月別アーカイブ  [ 2011年02月 ] 

≪ prev |  2011年02月  | next ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

◇「落ち着いている」の英語いろいろ

「落ち着いている」とか「冷静な」という意味の英語の形容詞を集めてみました:
(下のふたつは口語的)

composed

collected

calm

cool


この逆はやっぱり excited ですよね!
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 15:45 ] ◇英語 | TB(0) | CM(2)

ダイアナ・ロス in オプラ

Diana said, "Health is the most important to her in her life because you can't do anything even for your children if you are not healthy." She used to think her children was more important than anything. Her words impressed me.

ダイアナ・ロスがオプラに出てるのを見ました。一番印象的だったのは、彼女の次の言葉:
かつては自分にとって一番大切だったのは、自分の子供たちだった。けれど、いま一番大切なのは自分の健康だ。なぜなら、健康でなければ、子供たちのためにも何もできないから。

また、ダイアナにとってネス氏(2004年に南アフリカで登山中に亡くなったノルウェーの富豪・登山家、元夫1985-1999)がLove of My Life だったという言葉も心に残りました。アメリカとノルウェーという遠距離生活、仕事と家庭の板挟みになって、息子ふたりを授かったふたりの関係もいつしかだめになっていったようです。ベリー・ゴーディーとひとり、その次の方(名前忘れた)とふたり、全部で5人の子供たちとの関係もうまくいっているようで、ダイアナって本当にタフな女性ですね。

モータウンに入った子供時代からダイアナにあこがれていたマイケル。マイケルにとってLove of My Life は、はたして誰だったのかな? もしかして、音楽・アートかな……

Diana-Ross-Oprah.jpg
ダイアナ・ロス&オプラ、ダイアナの5人の子供たち+孫

タグ : マイケル・ジャクソン

will が日本のタクシーで感動!

He was rocking those spotless white gloves...mega swag love and pride
will+i+am_convert_20110227235031.jpg


willが日本に来ていたのですね。タクシーの運転手さんのシミひとつないまっ白な手袋とプロフェッショナルなマナーに感動したそうです。(willのtwitterより)子供みたいに素直に感動できる柔軟な心の持ち主、willに乾杯!
[ 2011/02/27 00:13 ] そのほか | TB(0) | CM(4)

◇発音がいいと理屈抜きにかっこいい!

子供のころから英語の発音を聞くのが好きでした。リズミカルなところかな? 最初に聞いたのがジャクソン5などモータウンの最高の音楽だったせいもあるのかな。

大人になってから英語を学んだ人でも、ネイティブに近い発音の方にけっこう出遭いました。発音がいいと理屈抜きにかっこいいですね!

こんなサイトを見つけました:

甲南大学 英語発音入門

無料なのがうれしいです(^^)
[ 2011/02/26 11:53 ] ◇英語 | TB(0) | CM(4)

◆自信に満ちていたマイケル(2007年3月、座間キャンプ)

2007年3月、マイケルが米陸軍・キャンプ座間を慰問したとき。このときのマイケルはとても健康的で明るい表情でした。3・9パーティーのあとでの訪問だったと思います。

正直言って、この当時、マイケルの映像を見てあまりに素敵でびっくりしました。いろいろあってもっと疲れた顔で来日するかなって思っていたら、少年のような無邪気な笑顔も健在で、スラリとした体型はまるで青年のようでした。マイケル・ジャクソンってやっぱり普通の人じゃないって再確認しました。
個人的に、このときの衣装とヘア・スタイルは2000年以後の彼のスタイリングではベスト3に入りますw so gorgeous, cute, and sexy!!!!

