翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆フィル・コリンズがニューアルでMotown/Never Dreamed You'd Leave in Summer"

Going Back, his latest album, covers Collins' favorite soul and Motown classics.
One such classic is Martha Reeves and the Vandellas' "Heat Wave." He says the song encapsulates the entire Motown sound for him.
"It's just got that optimistic [sound], and you can feel the sun coming out," he says.Collins' versions stay true to the original arrangements and instrumentation.
source: NPR news
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=130218531&sc=fb&cc=fp

フィル・コリンズがニューアル"Going Back"でMotownのクラシックなどソウルミュージックをカバーしています。彼にとって、"Heat Wave"はMotownサウンド全体を要約している曲だそうで。
「("Heat Wave"は)楽天的なサウンドで、太陽が昇るのを感じられるんだ」



このアルバムには、彼のいう明るいモータウンサウンドじゃないと思うけど、わたしの大好きな次の2曲も入ってます。
★"Never Dreamed You'd leave in Summer"


2009年7月7日のステープルセンターでのマイケル追悼式でスティーヴィーが歌ったあの"Never Dreamed You'd leave in Summer" (I think it was the best performance on the day.)


★あと、このThe Four Tops のクラシック、マイケルの歌も凄くいい。フィル・コリンズはどんなふうに歌っているかな。。"Standing in the Shadows of Love"

タグ : マイケル・ジャクソン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する