「ここがマイケル・ジャクソンの家です」というマイクの声が聞こえたとか……
マイケルは嘆いていたそうです。「ほんとにばかげてる。これが毎日なんだ。少しほっておいてくれたらいいのに。庭に出ることさえできない」

T-painはその後の成り行きを期待していました。スタジオでいっしょにレコードを作ることを。ですが、残念ながら二度とマイケルに会うチャンスは来なかったそうです。。

T-painは、素敵な思い出をくれたマイケルとピーターに、感謝の気持でいっぱいだそうです。

この写真のマイケル、すっごくかっこいいですね!!!!

It Was Truly An Honor To Meet Michael Jackson by T-Pain @NBTPAIN

(In Photo: MJ and T-Pain)

I got the pleasure of meeting Michael jackson and it was an amazing experience. I was in LA and we got a call from Michael's Attorney and good friend Peter Lopez (R.I.P) and he said, "Hey man Michael wants to meet you."

I was just blown away. I didn't know what to do. I was like why would he want to meet me? LOL. I felt honored. So that day we went to his house in the afternoon. We walked in and we went into this room and it was like an actual casino. He had all the old slot machines and signs and blackjack tables from the Sahara casino in Vegas. It was the most amazing thing you've ever seen.

His butler came in and said, "Hey Michael wants to meet in the Gold Room." So we walk to this other room and there's nothing but gold everywhere.. the sofas.. the picture frames..he had gold coins on the table, it was crazy! We talked for hours because we had a lot in common. We both even love cartoons. He also told me his favorite song was "Bartender" which was pretty funny lol.

The crazy part was in the middle of conversating you could hear tour busses outside and people on the microphone saying "Hey everybody this is Michael Jacksons house!" Michael told me "This is crazy, this is everyday. People won't leave me alone. I can't even hang out in my yard." I can tell he was having a tough time dealing with it. It was a lot of pressure.

We ended our meeting on a good note though and planned to go into the studio and make records it just never came together. I wish it could’ve. It was truly an honor to meet the biggest artist in the world and it is a day I will cherish for the rest of my life. Michael and Peter thank you for the memory.

source: http://globalgrind.com/channel/culture/content/1654918/it-was-truly-an-honor-to-meet-michael-jackson-by-tpain/?pc=1&pi=0
Login to leave a comment
Posted on October 5, 2010
by MJJPhotosMore photos by MJJPhotos

★Akonも可愛いBartender、わたしも大好き! 聞いてるとワクワク♪

タグ : マイケル・ジャクソン

ブックマークにリンク貼らせていただいています。差し支えなければリンクしていただけると
嬉しいです・・・T-painと会ったのはいつ頃なんでしょうか。貴重な情報ありがとうございます。。。
[ 2010/10/10 01:55 ] [ 編集 ]
こんばんは☆
ブックマークありがとうございます。
エボニ―エッセンスさんのブログを教えていただけますか? 
T-painに会ったのは、2007年の後半ではないでしょうか? 同時期に、akonやwillとも録音をしていたと思います。これ以上詳しくいまわかりません。。
[ 2010/10/11 02:03 ] [ 編集 ]
遅くなりました
すみません。遅くなりました。
タイトルはMJは愛のメッセンジャーです。
マイケルの事だけでなく周辺のことも
書いています。慈善活動の歴史について
は海外のサイトを全部訳しましたので
訳は余り上手くないかもしれませんが
見ていただけると嬉しいです。
もし間違っているところがあれば指摘して
いただけると嬉しいです。固有名詞など
知らない部分も多いので訳さない方が
良かった部分も多いかもしれません。
サイドバーにリンクで貼ってあります。
どうぞ、宜しくおねがいします。
http://ameblo.jp/eva-omega
です。
[ 2010/10/13 13:35 ] [ 編集 ]
T-painハイチのWe are the world 25
の最後で歌っていますね。
昨日気がつきました。2007年はマイケルは
まだ創作意欲があったんですね。
その頃のエボニー誌とかイタリアのウォモとかも全然痩せてなかったですよね・・・
[ 2010/10/13 19:17 ] [ 編集 ]
エボニ―エッセンスさん

こちらこそ、レスが遅くなってすみません。
家族の病気や仕事が重なってしましました。

サイト、見させていただきました! すごく盛りだくさんで驚きました。エネルギーがいっぱいです。慈善事業のページもゆっくり見させていただきます。どうもご紹介ありがとうございました。相互リンク、させていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。わたしも、マイケルの愛のメッセージを少しずつでも広げていけたらいいなと思っています。

ハイチのときのT-Painご覧になったのですね。ラップ、かっこいいですね!!!

2007年のThriller 25の制作を通じて若い人気アーティストたちがマイケルを心からリスペクトしているのを知って、マイケルはすごくうれしかったようですね!彼らも謙虚でチャリティに熱心なマイケルの生き方にすごく影響を受けたことでしょうね。
[ 2010/10/17 04:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する