スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

中島梓さんの『小説道場』と視点についても少し

翻訳をする上で、視点の問題というのがよく出てきます。
そこで、視点についてあやふやなわたしに先輩が薦めてくれた本がこれ、『小説道場』。中古のアマゾンで入手。視点以外でも、中島さんの熱血指導が爽快で楽しくて、一気に読みました。

●一人称は「ぼく」ないし「私」が見、体験するものしか、書けなくて、「私」が存在していないシーンは絶対に書いてはいけない、という重大な制約がある。ギャップは「伝聞」という方法で埋める。
●SFを書くなら、用語、景色、すべてをあるSF映画の中として想像し、統一しなさい。~~ザツじゃ書けない。
●(大切なのは、)書くことへの熱気。
●物書きの基本は人をアッといわせようということ
●すぐれた時代小説の特質は、現代人が着物をきて歩きまわっているようなんでなく、キャラクターの精神と感性そのものが、その時代の人物であることだ。 注)例として杉浦日向子が挙げられている。
●会話中に擬音を入れない!
●文章力をつけたいなら、とにかくたくさん本を読むこと。ことに、名作といわれている文学作品をひととおり。読んでたらよみかえす。
●参考文献:駒田信二『私の小説教室』三島由紀夫『文章読本』
●小説とは、ストーリーではなく、描写である。
●「ほど」「ように」「ぐらい」とひらいて書こう。ちょっとアマチュアくささがへる。
●自分のいちばん書きたかったものを考え、どう書けばいちばん、読んだ人にはっきり伝わるか、を考えてごらん。
●アイデアをもっている場合、何回か、ラストまで歯をくいしばってがんばっているうちに、少しずつ地力がついてくるといいと思う。
●「文がウマイ」のは顔のブサイク・美人と同じでかなり天性の素質がものをいう。だからといって、お化粧とか整形とか、いろんな救いの道があるんだから気をおとすことはない。
●つまんないことを難しい漢字にするのはやめなさい。
●ヘンな文語っぽい文章をムリにこさえるでない。いつもあたながお手紙や日記に書くのがあなた本来の文体だ。それがいちばんチャーミング。
●ヘタなうちはあんまり気取った文章や形容はせぬこと。センテンスは短く簡潔、言いたいことを過不足なく伝えるのがいちばんキレイ。

……それに、どこかに書いてあったけど、「どうしても書かずにはいられない、という気持ちがあふれて人はモノを書くべきで、そうじゃなきゃ他人を感動なんてもちろんさせれない」という文にも共感。(すみません、ちょっと細かい所は違ったかもです)
……あと、お話の中に入りこんで、その登場人物になりきって芝居をするように文を書け、というようなこともどこかに書かれていたような。それも「なるほど!」と深く納得しました。
もちろん、中島さんは物書きを目指す人々のために書いてらっしゃるのですが、翻訳の道にも通じるものが多かったです。
そして、本全体に彼女の小説と弟子たちへの愛情が溢れていて、読んでるだけで幸せな気分になりました。

*****************

古本で1と同時に2も入手していたので、こちらも一気に読みました。1のときほどのワクワクはちょっとなかったですが、それは飽きっぽいこちらに問題があるのかも。
中島さんに自分の生き方すら問われているような熱い内容は変わらず。
小説にかぎらず、あらゆる創作活動に通じるものがあると思います。

●文章は極力、平らかに、平らかに。そこに文があることなど、気づかせぬのがいい。
●ヘタでも人をひきつけてやまないということがある。(例としてデビュー当時の平井和正や赤川次郎)
それに、音楽の世界でも、岩崎宏美は松田聖子に勝てない。
●どれだけ自分のエネルギーを才能という形に変換してゆけるか。こうなりたいと強く思えば、その人はそうなれる。
●人に受入れられないのじゃないか、笑われるのじゃないか、私だってちょっとしたものなのだ、どうせわかりゃしないだろう――そんなことをもし少しでも感じたとしたらかなぐりすてなさい。時間のムダだ。あなたと世界の間にあなたの小説をおくのだ。あなたと小説の間に読者をおいてはいけない。ストレートに、もっと無条件に自分の書きたい小説とキャラに自己陶酔することも必要である。
スポンサーサイト
23:28 | ◇翻訳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ポワロ『24羽の黒つぐみ』

だんだんヘイスティングのキャラにはまってきました。愛すべき人ですよね。今日みたエピソードでは、クリケットへのご執心ぶりがすごい。熱心に捜査をするポワロのそばで、クリケットのことばかりに一喜一憂しています。

また、ポワロが母直伝のレシピによるウサギ料理(ベルギーのリエ―ジュ風煮込み)をヘイスティングにごちそうするシーンも登場。ポワロに感想を求められたヘイスティングが、「実にウサギ料理らしいウサギ料理だ」みたいな苦しまぎれの褒め言葉をひねりだす! その場がなごむ人とはこんな人ですね!