2005年の裁判が終わったあと、マイケルが復活に向けてとても充実した精神状態にあったことは確実だと思います。充実した表情で、すぐわかりますよね。

そして……その2年後の彼に多くの問題が起こったことも確実です。



タグ : マイケル・ジャクソン

◆輝いていたマイケル(2006年、ロンドン、アールズ・コート)

2006年11月、ワールド・ミュージック・アワード授賞式でのマイケルは神々しいほど美しかったです。ロンドン、アールズ・コートです。文字通り輝いていますね。




2005年の裁判が終わったあと、マイケルは復活に向けてとても充実した精神状態にあったと思われます。表情がすべてを語っています。





タグ : マイケル・ジャクソン

鴨居羊子『カモイクッキング』

いまは亡き鴨居羊子さん。1985年に買った本『カモイクッキング』はわたしの永遠のバイブルのひとつ。この本は食べ物にまつわるエッセイですね。挿絵として、彼女の素晴らしい色彩の絵がちりばめられています。
人生を愛し、食べることを愛し、絵を愛し、文筆活動を愛し、花を愛し、友を愛し、家族を愛し、苦しみのなかでいつも青い空を見ていた人。日本の下着デザイナーの先駆者でもあった人。

特に「薔薇の宴」という章が好きです。「男と薔薇の花の見事な調和」という彼女の言葉にワクワクした若かったころの自分が懐かしい。。
薔薇の花が似合う男なんて、そうそういませんよね?

カモイクッキングのことを以前に書いたわたしの日記:
http://yumi835.blog17.fc2.com/?q=%B3%FB%B5%EF#824

yoko-kao.jpg
鴨居羊子(1925~1991 大阪生まれ、下着デザイナー、随筆家)

楽屋
楽屋
旅愁
旅愁

[ 2011/02/24 11:54 ] ◇読書 | TB(0) | CM(0)

西洋美術史入門

子供次代から絵を描くのも見るのも好きでした。でも、ちゃんと歴史を勉強したことがないので、今年のはじめに『誰も知らない「名画の見方」』という本を読みました。この本はおもしろかったです!その感想など→
http://yumi835.blog17.fc2.com/?q=%CC%BE%B2%E8%A4%CE%B8%AB%CA%FD#2378

まだまだ美術の専門用語などチンプンカンプンなので、これを読んでいます:
鑑賞のための西洋美術史入門鑑賞のための西洋美術史入門
(2006/07)
早坂 優子

商品詳細を見る

字よりも図解が多くて、とってもわかりやすいですよ!(長男の本箱からwww)

◆Smile マイケルとナット・キング・コール

マイケルが愛した歌"Smile" …… チャップリンの映画のなかのオリジナル曲に初めて歌詞を付けて歌ったのは、ナット・キング・コールでした。


マイケルの一番好きだった歌かも……

タグ : マイケル・ジャクソン

星の校章と杉玉の写真

コメントのお返事がまだですが、忘れないうちにこちらのを貼っておきますm(_ _)m
ナット・キング・コールをお好きな方がいらしてうれしい!!!(たぼさんがお好きなのは知っていました)


土曜日は次男の中学校の保護者会でした。
ケーキとコーヒーも出ました。
ケーキのてっぺんのマジパンの校章が甘すぎなくて美味しかったです! 校章の星の形が可愛いーーー永久保存したいところだけど、食べちゃいましたので、写真で保存。

洛星ケーキ




今日は母と地元でランチをしてきました。
酒処なんで、酒蔵を改装したレストランなどが多くて、なかなか趣があります。
今日はそのなかの「月の蔵人」(ネーミングセンスが秀逸!)に。リーズナブルな予算でけっこうお腹いっぱいになって母もわたしもご機嫌w

店の表にぶら下がっているこれ。
スギの葉(穂先)を集めてボール状にした杉玉(すぎたま)。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たすそうです。吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語るらしい。(wiki)
ところで、いまは新酒の時期ですよね???
杉玉に新しいいいにおいがあるなら嗅ぎたかったけど、高いところにあって無理だった。残念www
伏見 玄関

[ 2011/02/20 17:59 ] ◇My Life | TB(0) | CM(4)

