スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マイケル・ジャクソン 最後のリハーサル写真

ケニー・オルテガが彼のホームページで
死の前夜24日にLAステイプルで行われたマイケルのリハーサル写真を公開しました。
オルテガはマイケルのロンドンコンサートThis Is It の演出家です。

ロンドンコンサート、ほんとうに見たかったです。

Michael

Say goodbye is never never never easy

I will always remember you and love you

Thank you thank you thank you thank you .....

Yumi

アメリカに行く知人にことづけました。

りは

レア

レア5






スポンサーサイト
09:58 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

taichiくんがマイケルに贈った日記

マイケルには、若いファンもすごく多いんですよ。
わたしがロンドン・コンサートにいっしょに行く予定だったメンバーも、40代がわたしともうひとり、30代がひとり、そして最年少は20歳の女子大生っていう構成でした。その女子大生のかたと土曜日にお会いしたのですけど、とっても純粋で清潔感のある女の子でした。

taichiくんという大学生の男の子が書いた日記がすごくわたしの気持ちに近いところがあったので、またまた許可をいただいてアップします。taichiくんは音楽にすごく詳しい人で、音楽関係のホームページをいくつか立ち上げています。

彼の日記で、マイケルに様々な面で影響を受けてきた、というところがあります。わたしも実はマイケルが好きで英語が好きになりました。小学生のときでした。だから、中学生になって、英語だけは何も言われなくても勉強していました。


********************* by taichi

悼集会、ほんの少しだけ参加しました。
場所が分からず迷ってしまいましたが、思い出の場所にも行けました。
最初で最後になってしまいましたが、3年前にマイケルの出待ちをした代々木体育館の門。ほんの数秒の事でしたが、笑顔で手を振っていた(たしか)マイケルを覚えています。オーラが凄かったな~。

今日は先ほど家に帰ってきて久々にレコードでOff The Wallを聴きました。
そして、ケニー・オルテガ氏の発表をみて少しほっとしました。
前日は普段どおりステージに立っていたという事、そして彼は希望に満ちていたという事。

まだ2日しか経ってませんが、だいぶ現実を受け入れてきています。
youtubeの動画のコメント欄に世界中(本当に様々な国)からRest In Peaceという言葉が書き込まれているのをみて、改めてスーパースターなんだなと実感しています。

とは言っても、もちろん、残念という気持ちは止むことはありません。
最近伝えられてくるエンターテイナーとしてのマイケルは嬉しさに満ちていたと思います。完成形を永久に見る事が出来ない事がとても悲しいし、なにより、マイケル自身が今すごく悔しい気持ちでいると思います。彼の気持ちを考えると心が痛いです。
まだ彼を見ていたかった。。。
ジャクソンファミリー、特に彼の子供達の事が本当に心配です。。

巷では「マイケルの死の原因」、「整形の話」、「借金の問題」などパーソナルな面にもまた焦点が当てられています。しかし、彼が亡き今、真実を語る事が出来るのは彼の残した作品だけだと思います。
僕は、彼が残した作品を大切に聴きそして見続けたいと思います。

マイケルは僕に様々な面で影響を与えてくれましたし、世界の人々に影響を与えてきました。

音楽を聴くきっかけになった人もいるでしょう。
国際関係について学ぶきっかけになった人もいるでしょう。
メディアリテラシーを学ぶきっかけになった人もいると思います。

他の人に影響を与える、しかも世界中の人々に。
とんでもない影響力!ですよね。

少し僕自身の話をすると、僕は大学4年生で、人生において重要な岐路に立っています。
今は「来年、自分が納得しているように最大限の努力を払おう」と決意しています。

最後に。
from the bottom of my heart thank you so much Mr. Michael Joseph Jackson. Rest In Peace.

