スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆Akonが語る完璧主義者マイケル


これは1年前のだけど、記録として。

アルバムがなかなか出なかった理由はマイケルが完璧主義者のせいだというAkon。
2008年のAkonとのレコーディングでも、どこまで行っても「まだまだもっといいものが作れるはずだ!」とずっと言ってたみたいでww 若いころのクインシーのように「もうこれで大丈夫だよっ!」と言ってくれる人が必要だったのかな。

あと、ここでAkonも言ってるけど、いつもメロディ優先であとで言葉を合わせていくと、マイケルとやったほかのスタジオ・ミュージシャンも言ってますね。
スポンサーサイト
13:41 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/29のツイートまとめ

yumiTmaria

@emi_wiz_love よさそうな本ですね!ご紹介、ありがとうございます。amazonで見てみます。
09-29 21:13

@moraculous 楽しませていただいてます!いい男レポも楽しみ?:)
09-29 07:18

@moraculous めちゃくちゃ楽しいブログですね!リンクさせていただきました?!新しいblack music に疎いので勉強になりそうですw
09-29 01:32

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

藤田嗣治『手しごとの家』

最近、これを読んでいます。少しずつ味わうような感じでwww

藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)
(2009/11/17)
林 洋子

商品詳細を見る


藤田嗣治が晩年を過ごしたフランス郊外のアトリエ兼住居が、本書ではじめて詳しく紹介されました。

いままでも、この家の一部はネット上で見たことがありましたが、こんなに詳しいものははじめてです!
藤田の住居兼アトリエ美術館リンク


自分の家のものをことこごとく手作りしていた藤田。
ベッドカバーや衝立(ついたて)が手製だったり。写真のなかの数々の手作りのものから、日常の暮らしにいかに彼が愛情を注いでいたかが伝わってきます。自分の作品を壁に飾って、額から何からその周りの飾りも手作り。彼の暮らしそのものがアートになっています。

決して華美ではなく、フラ・アンジェリコがフレスコ画で飾ったサン・マルコ修道院の僧房をほうふつさせる簡素で清らかな美しさです。白い漆喰の壁が共通のせいもあります。

はじめて見る作品も紹介されていて、何度も何度も見返してにんまり。


この聖母子の絵は本にはなかったけど、たまたまネットで発見。70代でカトリックの洗礼を受けた彼は、多くの宗教画を残しています。彼の聖母は毅然としていて魅力的だと思います! 彼の描く子供にはいつも不思議な色気がありますよね。子供なんだけど大人を小さくしたみたいな顔で、大人顔負けにしっかりしている気配が……彼は子供を一人前の人格として見ていたということでしょうか。
藤田聖母子




23:27 | ◇読書 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/28のツイートまとめ

yumiTmaria

@emi_wiz_love すごいご馳走!!!お料理の撮影をなさるのですね!雨やむといいですね?!
09-28 01:54

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Diana Ross "This House"

Diana Ross "This House"

ダイアナ・ロスの声は何とも言えない心地よさがありますね。。。柔らかな鳥の羽根で顔を撫ぜられてるような……w (これはLiveです)

このナイル・ロジャースが作った曲、大好きなんで自分のもう一個のブログの名前にそのまんまいただきました!



This house is built
On a foundation of love
This house is built
On a foundation of love

この家は愛の上に築かれている

16:59 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/27のツイートまとめ

yumiTmaria

@mjwords うちの10代の息子たちもです!アメリカ留学時代、中国人のいい人にいっぱい出会ったんですがね?!政府と個人は一枚岩ではないはず。
09-27 19:41

@moraculous いえいえそのオーデションに受からないもんでwww師匠には恵まれてるのですが!!ダイレクトメールさせていただきました:)
09-27 19:29

@moraculous moraculousさんと違って、年とってるけどまだ師匠について出版翻訳は修業中ですよ?!英語講師などしてます。先輩、どうぞよろしくお願いしまーす!
09-27 12:12

@emi_wiz_love 断捨離、すごい響き!わたしの環境もそれに近づけたいw
09-27 01:14

@moraculous Ain't Nothingのタミーがマイケル、マーヴィンがジャーメインのハーモニーもいいですよね?!
09-27 01:12

@moraculous タミーの番組の丁寧なご説明ありがとうございました!
09-27 01:10

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/26のツイートまとめ

yumiTmaria

この動画はお薦めです -- Jackson 5 - Ain't Nothing Like The Real Thing [HQ] http://t.co/sKtntxv via @youtube
09-26 15:17

@moraculous タミー・テレル、マーヴィンとのAin't Nothing Like A Real Thing大好き。これはテレビ番組ですか?
09-26 15:05