原題の"Four and Twenty Blackbirds" は マザーグースの"Sing a song of sixpence"(6ペンスの唄)から。歌詞の一部が、メイドが罪人を懲らしめるという意味に解釈できるらしい。(Wiki) このエピソードで出てくるアンソニーのメイドの証言が重要だということで、このタイトル? 
エピソードのなかの双子の老人(画家のヘンリーと双子の兄弟のアンソニー)に、わたしはすっかり混乱をきたしました。ややこしすぎて、朝から疲れた。早朝、運動しながらポワロを見ることにしたのはいいけど、頭がまだボケていて、推理物とか全編英語とか正直厳しい……
10:53 | ◇DVD 名探偵ポワロ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

名探偵ポワロ『ジョニー・ウェイバリー誘拐事件』

没落貴族のお屋敷でポワロが朝食に出されるのが、ケジャリー(Kedgeree)というライス。インド風カレー炒飯という感じで、おいしそう。でも、豪華なイングリッシュ・ブレックファーストを期待していたポワロはがっくり。ヘイスティングスの車でパブに朝食を食べにいきます。そちらでは、卵やソーセージ付きの食事に満足したようです。
その帰り道、ヘイスティグが運転しながらベルギー人のポワロに
One man went to mow, went to mow a meadow,
One man and his dog ,
Went to mow a meadow.

Two men went to mow, went to mow a meadow,
One man, two men and their dog ,
Went to mow a meadow.

……と、núrsery rhyme(マザーグース)の"One man went to mow song"を歌って教えるのが可愛かった。いい大人のヘイスティングだけど、イギリス人のお茶目で牧歌的な雰囲気を醸しだしていてわたしのなかで好感度が高い。

ストーリーは平凡でしたが。

11:34 | ◇DVD 名探偵ポワロ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

DVD 名探偵ポワロ『コックを捜せ』&『厩舎街の殺人』

このドラマシリーズでは、第二次世界大戦前夜の1930年代後半期が背景にされていると見られる。
こうした時代設定を踏まえて、美術面などでアール・デコ風の世界観が作り出されており、原作の持つ独特の雰囲気を演出することに成功している。(wiki)

ところで、『厩舎街の殺人事件』では、パワロたちが街で働く10歳くらいの少年に事件について訊ねる場面が出てくる。当時のイギリスを舞台にしたドラマでは、こういう小さな勤労者がよく登場する。これは第二次大戦後まで続いていたのだろうか? 日本でも戦前は小さな子どもの奉公があったし、同じ状況かもしれないが、健気だ。



●The Adventure of the Clapham cook

住み込みコックが殺人解明の重要なカギを握る

●Murder in the Mews
ミューズと呼ばれる元王室厩舎(きゅうしゃ)があったアパート街で殺人が起きる。

the Mews
【4】{mews}{主に英}
(1){もと}(路地の両側に並べて建てられた)馬屋(うまや):
the (London, Royal) Mews 王室馬屋.
äもと Charing Cross の王のタカかごのあった跡に設けてあったことから.
(2)馬屋を改造したアパート(のある路地).