***********************

taichiくんからの伝言。
「マイケルがいなくなったという現実をまだ受け入れられないファンもいるので、これはあくまで僕の意見です」

10:13 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マデリーンさんがマイケルに贈った日記

わたしはマイケル・ジャクソンのファンが集まるSNSのメンバーです。
そのSNSで親しくさせていただいている女性(HN マデリーンさん)の日記にとても感銘を受けたので、許可をいただいてここに貼らせていただきます。

「マイケルのような美しい心の人をどうして守れなかったのだろう」という悔しい思いがわたしの中にずっとくすぶっているので、この日記を読んでいてまた思わず泣いてしまいました。マデリーンさん、どうもありがとうございます。

*******************

100年後の私に   by マデリーン
  
悲しみにとらわれないために 自分は100年後にいると思ってみました
その頃 どんなシステムになっているかわからないけれど 図書館で100年前の著名人の伝記を読んでいる私です 
そこでマイケルジャクソンと出会います
どんなふうに彼が生きたか どんな芸術作品を残したのか 苦しみも悲しみも歓びも 時のふるいにかけられて大雑把にしかわからなくなっているけれど 100年後の少女の私は この人の美しい笑顔に焦がれて文献を探します 作品と出会いその美しい歌声に心揺さぶられます 
100年前の人類は なんて残酷で愚かで野蛮なのだろう こんなに素晴らしい人物を守りきれなかったなんて と 憤慨します 
私が100年前に生きていたら ジャクソンをこんな目には合わせなかった そう思うでしょう  夢見がちの少女はすっかり彼の虜になるでしょう

家族のようだった 
困って口ごもる甘い声
歌声もダンスも 天使のようだった 彼は特別だった その文献は本当のことを語り尽くしてはいない 
私は こうして 同じ時代を生きて ちゃんと見てきたんだから知っている
一緒に苦しんだのだから   どんなにか彼を守りたかったか  それなのに彼は私たちに与えるばかりの人生だった

100年後の少女の私へ その立派な文献のどんな言葉も彼を語りきれていないよ 

抱きしめて育てた息子のように 愛していた
世界中の人々がそうだったんだよ


06:33 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

死の前夜のマイケル

昨晩、大阪でファン主催の会に参加してきました。
マイケルを偲ぶ……というか自由にファン同志が親睦を図るものでした。
何度もライブを経験なさっている方の思い出話を聞いたり、2007年の39パーティーでの来日時のマイケルの可愛い様子を教えていただいたり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
抱き合って別れた○○さん、ハグしてもらったら、心が強くなれました。
どうもありがとうございました!

マイケルって可愛いい人だったなぁ……それがわたしにとってすごく大きかったことに、今日ふと気づきました。もちろん、ダンスや歌の才能は誰しも知るところですが。

可愛くてひたむきでいつも誠実であろうとした、そんなマイケル・ジャクソンという人間にずっと魅了されてきたのだとつくづく思いました。

マイケルが6月25日の木曜日(現地時間)の昼に心肺停止で死んだことはいまも辛い事実です……でも、L.A. Times やTwitterでオルテガや共演者たちが死の前日のマイケルの幸せそうで充実した様子を語ってくれたのを読み、少し心が落ち着きました。

マイケルは最後の最後まで、optimistic(前向き)だったんだと知り、彼の強さにまた惚れ直してしまいました(涙)


*******************
Jackson's backers envisioned the London appearances as an audition of sorts for a reboot that would go on to include a world tour, movies, a Graceland-like museum, new music and revues in Macau and Las Vegas.

マイケルを後援している人々は、ロンドンのショーを再スタートへのテストのように考えていました。うまく行けば、ワールドツアー、映画、(エルビスの)グレースランドのような博物館、マカオやラスベガスでの新しい音楽やレビューといったものにまで展開していたかもしれません。


Those close to Jackson have said he had been working diligently to get in shape for his comeback. A year ago, he was gaunt and used a wheelchair, but recently he'd been exercising with a trainer in addition to daylong rehearsals with dancers half his age.

マイケルに近い人々によれば、マイケルはカムバックに備えて体を鍛えようと、熱心に動いていたそうです。1年前にはやつれて車いすを使用していましたが、最近では自分の半分の年齢のダンサーたちと1日中リハーサルをし、トレイナーについてエクササイズもしていました。


Kenny Ortega, the force behind "High School Musical" and "Dirty Dancing," was brought on as the concerts' director. Jackson was consumed with the project, Ortega said, personally approving every costume and every bit of choreography. Jackson was also thrilled by the notion of keeping the details of the tour secret.

『ハィスクルール・ミュージカル』や『ダーティー・ダンシング』の中心人物ケニー・オルテガが、このコンサートのディレクターに招かれました。マイケルはこの企画に夢中でした。オルテガによると、マイケルは自分自身で一つ一つの衣装、どんな小さな振り付けも、チェックしていたそうです。マイケルはまた、ツアーの詳細を秘密にするという考えに、ワクワクしていました。

"He was so in love with this project," Ortega said. "When I looked into his eyes, they looked great. . . . Michael was sincerely happy."

