スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年12月の読書メーター

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:2261ページ
ナイス数:41ナイス

ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-感想
まじめな、モリスのパターン・デザイン集。全ページカラー、アップで見れる。
読了日:12月30日 著者:海野弘
ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話感想
ギリシャ神話、聖書、ケルト・北欧神話といったヨーロッパのファンタジーの世界を美しいカラー図版で堪能できる。(特にラファエル前派好きにはたまらない)
読了日:12月30日 著者:
Hamlet (Oxford Bookworms)Hamlet (Oxford Bookworms)感想
初心者多読用:To be or not to be, that is the question!
読了日:12月27日 著者:
蛇を殺す夜蛇を殺す夜
読了日:12月24日 著者:奥泉光
知識ゼロからの西洋絵画入門知識ゼロからの西洋絵画入門
読了日:12月23日 著者:山田五郎
おどる12人のおひめさま―グリム童話おどる12人のおひめさま―グリム童話感想
ゴッホのような、宝石みたいにまばゆい夜空の星が印象的。お気に入りは〈銀の森〉の場面。セピア系モノトーンの森に遊ぶ姫たちのオレンジ・ピンク・イエローの髪飾りやドレスの模様がきれい。
読了日:12月23日 著者:ヤーコプ・ルートヴィッヒ・グリム,ヴィルヘルム・カール・グリム
アーサー王の剣アーサー王の剣感想
27歳だった若きル・カインが初めて手がけた絵本。アーサー王伝説の魔法の剣・エクスカリバーを、ダイナミックに、そしてちょっぴりユーモラスに描くル・カイン。エクスカリバーは傘になったり船になったり「つまようじ」にもなったりと大活躍!
読了日:12月22日 著者:エロールル・カイン
ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話より
読了日:12月22日 著者:ドロシー・バン・ウォアコム
フォックスおくさまのむこえらびフォックスおくさまのむこえらび感想
コリン夫妻ぶん、ル・カインえ!ユニークなお話だった。夫を亡くしたきれいなフォックスおくさまが、「亡き夫と同じく9本の尾っぽを持つえんじの毛皮でそろいのくつしたのキツネを募集し、クマやライオンや灰色キツネたちの求婚を断り、最後はぴったりなキツネの登場でハッピーエンドという、女性にはなんともうらやましいお話。フォックスおくさまは不思議な色気の持ち主で、これほんとに子供向き? 
読了日:12月22日 著者:サラ・コリン,ステファン・コリン
美女と野獣美女と野獣
読了日:12月22日 著者:ローズマリー・ハリス
これだけは知っておきたい「名画の常識」 (小学館101ビジュアル新書)これだけは知っておきたい「名画の常識」 (小学館101ビジュアル新書)感想
西洋絵画では、宗教観を描くときに聖書にその題材を求めたように、さまざまな目に見えない観念を描くときにはギリシャ・ローマ神話に題材を求めることが多かった。例えば、〝愛〟を描きたいときは愛の女神とされる「ビーナス」のような美しい女性と、ビーナスに関連するエピソードを持つ「赤い薔薇」や「ギンバイカ」の木を描いた。きれいだなと、ただぼんやり見ていることが多かったので、こうした隠れたメッセージの謎解きはとてもおもしろかった。
読了日:12月20日 著者:中村麗
ヤング・シャーロック・ホームズ3 雪の罠ヤング・シャーロック・ホームズ3 雪の罠
読了日:12月19日 著者:アンドリュー・レーン
Oxford Bookworms Library: Stage 2: Leonardo Da Vinci PackOxford Bookworms Library: Stage 2: Leonardo Da Vinci Pack感想
【初心者多読用】若いころからダ・ヴィンチが音楽家としても活動し、死の直前にパトロンであったフランスのフランソワ1世に見せた舞台が人生最後の芸術的活動になったというのには驚いた。どんな舞台だったのだろうか?
読了日:12月14日 著者:Bassett/Lindop
憧れのまほうつかい (新潮文庫)憧れのまほうつかい (新潮文庫)感想
ちびまる子のさくらももこさんがル・カインに憧れて、イギリスまで足跡をたどる旅をするお話。
読了日:12月6日 著者:さくらももこ
二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)感想
中年のへなちょこ二流小説家とセレブ女子高生のコンビは新鮮でいい感じ。このふたりのキャラは魅力的で続編が読みたい。でも、犯人がどうも作り物っぽくて怖さも半分だった。何度も挟まれる作中作品もエログロシーンも雑然とした感じがしました。全体的にもう少しスリム化した方がいいような……
読了日:12月3日 著者:デイヴィッド・ゴードン
Oxford Bookworms Library: Stage 1: JapanOxford Bookworms Library: Stage 1: Japan感想
初心者多読用。欧米人(著者はイギリス人)の目から見た日本。昔から変わらない日本の風俗、伝統、景色と、技術革新や新しいカルチャーの絶妙なブレンドがこのone of a kind(独自な、比類なき)国を作っている、という日本人にはちょっとくすぐったく嬉しい内容。
読了日:12月3日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト
[ 2014/01/01 03:54 ] ◇読書 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。