翻訳の森 Diary

翻訳の森を迷走中

◆クインシーとマイケル、最後の会話

quicny jones bringing about unreleased MJ tracks and thriler

Quincy Jones had spent years recruiting big names in hip-hop and soul (Mary J. Blige, Ludacris, John Legend, Akon, Usher, Robin Thicke) to re-record his classic songs for the tribute LP ‘Soul Bossa Nostra’ (out November 9th). In an interview with Rolling Stone Jones talks about the new disc and how he feels about putting unreleased music from Michael on an album.

I’ve been hearing lots of rumors that unreleased Michael Jackson music is coming out later this year. Do you know anything about that?
No. I don’t know what they’re talking about putting out. T-Pain does “P.Y.T.” on this album, though.

Do you think they should be putting out unreleased music?
“I’d have to hear the songs first. I can’t comment on them ‘cause I don’t know what they are planning on doing. There are always lots of songs left over. To get nine songs on ‘Thriller’ we had to look at 800. To be honest, I then had to decide which four songs were the weakest. I then took those out and added in ‘Lady In My Life’, ‘P.Y.T’, ‘Human Nature’ and ‘Beat It’. It turned the album upside down, man.”

When you were making Thriller, did you ever think it would be as massive as it was?
“Nobody knew that. Everybody who says they knew are lying, man. The best thing to do is to make a record that gives you goose bumps. That is all I know to do. Focus groups and surveys and all that shit … I don’t believe in that shit.”

“I talked to Michael in London while he was selling all those ‘This is It’ concert tickets. He sold 50 concerts out and could have done 20 more. He was going to bring the kids in one day, and I had a meeting that night, so we said let’s just do it in Los Angeles. That was the last time I ever talked to him. Everywhere I go, from to Shanghai to Ghana to Beijing ? hell, even to Abudabi, Dubai, Cairo, Monte Carlo or Rio ? you will hear Michael Jackson. I feel very blessed to have worked with him.”

ローリング・ストーン誌のインタビューより。

マイケルの未発表曲が出ることについての是非を聞かれたクインシーは、どんな曲を出すかによるし、曲を聞かないことにはなんとも言えない、と答えています。ごもっとも! クインシーって、すごく現実主義者なんだろうと思いましたw

たびたび語られているThrillerアルバムの制作については省略。あんなに売れるとは全然思っていなかった、鳥肌が立つようなレコードを作ることが大事! リサーチとかクソ食らえってw


マイケルとクインシーの最後の会話。
「マイケルが This Is It コンサートのチケットを売っていたとき、ロンドンでマイケルと話した。マイケルは50公演を完売して、まだあと20公演できるくらいの売れ行きだった。彼は、子供たちをわたしに紹介するって言ったんだけど、わたしにはその夜ミーティングが入っていたから、じゃあ、ロサンジェルスで会おうってことになった。それが、マイケルとの最後の会話になったよ。どこに行こうと、上海でもガーナでも北京でも、なんとアブダビやドバイ、カイロ、モンテカルロやリオでさえも、マイケル・ジャクソンの歌が聞こえてくる。彼と仕事ができた幸運に心から感謝しているよ」

かつて自分が20代のときにメンターだったクインシーに子供たちを紹介しようとしたなんて、マイケルらしい気がします。クインシーにりっぱに育てた我が子を見てほしかったんじゃないかな。
2007年の事実上最後になったEbony誌でのインタビューで、マイケルはクインシーを天才と呼んで絶賛していました。天才と天才の出会い! 1990年代になって、マイケルはクインシーから巣立っていくことを決めたようですが、ふたりがタッグを組んだ3枚のアルバムは永遠に輝き続けるのでしょうね(+Wiz)


クインシー
"off the wall" のころの、ふたり。マイケルが20歳、クインシーが45歳。

タグ : マイケル・ジャクソン

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する