@aloha_mau 海!!サーフィン?
09-26 13:05

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

★ブログをふたつに分けま~す

ブログをふたつに分けま~す。

自分のブログをはじめて2年半ほどになります。そのまえにもmixiで1年、マイケル・ジャクソンSNS Jaxityで1年、ネット上に何か書き込むようになってから4年半になりました。

ネットはそれまでも使っていましたが、ブログやSNSで人とのコミュニケーションをするようになって4年半ということです。

それまでのわたしは……小学生の息子ふたりの子育てに熱中する専業主婦でした。独身時代にやっていた通訳や産業翻訳の仕事から遠ざかって10年近くになっていました。子供と一緒に英語の絵本を読んだり、英語の映画を見たり、ガーデニングをしたり、教会でボランティアをしたり、子供たちの通うカトリックの幼稚園でゴスペルコーラスのお世話役をしたり、子供が中心の生活でした。

そのころから、それまでたまに昔の仕事仲間から頼まれていた産業翻訳をまた本格的に頼まれたり、英語講師に誘われたり、生活にいろいろ変化がありました。
本格的に出版翻訳の勉強も始めました。

同時に子供時代から好きだったマイケル・ジャクソンへの関心がどんどん大きくなっていき、世界中から情報を集めたり、ファン仲間とブログやリアルで会って盛り上がるようにもなりました。

ブログのなかでもリアルでも、だんだん自分の世界が広がっていき、ブログ "Moonwalker and Me" に詰め込んでいたマイケル関係の情報、自分の英語・翻訳のメモ、生活の何気ないメモなどがゴチャゴチャで読みにくくなってきました。

情報を的確に処理(整理・保存)するために始めたブログなのに、読みにくいと意味がないので、思い切って分割することにします。

マイケル関係の記録は いままでどおりに "Moonwalker and Me" の場所に保存。

それ以外の英語・翻訳・暮らしの記録は 新しいブログに移します。ブログ名は "This House" に。

そんなわけで、みなさんから過去にいただいたコメントなども、英語・翻訳・生活関係のものは勝手ながら"This House"の方に移させていただきました。



まだどちらのブログもきちんと整理できてないですが、情報を保存するだけじゃなく、自分が使いこなせるようになりたいと思っています。

(いままでも、特に英語・翻訳のメモは何度も確認のために振り返って読んでいました。)

みなさんは、ブログをどんなふうに使っているのでしょうか?

★英語や翻訳などに興味がある方は、ぜひ新しいブログの方にも遊びにきてくださいね:
This House
http://yumitmaria.blog120.fc2.com/
21:09 | そのほか | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆Ain't Nothing Like A Real Thing by Jackson 5

my all-time favorite……まえにも貼ったかもしれないけど。

この曲、中学生のころから何度聞いたかわかんない。マイケルとジャーメインの声のバランスはタミーとマーヴィンと同じで、すごくいいと思う。



タミー・テレル&マーヴィン・ゲイ 
子供のときから好きだったのは、タミーが自分のママにそっくりだったからなんだ! いま気づいて驚いた。。。もう人間っていかに自分の環境とか家族に影響されて生きているんだろう。。。愕然とした。。。
それとも、これって限られた人間だけ?
エルロイを読んでると母に対する執着がすごくてちょっとひくけど、結局わたしも同じタイプの人間かも。
15:08 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/25のツイートまとめ

yumiTmaria

@aloha_mau Yes, yes, he is sooooo cute!
09-25 19:19

@popocon373  すごい掘り出しものがあったのかも?
09-25 14:49

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆3T The Good Old Days photo with MJ

マイケルの甥っ子の3T(Tito Jacksonの3人の息子)は、歌のハーモニーもいいけど、パーソナリティーも明るくて誠実そうで素敵です! 3TがFacebookに写真をアップしてくれました。

The Good Old Days (マイケルと甥っ子たち)just beautiful...
The good old days


同じく、 3Tとダイアナ・ロス what a cute picture!
3T memories


16:38 | ◆マイケルMy Favorite Photos & Videos | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Akon new single: Angel

I love Akon's voice and smile.