12:24 | ◇DVD 名探偵ポワロ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

『ラピナスさん』の原作

ついに念願だったク―ニ―の『ラピナスさん』の原作を手に入れた! ゆっくり訳文と読み比べてみたい。

ところで、近所にラピナスさんのようなお店があります。お花屋さんではないのですが、この時期になると、色とりどりのラピナスがきれいです。

バーバラ・ク―ニ―略歴
02:32 | ◇翻訳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

読書メーター5月分まとめ

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:5023ページ
ナイス数:8ナイス

小説講座 売れる作家の全技術  デビューだけで満足してはいけない小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない感想
視点の混乱を避ける方法や正しい推敲の仕方など、翻訳にも役立つと思う。
読了日:5月31日 著者:大沢 在昌
London (Oxford Bookworms Library, Stage 1)London (Oxford Bookworms Library, Stage 1)感想
Oxford Bookworms level 1 初心者多読用~ 文章はちょっと単調だけど、写真がどれもきれい。
読了日:5月31日 著者:John Escott
鑑賞のための西洋美術史入門鑑賞のための西洋美術史入門
読了日:5月29日 著者:早坂 優子
香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)感想
噂にたがわず、最初から最後までこれでもかと奇怪な話。匂いと香水作りにしか興味がない不思議な男が主人公。自分が求める匂いのためには人殺しも厭わない。いや、自分の命すら!ラストは食欲減退。でも、読んでて無償に新しい香水が欲しくなった。モラルとはまったくかけ離れた世界にトリップ。浮世を忘れさせてくれる超一流のエンターテイメントだった。しょっぱなから畳掛けるようなもの凄い迫力で迫ってくる翻訳も超一流。
読了日:5月25日 著者:パトリック ジュースキント
New York: Fact-Files Level 1 (Oxford Bookworms Library  Factfiles: Stage 1)New York: Fact-Files Level 1 (Oxford Bookworms Library Factfiles: Stage 1)感想
Oxford Bookworms level 1 ……初心者多読用~マンハッタンでは、東西のストリートと南北のアヴェニューを使ってたくさんの観光地の場所を表示・紹介。地図好きにはたまらないのかな。
読了日:5月21日 著者:John Escott
笑顔のあなたにあいたくて―元・保育士の願い笑顔のあなたにあいたくて―元・保育士の願い感想
木戸内さんによると、アフリカには「子どもをたった一人育てるのにも村中の知恵と力が必要だ」という格言があるそうです。子育てにしても親の介護にしても、たくさんの人々に助けていただくことが多くて自分だけでできることは本当に少ないと思う毎日です。木戸内さんの温かい言葉の一つ一つが心にしみます。
読了日:5月20日 著者:木戸内 福美
アメリカン・デス・トリップ 下 (文春文庫 エ 4-14)アメリカン・デス・トリップ 下 (文春文庫 エ 4-14)
読了日:5月15日 著者:ジェイムズ エルロイ
アメリカン・デス・トリップ 上 (文春文庫 エ 4-13)アメリカン・デス・トリップ 上 (文春文庫 エ 4-13)
読了日:5月15日 著者:ジェイムズ エルロイ
わが母なる暗黒 (文春文庫)わが母なる暗黒 (文春文庫)
読了日:5月15日 著者:ジェイムズ・エルロイ
ブラック・ダリア (文春文庫)ブラック・ダリア (文春文庫)
読了日:5月15日 著者:ジェイムズ エルロイ
四つの雨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ウ 21-1)四つの雨 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ウ 21-1)感想
ストーリー展開が速くて一気に読んでしまった。とてもわかりやすい文章でぐんぐん先に進める。平凡な人間のごく普通の日常から犯罪・殺人という非日常への飛躍がとても自然に描かれていて怖くなる。アウトローな男と女がかっこいいクールなノワールだが、わたしのように人生の後半期にさしかかる読者は主人公にふと自己投影してしまって寒くなるかもしれない。
読了日:5月15日 著者:ロバート・ウォード
The Wizard of Oz: 400 Headwords (Oxford Bookworms ELT)The Wizard of Oz: 400 Headwords (Oxford Bookworms ELT)感想
 初心者多読用~East, west, home's best! というドロシーの決め言葉がいい。 どこに行こうとやっぱり家がいちばん!
読了日:5月15日 著者:L. Frank Baum
まんがと生きてまんがと生きて感想
昭和40年代、あたしが高知のド田舎のガキんちょだったころ読んだ少女雑誌で活躍していた漫画家。女の子のフリルのお洋服やハリウッド映画のワンシーンのようなインテリアに憧れたものです。現在も80歳を超え活躍中ってすごいですね!!!
読了日:5月14日 著者:わたなべ まさこ
The Phantom of the Opera: 400 Headwords (Oxford Bookworms ELT)The Phantom of the Opera: 400 Headwords (Oxford Bookworms ELT)感想
For beginners: Oxford Bookworm level 1 初心者多読用~中学生くらいから読めそう
読了日:5月3日 著者:Jennifer Bassett
日本の色・世界の色日本の色・世界の色感想
日本や世界の色が美しい写真で紹介されている。英語の本で出会ったときにはっきりわからなかった数々の色を目で確認できてよかった。たとえば、hazel brown や amberの瞳や、emerald greenの海など。(色を見てみるだけならネットの画像検索でもOKだが、この本だとたくさんの印刷色見本や写真が並んでいるのでほかの色と比べやすい)
読了日:5月1日 著者:
日本の色辞典日本の色辞典感想
染色家・吉岡幸雄氏による日本古来の伝統色の完璧な色標本
読了日:5月1日 著者:吉岡 幸雄

読書メーター
03:37 | ◇読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。