井上陽水 少年時代

藤子不二雄Aさんの漫画『少年時代』をかつて長男に借りて読んで感動しました。戦争中に疎開した少年時代の作者の体験を基に書かれていています。戦時下の精神的自由のない閉塞感と物質的な飢餓感から少年たちの心は鬱積し、暴力に支配された社会そのもののミニチュア版の子供社会が存在していた事実。そのなかでも子供たちはそれぞれ懸命に生きていたのですね。平和というものを知らぬまま……喧嘩にあけくれる殺伐とした子供たちの生活がかわいそうでたまらず、この漫画を読んでいると泣けてしょうがなかったです。

ちょうど主人公の少年はわたしの父と同じ世代でした。父の母から、父も転校して喧嘩に巻き込まれ、カッターで切りつけられたと聞いたことがありました。父の首にはその痕が終生ありました。こんな体験をあまり語ったことがない父だったけど、父ともっと父の子供時代のことなども話しておきたかったな。

この歌は映画『少年時代』の主題歌。
わたしの次男が平和な時代に生まれて、エレクトーンでこの曲を発表会で弾いたのは何かの縁を感じました。平和な時代に生まれたわたしたちは幸せ。大切に守っていかなければ……



少年時代 (1) (中公文庫―コミック版)少年時代 (1) (中公文庫―コミック版)
(1995/07)
藤子 不二雄A

商品詳細を見る
少年時代 [DVD]少年時代 [DVD]
(2005/04/28)
藤田哲也、岩下志麻 他

商品詳細を見る

Natalie & Nat King Cole - Unforgettable (1992 The Unforgettable Concert )

ナタリー・コールが父の映像と共演する「Unforgettable」……最後の Thanks Dad というナタリーの声がちっちゃな少女のようで可愛い。

わたしも「忘れられない」父にこの歌を捧げます。。。

Nat King Cole & Natalie Cole - When I Fall In Love

ナタリー・コールと父ナット・キング・コールの(没後)共演では「アンフォゲッタブル」がとてもヒットしましたが、「When I Fall In Love」も大好きです。

ナット・キング・コールの声は just beautiful !!!


体育学科生の集団行動――お見事!!!



Sport college students show the audience their group action in Japan.
[ 2011/02/19 00:33 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

◆マイケルとレイバン ビデオ編


Michael Jackson wearing Aviator Sunglasses while recording “We Are The World” in studio
1985年1月28日 "We Are The World"録音中、アビエーターをかけているマイケル


Michael Jackson at Arsenio Hall Show with Eddie Murphy(1989)
1989年、人気番組アルセニオ・ホール・ショーにウェィファーラーで登場


Michael Jackson’s Superbowl XXVII half time performance (1993)
1993年、スーパーボウルでのパフォーマンスのスタートで、アビエーターを取るマイケル




タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2011/02/18 09:52 ] ◆マイケル雑学 | TB(0) | CM(2)

◆マイケルとレイバン

マイケルは本当によくサングラスをかけてましたよね。シャイな彼にとってはまさに必需品だったのかも。

91年、4月9日にマドンナの車でデートしたときの話。サングラスをかけてることに文句をつけられたマイケルが、なんと車の外にレイバンを投げ捨ててお目目を見せたっていう話……どっかで聞きました。かっこいいなぁ。そんな芝居がかったこと、マイケルするんだなって驚きました。相手があの海千山千に見えるマドンナだから、マイケルもちょっと気負っていたのかもね。マドンナはマイケルのタイプの正反対って感じのアグレッシブな人ですものね。

たぶんそのときの写真。
あーーーもうサングラスを投げたあと?
madonna michael
余談だけど、メイクのカレンさんによると、80年代当時のマイケルはマドンナとふたりになるのをいやがっていて、いつもマドンナが来ると、「きみもいてね」とカレンさんに頼んでいたとかwww マドンナ、失恋の巻だったみたいですね。