His new song "Angel" :

旧画像 109





この曲、去年出たAkonのマイケル・トリビュートソングと伴奏が似てる...
15:16 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケル、メイク中写真cute,cute,cute

素敵なコメントをいただいているのに、まだレスしてません。ごめんなさい。
ちょっとお待ちくださいませ。

いまは、マイケルのThriller期の写真をいただいたので、貼っておきます。
Thriller期のマイケルは、1970年ごろからジャクソン5を聴くだけのファンだったわたしが、マイケルの写真や映像を追いかけはじめた時期でした。

でも、そのころこんな写真は見たことなかったです!
Thrillerのメイク中のマイケル。あのゾンビマイケルに変身中です。

Cute and adorable!!!! 20歳過ぎの男に人にadorable(愛らしい)はないかもしれないけど、でもそうとしか言えないですね。

michael thriller makeup


おまけ  My favorite MJ : You are scared? Huh
thriller sf
13:46 | ◆マイケルMy Favorite Photos & Videos | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/21のツイートまとめ

yumiTmaria

What is Tom Sneddon doing nowadays? Hope he is not district attorney any more.
09-21 21:57

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケル法――プロポフォール取り締まり強化への期待

mj+cute3_.jpg



マイケル法を作ろうと活動している人々がいるそうです。
ドクター・マーレイがプロポフォールをあのような不注意な方法で使用しなかったら、マイケルはいまもきっと生きているでしょう。

________________________


Michael's Law マイケル法
(20-9-2010) TMZ is reporting this morning that California lobbyists are using Michael Jackson's death to try and restrict the use of the drug Propofol.
TMZの今朝の報道によると、カリフォルニアのロビイストたちがマイケル・ジャクソンの死をきっかけに鎮静薬プロポフォール(商品名ディプリバン)の使用を制限しようとする運動をおこなっている。

Michael's Law is being pushed by a group of people who have all lost loved ones due to the misuse of Propofol. They've been going door-to-door in L.A. and Santa Barbrara, handing out leaflets that describe the drug and how it killed the King of Pop.
マイケル法への動きは、プロポフォールの誤用から愛する人を失った人々のグループによって推進されている。LAやサンタバーバラで、グループでは個別訪問をして、この薬について、またこの薬がどのようにキング・オブ・ポップの命を奪ったかを説明したパンフレットを配布している。

They say their goal is "to prevent doctors from making careless choices, and stop them from administrating drugs that should not be administered outside of the hospital setting."
グループの目標は「医師が軽率な選択によって医療機関外では実施すべきでないプロポフォールを使用することをやめさせること」だ。

The Drug Enforcement Administration just announced it is considering tighter restrictions on Propofol.
米DEAは、プロポフォールへの制限をより厳格なものにすることを検討中であると発表したところである。



Source: MJFC / TMZ.com

ロビー活動…… ある特定の主張を有する個人または団体が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動。議会の議員、政府の構成員、公務員などが対象となる。ロビー活動を行う人物はロビイスト(lobbyist)と称される。(wiki)

DEA……アメリカ麻薬取締局


09:50 | ◆そのほかマイケル・ジャクソン関連 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/20のツイートまとめ

yumiTmaria

@coyacomoichael 世間で体にいいって言われているものが必ずしも自分に合うとは限らないよねえ。わたしはどうも大方の果物が体に合わないのです(><)
09-20 21:14

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/19のツイートまとめ

yumiTmaria

@cava_sana すてきな場所ですね! ご紹介ありがとう☆
09-19 19:45

@aloha_mau おいしかったんだねー!
09-19 19:44

@777willbehappy Thanx!
09-19 19:43

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/18のツイートまとめ

yumiTmaria

Hold My Handがマイケルの次のアルバムに入るっていうのは決定?
09-18 22:25

@aloha_mau そうだね、泣くとさっぱりするよね。
09-18 22:24

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆I Want You Back- シェリル・クロウ

シェリル・クロウの マイケル・トリビュート "I Want You Back"

今年の夏に出た彼女のニューアルバム"100 Miles From Memphis"より。
すっかりカントリーの大物シェリル。最初にまだ無名だったシェリルをBad ツアーのバックコーラスに起用したマイケルは、本物を見る目がありますね。

このI Want You Backはジャクソン5のオリジナルにとても忠実。シェリルの歌のうまさがわかります。



100 Miles From Memphis100 Miles From Memphis
(2010/07/20)
Sheryl Crow

商品詳細を見る
16:30 | ◆マイケル・トリビュート曲 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シェリル・クロウのEnglish lesson - See Eye to Eye

最近、大人の女の魅力が俄然気になるシェリル・クロウが、英語のレッスンをしてくれています☆
鍛えた脚にミニスカートかっこいい。。

ユーモアたっぷりに彼女が説明する see eye to eye の意味は:

you agreee with someone about something



新英和中辞典より
see eye to eye (with…)
[しばしば否定文で] (人と)〔…で〕見解がまったく一致する 〔on, about〕《★聖書「イザヤ書」から》.
用例
I don't see eye to eye with her on this subject. 私はこの問題に関して(は)彼女と見解が一致しない.





