スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆ハウステンボスの思い出/Taj & マイケル

Tajが自分のブログにマイケルの思い出をまたアップしてくれています。日本人のわたしたちにとって、とても誇らしいものです。1992年のハウステンボスの思い出を語ってくれています!!!

______________________


One of my fondest memories with my uncle Michael
マイケル叔父さんとの思い出で一番好きなのをひとつ話すね。

Wednesday, September 1, 2010 at 6:02PM

If you were to ask me what was one of my fondest memories with my uncle Michael, the first answer that would come to my mind would be, "Huis Ten Bosch" What is Huis Ten Bosch. The Huis Ten Bosch I am talking about is a Dutch Village theme park in Nagasaki, Japan.
マイケル叔父さんとの思い出で一番好きなのをひとつ話してほしいと言われたら、まずぼくの心に浮かぶのはハウステンボスだ。ハウステンボスとは、日本の長崎にあるオランダの村風のテーマパークのことだ。

The quick story is.... my brothers and I were visiting my uncle Michael in Japan. All of us were invited to visit the theme park Huis Ten Bosch . I won't go into too many details because most of these memories are very special to me and I hold them close to my heart. However what I can tell you is that the four of us never laughed so hard....period..We were all just acting silly and making each other laugh that day. For years afterwards we still talked about that trip. Matter of fact, whenever my uncle need some cheering up, all we had to do was mention Huis Ten Bosch and he would laugh again. That's one of the things I will miss most about my uncle. Making him laugh or smile. He had a great laugh. A laugh that would make you laugh back. That trip was purely a magical one and I will never forget it.
簡単に言うと……ぼくたち兄弟はそのとき日本にいたマイケル叔父さんを訪問したんだ。全員でハウステンボスというテーマパークに招待された。そのときの思い出はぼくにとって特別なものなので自分の心のなかにしまっておきたいから、詳しくは言えない。でも、これだけは言えるよ。ぼくたち四人はあんなに笑ったことはない。ぼくたちはあの日、みんなふざけまくってお互いを笑わせたんだ。ずっと何年も、あの旅のことを話したよ。実際、叔父さんを明るい気分にさせたいときは、いつもハウステンボスのことを話せばよかったのさ。必ず笑ってくれた。叔父さんの笑い声や笑顔が恋しい。叔父さんを大笑いさせたり微笑ませたりしたい。叔父さんの笑顔はすばらしかったんだ。だれでも絶対笑いかえさずにはいられない。あの旅は本当に魔法にかかったみたいに楽しかったから、ぼくは絶対忘れないよ。


________________

わたしも夫が福岡の人なんで、何度か家族で訪れる機会がありました。
テーマパークといってもどちらかというと静かでゆったりした場所だと思いました。忙しくいつも人の目にさらされていたマイケルが、きれいな場所でのんびり過ごせてほんとうによかったですね☆

ハウステンボス
マイケルと3T兄弟(真ん中がTaj)
00:47 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
◆マイケル出産の思い出 by キャサリン・ジャクソン | top | ◆甥っ子Tajのマイケル叔父さんの思い出/I Need You

comments

#
あぁぁ・・・。
ゆみさん、ありがとうございます!
謎が解明されました・・・www
「偉大な笑顔」ですね!なるほど・・・。
あはは・・・。「大きな笑い声」ではなかった。
納得です。さすがです!
お勉強させていただきました。
ありがとうございますm(__)m
訂正しておこうwww
by: yujikko | 2010/09/03 15:14 | URL [編集] | page top↑
#
初めまして こんにちわ。
yujikkoさんがワザワザ今回の記事のスムーズな訳を紹介してくださいました。
でも彼女の和訳でも十分タジさんの思い出は伝わってきましたv-10

HTBでは、MJワールドを常設として設立まで漕ぎ着けましたが、まだまだファンの望む形に近づけたいと思います。

この日記のお陰で、凄いファイトを頂きました。
ありがとうございますv-238
by: K jyakuson | 2010/09/03 16:02 | URL [編集] | page top↑
#
yujikkoさん、こんにちは(^^)

わざわざおことわりありがとうございます!
これからも、いろいろ情報交換などよろしくお願いいたしますね★

マイケルの笑顔を見てると思わずこちらもうれしくなっちゃいますよね。

Tajの話をきいてると、マイケルって本当に裏表がない人で、そんなピュアなところが稀有だなぁと思います。
いい意味で本物のピーターパンですね。
by: ゆみ | 2010/09/03 16:22 | URL [編集] | page top↑
#
K Jyakusonさん

初めまして! こちらまでのぞいていただき、ありがとうございます。yujikkoさんの日記は盛りだくさんでジャクソン家への愛情いっぱいですよね(^^)

JyakusonさんはHTBを応援してらっしゃるのですか? わたしも行くたびにくつろげて大好きな場所です。美しい風景ですし、これからますます近隣のアジアの観光客が増えそうですね。そんな方たちにまで、マイケルの魅力が常設展で伝わることと思います。がんばってくださいね!!!
by: ゆみ | 2010/09/03 16:28 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yumi835.blog17.fc2.com/tb.php/1059-7eaaa600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。