80年代にマイケルがよくかけていたこのタイプがわたしは大好きです!!!
20代のマイケルの明るくて活動的な雰囲気にぴったりだったと思います。(あれ、マドンナ、めずらしく乙女な表情)
Ray-Ban Wayfarer レイバン ウェィファーラー (wayfarer = 旅人、特に歩いて旅する人って意味)
mj-madonna-and-david-geffen_jpg.jpg

beautiful.jpg

このタイプはちなみに昔昔わたしの両親もかけていましたね。50年代の写真を見ると。
わたしも若いころまねしようと思ったのですが、わたしの場合は残念なことに目と目の間が平面的なせいか、まつ毛がレンズに当たってうっとおしいのでサングラスは諦めました。。。(><)

______________________


さて、マイケルが一番長くかけていたサングラスといえば、やはりこれ。
Ray-Ban Aviator レイバン アビエーター  (aviator = 飛行士って意味)
167113_189465424414937_136064483088365_628504_4465672_n.jpg


アメリカ空軍で採用され、あの『トップガン』(1986年)のトム・クルーズで大人気に。
なかでも3025アビエーターマイケル・ジャクソン・モデルと呼ばれているようです。This Is Itの記者会見のあのサングラスです。
ちょっとお目目がタレパンダさんみたいだなぁ。。。
this is it sunglass

______________________


3030 Aviator - Outdoorsman 3030 アビエーター アウトドアーズマンのときもあります。(outdoorsman = nature lover, outdoor person 野外スポーツを愛する人って意味)
ray-ban-3030-michael-jackson-outdoorsman.jpg







タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2011/02/17 09:15 ] ◆マイケル雑学 | TB(0) | CM(2)

食べ物のこと――野菜のこと

わたしは生まれつきのベジタリアンのようですが、30過ぎてからふたりの男の子の母になって、はたと困りました。

どうも自分は生まれつきお肉をあまり好きじゃなくて、お魚もめったいに食べなくて、ただしエビ・イカ・貝が好きで、お豆腐・豆乳など大好きでした。

結果的に自然とベジタリアンになっていました。(小学校での給食ではお肉は呑み込んで食べてましたがw)

ところがところが、息子たちがふたりともけっこうお肉好きだったのです。
夫もけっこう好きでした。
当時から近所に住んでいたわたしの両親も大好きでした。
そこで、みんなで食べるときは自然にお肉料理も作らざるえなくなりました。

でも、最近、ちょっと雲行きが変わってきました。
まず、野菜嫌いだった18歳の長男がイタリアに行ってから料理に興味が出て、少しずつ野菜も食べるようになりました。(ただし、工夫が必要w)

二男はもともとけっこう野菜を食べてくれます。
同居するようになった母も何でも食べてくれます。
そこで、野菜のメニューをじょじょに増やしています。
わたしも新しいメニューを開拓中!!

最近、とても参考になったのはこの本:
うーらのオーガニックな野菜のおつまみ手帖(エンターブレインムック)うーらのオーガニックな野菜のおつまみ手帖(エンターブレインムック)
(2009/08/31)
庄司智子

商品詳細を見る


この本を見て、ねぎの唐揚げ、きゅうりのパリパリ漬け、絹豆腐の白味噌漬け、苺のバルサミコ漬け……など作ってみると、簡単なのにとってもおいしくて息子たちも食べてくれました!!

[ 2011/02/17 08:56 ] ◇My Life | TB(0) | CM(0)

John Singer Sargent  ユリと子供の絵、もう一点

John Singer Sargentが、先日の絵と同じく庭の花と子供たちを描いているものを見つけました。
ユリの花に水やりをしている兄と妹のように見えます。

両端が黒いのはなぜかわかりません。

ガーデニングのお勉強をするヴィッカーズ家の子供たち……といったタイトルの1884年の絵です。
前回貼った彼の絵とどっちが先に描かれたのかな? こちらの方がシンプルだから前? 

John Singer Sargent (1856-1925), Garden Study of the Vickers Children, 1884, Collection of the Flint Institute of Arts, Flint, MI
John-Singer-Sargent-1856-1925-Garden-Study-of-the-Vickers-Children-580x388.jpg


◇What is he?/ Who is he?