彼女とキース・リチャーズが"Eye to Eye" という新曲(ニュー・アルバム "100 Miles From Memphis" )をいっしょにやったことも話していますね。

マイブームのシェリル・クロウの歌をもう一度聴きたいのでペタリ。
寂しいけどいい曲ですね。Stingも素敵。
マイケルとも大人の歌をまた歌ってくれたらよかったのにね。
"Invincible"アルバムを聴けば聴くほど、メローなマイケルの歌ももっと聞きたかったと思います。これからだったのにね。

「いつも、あなたのそばで」というタイトルのラブソング。

16:00 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/17のツイートまとめ

yumiTmaria

@randyjackson8 Randy, I'm always on your family's side and a big hug from Japan.
09-17 09:53

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆告訴について―弟ランディ・ジャクソンのTwitter

Randy, I'm always on your family's side and a big hug from Japan! (^^)

マイケルのママがコンサート・プロモーターAEGを訴えた件について、弟ランディのTwitter まとめ:


This could not have been done without the support of the fans. Were all together in this.Thank you for your continued support and patience.
7:52 AM Sep 16th webから
今回の件(告訴)はファンの支援がなければできなかった。ファンはいつもいっしょにいてくれた。継続的な支援と忍耐をありがとう。


Please understand its not over, we have a long way to go. There is more to come. We are just getting started.
7:49 AM Sep 16th webから
これで終わりじゃない。まだ先が長い。まだいろいろなことが起こるだろう。まだ、始めたばかりだ。


What happened to my loving brother should NOT have happened. I really miss him.
7:46 AM Sep 16th webから
愛する兄貴の身に起こったことは、絶対起こるべきじゃなかったことだ。本当に彼がいなくて寂しい。


I am doing my best to keep that promise. On this day my family has filed a wrongful death lawsuit against AEG. I am proud of my family.
7:38 AM Sep 16th webから
あの約束を守るため、ぼくはベストを尽くしている。今日、ぼくの家族がAEGに対して不法死亡訴訟を起こした。ぼくは自分の家族を誇りに思う。


Last year I promised that I would not rest until the truth is exposed about what happened to my brothers passing. May he rest in peace.
7:35 AM Sep 16th webから
去年、亡き兄に起こったことの真実が明らかになるまで、ぼくは立ち止まらないと誓った。兄よ安らかに。


I know im quiet, I dont tweet much.
7:31 AM Sep 16th webから
最近、黙っていてあまりツイッターをしていない。


Today was a good day.
7:29 AM Sep 16th webから
今日は素晴らしい日だった。
09:38 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケルのウエスタン・アウトフィットの展示

LAにあるグリフィスパークのAutry Museumで、マイケル・ブッシュ&トンプキンスの協力のもとに、「マイケルがウエスタンをどんなふうに着こなしたか」という展示がありました。


解説によると、ウエスタンの衣装がマイケルのステージ衣装に大きな影響を与えていることに気づいている人は少ないだろう……と、なっています。

museumのポスター
autry_tompkins_bush_card.jpg

Featured items on display include:
マイケル・ブッシュとデニス・トンプキンスのプライベートコレクションから以下のものが展示されました:

* Cowboy outfit
* Western-style belt and buckle
* Steel cowboy boots
* Red bib-front shirt with black trim
* Designers Tompkins/Bush’s original sketch
* Black 501 Levi’s jeans
* Black fedora hat
* Aviator sunglasses
* Single white glove

たしかに、ベルトはそういえば……(@@)なるほど。この幅広ベルトはウエスタン・インスピレーションですか。

belt mj

belt mj 2

bad.jpg


展示されたマイケルの衣装の写真はこの博物館のホーム・ページで見れます:
http://theautry.org/special-installations/michael-jackson



下のビデオのときの青いウエスタン・シャツと黄色いウエスタン・パンツも展示されていますね。



02:56 | ◆カレン、ブッシュ&トンプキンス/ABCインタビュー【2010年】ほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケル・ブッシュ&トンプキンスのMJへのメッセージonAug.29

8月29日のマイケルのお誕生日(アメリカ時間)に、一日中Twitterをマイケルネタで独占しよう!というTajの呼びかけで、その日のNo.1は「マイケルへのメッセージ」で、No.2は「マイケル、お誕生日おめでとう」だったことは以前にも書きました。

あのとき、Tompkins Bush(マイケル・ブッシュさんとトンプキンスさん)の名前でふたりも参加していたのですね……世界中からマイケルに寄せられたメッセージを読んでいて、いまになって気づきました。

このふたりの言葉、もうメチャクチャ感動しました(><)

短いんだけど、マイケルって人の素晴らしさがすごく伝わってきます。
マイケルの無邪気なユーモアのセンス、そして仕事を通じてふたりをものすごい冒険の世界に連れていったマイケルというすごいボス!!!

