スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◆マイケルとアフリカ

旧画像 105


マイケルほど自分のルーツを意識し続けた人は少ないかもしれません。でも、それは偏狭な民族主義とは程遠く、世界中のすべての人々の文化や習慣を尊重するものでした。

なぜなら、彼自身のなかには、アフリカ系の祖先、ネイティブ・インディアンの祖先、父方の白人の祖先、母方の中国人の祖先など、ありとあらゆる人種が混ざりあっていたのですから。(アフリカ系アメリカ人の人々の多くがそうだと思います)

マイケルは特にアフリカの大地を愛していたと思います。亡くなる前年のEbonyのインタビューでも、自分の子供たちを連れてたびたび南アフリカを訪れていると語っていました。マイケルにはアフリカの鮮やかな色彩がとてもよく似あいましたね:

1992年のアフリカ訪問。
その年のEbony Magazine で、マイケルはこのときの訪問を振り返り語りました:

"When we came off the plane we were greeted by a long line of African dancers. Their drums and sounds filled the air with rhythm. I was going crazy, I was screaming, "All right! They got the rhythm... This is it. This is where I come from. The origin."'

飛行機から降りると、ぼくたちはアフリカのダンサーたちの長い列に出迎えられた。その場には、彼らの太鼓や音のリズムが溢れんばかりだった。ぼくは我を失いそうだった。思わず叫んでいた。「わかった! 彼らにはリズムがある……これだよ。ぼくはこの場所から来たんだ。原点だ」

タグ : マイケル・ジャクソン

ゆみさん

アフリカについてのマイケルの言葉ありがとうございます!
アフリカを訪問したマイケルの写真はたくさん見ましたが
まいける自信の言葉に触れられて嬉しいです

> This is it. This is where I come from. The origin.

そう思っているだろうな と想像してましたが
やっぱり生の言葉を知りたかったので
[ 2010/07/20 10:15 ] [ 編集 ]
slave to rhythm
マイケルはホントに「リズムの奴隷」ですね~
[ 2010/07/21 01:21 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ichikoさん

わたしもこの言葉を見て、やっぱりなーーーって感動しました。



> ゆみさん
>
> アフリカについてのマイケルの言葉ありがとうございます!
> アフリカを訪問したマイケルの写真はたくさん見ましたが
> まいける自信の言葉に触れられて嬉しいです
>
> > This is it. This is where I come from. The origin.
>
> そう思っているだろうな と想像してましたが
> やっぱり生の言葉を知りたかったので
[ 2010/07/27 06:07 ] [ 編集 ]
Re: slave to rhythm
minちゃん

そしてわたしはマイケルのリズムの奴隷~~~~www


> マイケルはホントに「リズムの奴隷」ですね~
[ 2010/07/27 06:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。