What is he?   彼は何をする人ですか。    
He is an artist.  アーティストです。

Who is he?    彼は何という人ですか。    
He is Mr.Jackson. ジャクソンさんです。


中学生英語の復習ですが、二男のテキストを見ていたら出てきたので!
[ 2011/02/16 00:43 ] ◇英語 | TB(0) | CM(4)

エンヤのPVのなかに昨日の絵が!

昨日、ジョン・シンガー・サージェントの絵を貼ったあと、このイギリスの画家が本国でとても愛されていることを知りました。ロンドンのテートに行くとこの絵を見れるそうです。(友人情報)

そして、また驚いたことに、わたしの大好きな歌でエンヤの"On My Way Home"というのがありますが、そのPVのなかに、昨日の絵が実写で再現されていたのです。

確かに!!! 最後の方です。2:28あたり。

このような盆提灯が当時19世紀末のイギリスに日本から輸出されていたそうです。
わたしが子供時代を過ごした高知県の田舎町でも、お盆になると町から山のお寺(叔父のお寺)に続く道にずっと灯篭が飾られていました。その美しく妖しい光景をいま思い出しました。






John Singer Sargent "カーネーション、ユリ、ユリ、バラ"

John Singer Sargent カーネーション、ユリ、ユリ、バラ
John Singer Sargent "カーネーション、ユリ、ユリ、バラ"

この方の名前も知らなかったのですが、この絵のファンタジックな世界にすっかり虜になりました。
もっとほかの絵も見たいと思います。

大好きなエヴァレット・ミレイの作品をネット検索していたら、ある個人の方のブログで偶然この絵に出会いました。

わたしは子供時代に大島弓子さんのマンガが好きだったのですが、絵の雰囲気やタイトルに共通したものを感じました。この絵のコピーがどこかで入手できたら、家に飾りたいなと思います。
ユリの香りが絵から漂ってきそうですね。。

名探偵ポワロ――ナイルに死す

Agatha Christie
The Poirot
Death on the Nile

アガサ・クリスティ原作
名探偵ポワロ DVDコレクション
ナイルに死す


1930年代、第二次大戦まえのイギリスにあった観光ブームで、舞台となるエジプトのナイル川クルーズは裕福な人々にとって人気だったようです。異国情緒あふれ、豪華で素晴らしい作りになっています。

デビッド・スーシェのポワロがすごくはまっています!! ちょっと気取った(ように聞こえるのか)フランス訛りの英語を話し、ピンと張った口髭、ステッキ、小太りの名探偵。これは、しばらくシリーズで見ちゃいそうです。

ナイルに死す




ルノワールの少女(ルグラン嬢の肖像)

最近忙しかった理由のひとつとして、実家でかつてよく訪れていた家を売ることになり、家の整理をしていたのです。

昨日も家族で行き、いま住んでいる家に持ってきたいものをより分けていました。家族そろってよく過ごしていたのは、もう30年以上もまえのことで、父がときどき行って管理をしてくれていました。その父が一昨年に亡くなり、庭の手入れなども大変なので、手放すことになりました。

子供のころに好きだったルノワールの絵(もちろん、コピー)の額や写真などを壁から下ろして持ってきました。おもに父が好きで選び、家を飾っていたのですが、そのままわたしの趣味にもなっているようです。どれもこれも好きに思えましたから……子供時代の影響の大きさをまた感じました。

そして、ルノワールの描く少女たちの愛らしさには、あらためて見とれてしまいました。
ルノワールの描く豊満な女性も悪くないのですけど、やはり少女たちの美しさにひかれます。当時の最新のファッションに身を包んでちょっとおすましした少女たち……いまはもういない愛されしものたちの煌めきを、ルノワールの筆は永遠の世界に封じ込めています。

誰にでも一度はある少女時代のきどり、傲慢、愛らしさ、そして何よりも若い生命にだけ神が与えた造形的な美しさには心ひかれずにはいられません。二度と戻れない時代への哀惜……。