まったく当然のことなんですが…マイケルはわたしたちファンはもちろん、たくさんの仕事仲間にも夢をいっぱい見させるパワーの持ち主だったことを再確認させられました。


ふたりのマイケルへのメッセージは:



#messagetomj Missing our friend… Thank you, Mike… for your laughter, your love & for bringing us along for the adventure of a lifetime…
8:04 AM Aug 30th webから


ぼくたちは君という友人を失って寂しいよ… ありがとう、マイク…きみの笑い声、きみの愛、ぼくたちに最高の冒険をさせてくれてありがとう…
02:14 | ◆カレン、ブッシュ&トンプキンス/ABCインタビュー【2010年】ほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆キャサリンママがAEGを告訴

水曜日、マイケルのママが息子の死の責任に関して、ツアー・プロモーターのAEGを訴えました。

AEGが、マイケルの体調不良にもかかわらずカムバックツアーのためのリハーサルを強行したことがマイケルの死につながったという訴えです。

去年のマイケルの死以来、いつかこんな日が来るかもしれないと漠然と思っていました……ファンとしてマイケル一家の闘いを応援したいと思います。。きっと厳しいものになるでしょうが。マイケルのために真実を解明したいというママや子供たちの気持ちは痛いほどわかります。


So keep the faith
Don't let nobody turn you 'round (信念を貫いて、誰にも意見を変えさせられちゃだめだよ)




詳しくはいま時間がないので、下にCNNの記事を貼っておきます:

Michael Jackson's mom sues tour promoter AEG Live over son's death

Los Angeles, California (CNN) -- Michael Jackson's mother filed a lawsuit Wednesday accusing AEG Live of causing her son's death by pushing him to rehearse for his comeback concerts despite poor health.

Katherine Jackson's suit, filed in Los Angeles Superior Court, claimed that the concert production company controlled Jackson's health because it hired and directed Dr. Conrad Murray.

Murray faces trial on an involuntary manslaughter charge for administering drugs to the pop star that the coroner ruled caused Jackson's death in June 25, 2009.

The suit claims that Murray was "selected by, hired by, and controlled by AEG," a worldwide concert promotion and production company.

Jackson signed a contract in January 2009 with AEG Live for a series of comeback concerts in London that would begin in July 2009.

"Indeed, AEG demanded and required that Michael Jackson be treated by this particular doctor to ensure that Michael Jackson would attend all rehearsals and shows on the tour," the suit said.

The lawsuit contends that the concert production company had a legal responsibility to "treat him safely and to not put him in harms' way."

"AEG, despite its knowledge of Michael Jackson's physical condition, breached those duties by putting its desire for massive profits from the tour over the health and safety of Michael Jackson," it said.

The company failed to provide Murray with cardiopulmonary resuscitation equipment and a nurse as was promised in his employment contract, the suit said.

The autopsy report on Jackson's death noted the lack of medical equipment in the Los Angeles home where Murray administered a powerful anesthetic to help Jackson sleep during several nights before his death.

The lawsuit outlines the last week of Jackson's life, which it said included a visit to his home by AEG CEO Randy Phillips on June 18, 2009. Phillips went there to meet with Jackson and Murray after the singer failed to show up for a rehearsal, it said.

"AEG threatened that if Jackson missed any further rehearsals, they were going to 'pull the plug' on the show," it said. "AEG told Murray that he had to make sure Jackson got to rehearsals."

"They said it was to be 'tough love' and that they had read Jackson the 'riot act,'" the suit said.

When Jackson finally showed up for the rehearsal at 9:30 p.m., "he was visibly shaken," it said. "Witnesses present at that rehearsal confirm that Michael Jackson was not himself that day."

Later that evening, Murray administered a "cocktail of Valium, Ativan, Versed and Propofol in order to get him to sleep," the lawsuit said.

"Jackson was freezing cold" at a rehearsal two days before his death, the suit said. "His assistants had to give him several shirts to wear under his long heavy coat."

Jackson's shivering and disorientation continued the last day before his death, it said.

"AEG was well aware of his condition but did not postpone any rehearsals, nor did AEG relent in its demands that Jackson continue to maintain the grueling rehearsal schedule," the suit said. "Rather than react reasonably and relax the rehearsal schedule so Michael Jackson could recuperate from his physical problems, AEG insisted that he attend every rehearsal in a grueling schedule, threatening that if he missed even one more, they would cancel the tour."

His mother's lawsuit described Jackson in his last months as "confused, easily frightened, unable to remember, obsessive, and disoriented."

"He had impaired memory, loss of appetite, dehydration, and absence of energy," it said. "He was cold and shivering during the summer rehearsals for this show."

The company "should have known that it was jeopardizing Jackson's health and safety by assuming control over the doctor-patient relationship between Jackson and Murray, and by directing and influencing Murray to act without regard to medical safety standards," it said.

Joe Jackson, the pop star's father, is not a direct party to the lawsuit. He filed a wrongful death lawsuit against Murray this summer.

CNN's Tony Harris contributed to this report.

17:10 | ◆マーレイ裁判【2011年~】 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆スタジオでのマイケル・Bruce Swedien インタビュー/State of Shock

このyoutubeは1993年にマイケルの音響エンジニアを務めたブルース・スウィーデンがマイケルの"The Way You Make Me Feel"の録音テープを講演で流しているところ。マイケルの声が素晴らしい! 声のあまりの躍動感にいまにもマイケルが画面に飛びだしてきそうな……うれしいような悲しいような。


下はブルース・スウィーデンの最近のインタビュー。マイケルについての本を出すみたいです。
レコーディング時にマイケルがいかに完璧に準備してきたかというくだりは、やっぱりマイケルのまじめぶり、努力家ぶりには目を見張るものがある。持って生まれたものももちろん凄いけど、努力が凄い。

彼の歌を聴いていると、魂がはいっているといつも思うのだけど、レコーディング自体、ほかの歌手とは全然様子が違う。


最後の、「マイケルはぼくに大金を稼がせてくれた」ってくだりは、スウィーデンさんの場合は嫌味でもなんでもなくマイケルへの感謝を込めた言葉だと思います。マイケルのまわりの人々の多くはマイケルと出会ったことでそれまで想像もしなかったような大金を得たわけで、それについては最初は感謝しているのだけど、だんだん当然になっていくのかもしれませんね。人間って恐い。(スウィーデンさんのことじゃないですよ)

クリエイティブな仕事をしてファンに喜んでもらって、たくさんお金を稼いで、愛するお母さんや子供たちにいい暮らしをさせて、世界中の子供たちのためにもいっぱい寄付をして……マイケルはそんなことを何よりも幸福だと思っていたようなのだけど、マイケルのまわりには彼をうまく利用してお金を稼ごうとするハイエナたちがいつもいっぱいだったのが残念ですね。。。

__________________________________________
http://bestofmichaeljackson.jclondon.com/2010/01/09/bruce-sweden-michael-jackson-never-coffee-alcohol-fussy-eater-health/

Mick Jagger didn’t hesitate when Michael Jackson told the Rolling Stones singer to warm up his vocal cords before recording their duet “State of Shock” in 1983.

1983年、"ステート・オブ・ショック"のデュエットをレコーディングする前のことだった。
マイケルがミック・ジャガーに声帯をウォーム・アップするようにと頼むと、ミックは迷わずそうした。


It was a classic recording session a year after “Thriller” had cemented Jackson’s reputation as the King of Pop, according to an Ocala resident who worked alongside Jackson for two decades.
それは、"スリラー"でマイケルの名声が絶対になった一年後の、いまやクラシックとなったレコーディング・セッションでのことだった。
思い出を語るのは、現在フロリダ州オカラに住む、マイケルと20年にわたって仕事をしたブルース・スウィーデンだ。


“Mick didn’t hesitate,” said Bruce Swedien, who recorded and mixed many Jackson albums, including “Off the Wall” and “Thriller” ? considered among the best all time.
「ミックは迷わずそうしたさ」ブルースは言う。彼は"オフ・ザ・ウォール"や"スリラー"など多くのマイケルのアルバムのレコーディングとミキシングをした。


“By then, everyone knew how good Michael was,” he continued. “If Michael Jackson says warm up, you warm up ? even if you are Mick Jagger.”
「もう当時は、みんなどんなにマイケルが凄いがわかっていたからね。もしマイケルがウォーム・アップと言えば、ミック・ジャガーでも従ったのさ」


Swedien, 75, lives quietly at his Ocala horse farm and still records albums for young local talent in his elaborate studio.
スウィーデンは現在75歳で、フロリダ州オカラの牧場で静かに暮らしているが、いまも自分の精密なスタジオで地元の若い才能ある人々のためにアルバムを録音している。