画面の大半を占めるルノワールらしい美しい黒、紺、ブルー、少女のブロンドの色、ちょっとはかなげな様子、なかなか目を離せなくなる作品です。

ルグラン嬢の肖像(1875年フィラデルフィア美術館)
ルノワール ルグラン嬢の肖像(1875)





◆マイケルのヘアスタイル――ジェリー・カール(Jheri curl )

jerry-curl-7.jpg

80年代にマイケルのあの自然で艶のあるウェーヴで有名になったヘアスタイルは、〝ジェリー・カール〟と呼ばれるそうです。マイケルがそれまでしていたアフロ・ヘアのように手間がかからないんだそうです。

それでいて、柔からかそうでとってもステキ! このころのマイケルのナチュラルなウェーブ・ヘア、小麦色の肌、大きなアーモンドのような瞳、白い眩しい歯――ヴィジュアル的にはまさにinvincible(^^)

このスタイルの名前は、ゼリー菓子のジェリー・ビーンズ(jellybeans)からじゃなくて、このスタイルを考案したジェリー・レディングさんというヘア・ドレッサーの名前からついたそうです。(考案って、あんなごく自然なヘア・スタイルがそれまでなかったのでしょうか? ちょっとそのあたり、不明です。)

このころは、ジョー・パパもジェリー・カールですね。
joe-jackson_convert_20110212163935.jpg
これは余談ですが、マイケルの娘・パリスちゃん。ママ似で有名ですが、ジョー・パパにもあのブルー・アイといい目元の窪み方といい、とても似ていますね。隔世遺伝でしょうね~♪
paris-jackson-haircut1_convert_20110212165119.jpg

source:
The Jheri curl (often incorrectly spelled Jerry curl or Jeri Curl) is a hairstyle that was common and popular in the African American community. Invented by and named for Jheri Redding, the Jheri curl gave the wearer a glossy, loosely curled look. It was touted as a "wash and wear" style that was easier to care for than the other popular chemical treatment of the day, the relaxer. Michael Jackson famously sported a Jheri curl hair-do in the 1980s.【wikipedia】

タグ : マイケル・ジャクソン

[ 2011/02/12 16:11 ] ◆マイケル雑学 | TB(0) | CM(0)

◆ネバーランドとマイケルの不動産屋さん

なんだか最近、マイケルのエントリーが少ないです。
もし情報を楽しみにしている方がいらしたら、すみません。
マイケルの関してまた皆さんとシェアしたいことができたら、アップします。

仕事が忙しかったせいかもしれません。でも、それもやっと一段落つきました。ほっとしたような寂しいような……

いま読んでるマイケル関係の本は、Gloria Rhoads Berlinという不動産業の女性が書いた"In Search Of Neverland" です。
マイケルがネバーランドを買うときの交渉をした人で、最初のいきさつが書かれているようです。
マイケルがどういう気持ちで最初にネバーランドを計画したのか興味がとてもあったので、US Amazonから取り寄せてみました。
小さくて薄い本なので、すぐに読めちゃいそうです。もったいないのでジワジワ読もうとしましたが、あっというまに半分まで来ちゃいました。すごーーーく薄いもんでwww(全96ページ)

グロリアによると、マイケルが自分の住む場所に求めていたものは、交通渋滞や騒音や公害から離れているということだったそうです。マイケルはまさに、sanctuary【神聖で安らげる場所】を求めていたんですね。

興味深い話をもうひとつ。マイケルはグロリアに「ぼくはセクシーなダンスをするからという理由でエホバの証人を破門されそうなんだ。だけど、これはぼくの仕事だから、やめることなできない。ぼくはママのために仕事をしているから……」というようなことを言ったそうです。マイケルのママへの深い愛情が伝わってきて、胸がキュンとします。マイケルはほんとうにママが好きで、ママに豊かな暮らしをさせてあげたかったのでしょうね。。

読み終わったら、また本の内容を紹介したいと思います。




タグ : マイケル・ジャクソン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。