Swedien, who has worked with many legends, from Paul McCartney to Duke Ellington, talked about the short life of Jackson, who at age 50.
彼はポール・マッカートニーからデューク・エリントンまで、たくさんの伝説的アーティストと仕事をした。その彼がマイケルの50年の短い生涯について語った。


The sound engineer even shares songwriting credit with Jackson on the song “Jam,” a No. 3 hit on the R&B charts in 1992.
音響技師である彼は、1992年にR&BチャートでNo.3ヒットになった"Jam"の著作権をマイケルと共有もしている。


Swedien said he normally records a singer about a dozen times before getting enough to mix together a perfect vocal track for an album.
スウィーデンによると、一般的に彼は歌手を十回前後はレコーディングして、やっとどうにかアルバム用の完璧なボーカル・トラックにミキシングする。


With Jackson, it only took two to four takes. And one of those takes would be perfect on its own. But hours of preparation preceded recording.
ところが、マイケルの場合はたった2回か多くても4回だった。そのうちの1回は、それだけで完璧だった。しかし、何時間にも及ぶ準備がレコーディングに先行した。


They would change lyrics, tempo and pitch, working for days and hours on getting the song just right before track. finalizing the wedien said Thriller was recorded and completed in six months.
ふたりは歌詞やテンポやピッチを変えたりして、何日・何時間と楽曲をぴったりふさわしいものに仕上げてから、トラックを完成させた。彼によると、"スリラー"録音・完成に6カ月を要した。


He credits music proQuincy Jones for creating the sound of Michael Jackson.
彼は音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズがマイケル・ジャクソン・サウンドを創造した功績を認めている。



“‘Off the Wall’ and ‘Thriller’ showed Quincy’s kaleidoscopic approach,” said Swedien, who described Jones as a musical genius.

「"オフ・ザ・オール"と"スリラー"では、クインシーの万華鏡のようなアプローチが披露された」として、スウィーデンはクインシーを音楽の天才と表現した。


However, it was Jackson’s talent and drive for perfection that kept the singer practicing all night before a recording.
しかし、マイケルをレコーディング前に一晩中練習させたのは、ほかでもないマイケル自身の才能と完璧への強い意欲だった。


That’s why a typical recording session started late.
それゆえに、典型的なレコーディング・セッションは夜遅くスタートした。


“We were up at the crack of noon,” Swedien said, adding that Jackson never started singing until after he warmed up voice thoroughly for a typical 10-hour day.
「わたしたちは、翌日の昼ごろまで起きつづけていた」また、彼によると、マイケルは普通10時間くらいかけて声を徹底的にウォーム・アップしてそのあと、初めて歌いはじめたという。


Swedien called Jackson a perfect gentleman and “consummate professional” throughout all the meetings.
いつ会ってもマイケルは完璧な紳士で"熟練したプロフェッショナル"だったという。


“He never drank coffee,” Swedien remembered. “He never drank alcohol. He was a fussy eater. I guess he was what you would call a health nut.”
「マイケルは決してコーヒーを飲まなかった。酒も決して飲まなかった。食べ物の好みがうるさかった。いわゆる健康オタクだったと思うよ」


While some may remember Michael Jackson for his well-publicized idiosyncrasies, Swedien will remember him as one of the best prepared artists he ever worked with.
マイケルのことをマスコミで頻繁に報道された奇行とともに思い出す人もいるだろうが、スウィーデンは自分が仕事をしたなかで最も準備をしていたアーティストのひとりとしてマイケルを思い出すだろう。


And Swedien should know. He’s recorded many of the greats, including Jagger, McCartney, Muddy Waters, Barbara Streisand and Lena Horne.
ミック・ジャガーやマッカートニー、マッディ・ウォーターズ、バーバラ・ストライサンド、リナ・ホーンなど多くの偉大な人々のレコーディングをしてきたので、彼にはそのことがよくわかる。


“He never came in half-stepping,” Swedien said. “Michael was always prepared. I never recorded Michael when he had the lyrics in front of him.”
「マイケルは不完全な状態では絶対に現れなかった。いつでも、きちんと準備していた。マイケルがレコーディン中に、歌詞を前に置いているのを見たことがない」


Swedien said that Jackson’s dedication to his craft was unique. During album recordings, which would sometimes last more than six months, Jackson rarely rested.
スウィーデンは、マイケルの仕事への献身ぶりは類を見ないものだと語った。アルバムのレコーディング中、6カ月以上に及ぶこともあったのに、マイケルはめったに休養を取らなかった。


“He would work on the lyrics all of the time,” said Swedien, whose book “In the Studio with Michael Jackson” is expected to be released in September.
「マイケルはいつでも歌詞に取り組んでいた」スウィーデンの本、『スタジオでマイケル・ジャクソンと』は9月に出版予定だ。


Swedien said his respect for Jackson makes him reluctant to talk about a financial dispute he had with the star. In 2007, Swedien claimed Jackson owed him $500,000 in royalties.
マイケルを尊敬しているので、マイケルとの間にあったお金の問題についてはあまりしゃべる気がしないと彼は言う。2007年、彼はマイケルに著作権料50万ドルを請求した。


“I love Michael Jackson,” Swedien said when asked about the controversy. “He made me a ton of money.”
「わたしはマイケルが大好きだ」先のお金の問題について聞かれて、彼は言った。「マイケルはものすごい大金をわたしに稼がせてくれたよ」


Article Source: http://www.gainesville.com
http://www.gainesville.com/article/20090627/articles/906271005?Title=Ocala-sound-engineer-saw-Jackson-at-his-best&tc=ar


_____________

ついでに、上のスウィーデンのお話に出てくるミックとの"State of Shock"
当時はじめて聞いたときは、マイケルがあまりにかっこよくロックをシャウトしていてセクシーでびっくり。。。この色っぽいボーカルはわたしがそれまで持っていたマイケルの健康的なイメージを鮮やかに打ち砕いてくれたのです!
(ミックよりフレディの方がよかったかな)




02:56 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

09/15のツイートまとめ

yumiTmaria

@aloha_mau 練乳っておいしいねーーー(^,^)
09-15 17:01

00:00 | そのほか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

懐かしの『グラン・ブルー』

80年代後半にアメリカで学生だったときに見て、夢中になった映画『グラン・ブルー』。監督はリュック・ベッソンです。

知らなかったけど、アメリカ公開版とフランス公開版ではなんと音楽もエンディングも違うそうですね。
わたしが見たのはもちろんアメリカ公開版。

伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨールとそのライバルのダイバーの友情や恋を描いていますが、この天才ダイバーの性格設定がわたし的にはツボでしたw 早い話がマイケルみたいに天才の孤独を抱えていて、子供のような無邪気さがあり、女性から愛されてもなかなか心を開かないという……ほっとけない男なんです。(あくまで、わたし的にですがw) 

今年の夏には知らないうちにデジタル完全版(?)もできたらしい。現在、近所の映画館で上映中。もう一度見ようかな。
でも、いま見たらあのころのように感動するか不明。それが、ちょっと怖い気もする。






15:41 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆MJ & マイケル・ブッシュさんの写真追加

こちらは、インクロ撮影中のショット。
メイクのカレンとスタイリストのマイケル・ブッシュはいつもチームですね。(+デザイナーのトンプキンス)

karenfaye_michaelbush_inthecloset_100624_ssv.jpg

This is it 用に準備されていたデザイン画。(2009年7月にPeople誌に出たもの)

michael bush -jackson-500x375

ブッシュ&トンプキンスのホームページにあるふたりの工房風景。これを見てるだけでワクワクします。ここで、マイケルの数々の魅力的なステージ衣装が生まれたのですね。(左奥がトンプキンス、右前がマイケル・ブッシュ)トルソーが着ているのは、ファンにとってはあまりにも印象的な裁判時の服。。。
トルソーはマイケルの体型? 細いけどがっちりしていると多くの人が言ってますね。
michael bush dennis tompkins costume_wideweb__430x322









01:48 | ◆カレン、ブッシュ&トンプキンス/ABCインタビュー【2010年】ほか | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆出会ったころのMJ &マイケル・ブッシュの写真

Michael Jackson thanks Michael Bush for doing his wardrobe for "Captain EO." This was the first time the pair worked together. (Photo licensed from Michael Bush)
スタイリストのマイケル・ブッシュは、キャプテンEO(1986年~)の仕事で初めてマイケルを担当。その後、最後の時まで25年間その友情は続きました。 ところで、マイケルがブッシュさんに書いた文字がはっきり読めないのですが、特に数字は何の意味なのかどなたかおわかりになりますか?

To Michael, I needed your help
Michael Jackson

Thanx
'998 ??? 1998 ???


michaelbush_captaineo_100624_ssh.jpg


Stylist Michael Bush backstage with Michael Jackson during the Bad Tour in Japan. (Photo licensed from Michael Bush)
バドツアー日本でのバックステージ風景。
michaelbush_japan1987_100624_ssh.jpg
16:05 | ◆カレン、ブッシュ&トンプキンス/ABCインタビュー【2010年】ほか | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。