「マイケルは、この企画にそれはもう夢中でしたよ。彼の目をのぞくと、その輝きは素晴らしかったから……マイケルは心から幸せそうでしたよ」と、オルテガは語っています。

Rehearsals were to wrap up early next week. Ortega was leading one of the final rehearsals Thursday afternoon when he received a phone call confirming Jackson's death, which he then revealed to the tour performers.

リハーサルは来週の前半には(6月末)、終了することになっていました。25日木曜の午後、マイケルの死を正式に伝える電話を受けとったとき、オルテガは最終リハーサルの一つを指導していました。オルテガがツアーのパフォーマーたちにマイケルの死を明かすと、みんなガックリとひざを落しました。

"People fell to their knees," he said.


Michael Jackson spent his final night alive in his favorite spot on Earth: the stage.

マイケルは最後の夜を地球上で一番愛している場所――ステージで過ごしました。

At Staples Center Wednesday night, the performer did a full run-through of his planned comeback concert. He and his company -- dancers, musicians, singers, aerial performers, choreographers and costumers -- planned to fly to England early next week for final dress rehearsals at London's O2 Arena, the site of the pop superstar's 50-night sold-out run.

死の前夜、24日水曜日の夜、ステイプルセンターでマイケルはカムバックコンサートの全体を通したリハーサルをしました。(注:約3時間)マイケルと仲間たち……ダンサー、ミュージシャン、シンガー、空中パフォーマー、振り付け師、衣装担当者は、来週前半にはO2アリーナでの最終的な衣装を付けたリハーサルのためにイギリスへ出発する予定でした。O2では、50回のショーが完売していました。


By lunchtime Thursday, Jackson was in cardiac arrest. But in Staples Center's spotlight, he was in high spirits and totally engaged, according to a number of his collaborators. Energetic, optimistic and focused, Jackson gave no indication of what was to come, they said. The show's director, Kenny Ortega -- a journeyman choreographer and movie director whose career highlights include "High School Musical," the "Hannah Montana/Miley Cyrus: Best of Both Worlds Concert Tour" and "Dirty Dancing" -- began work with Jackson on the intricate staging four months ago. On Thursday, Ortega recalled Jackson as bursting with enthusiasm and personally invested in the production's most minute details.


木曜日の昼食までに、マイケルは心肺停止になりました。しかし、前日のステイプルセンターの舞台では、多くの仕事仲間たちによると、マイケルは元気いっぱいで100%リハーサルに打ち込んでいました。力強く、前向きで、集中していました。マイケルには、翌日の出来事を予測させるものは何もなかったと仲間たちは言っています。演出家のケニー・オルテガ(『ハイスクールミュージカル』『ハンナ・モンタナ』マイリー・サイラス:ベスト・オブ・ボス・ワールズ・コンサート・ツアー、『ダーティー・ダンシング』)は、4ヵ月前にマイケルと共にこの複雑なステージに着手しました。木曜日、オルテガが覚えているのは、あふれんばかりの熱意を持って、自分で本当に細かい点にまで心血を注いでいたマイケルです。

(L.A.Timesの記事より抜粋)

****************

マイケルの最後のリハーサルを見たいです。

As we close our eyes on this sad day, DREAM, BELIEVE, THIS IS NOT IT. In time, we will celebrate and honor his vision with you all.
約8時間前 webで


この悲しい日にまぶたを閉じるとき、夢を見て、信じてください。
これは終わりではありません。
いつかは、きっとマイケルのビジョンをみんなで称賛し讃えることでしょう。
(Twitterのオルテガの言葉)

20090512MJRehearsals.jpg

12:10 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Man in the mirror

マイケル・ジャクソンは6月25日14時26分(現地時間)、ロサンゼルスで逝去しました。50歳でした。
キング・オブ・ポップの早すぎる死を心より痛み、彼の思い描いた平和な世界が一日も早く実現されることを祈りたいと思います。

05:05 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆Michael, you rock my world

03:20 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MJ Rocked this world like no other!

Kenny Ortega Twitter

TwitterにアップされたThis Is It ロンドン・コンサートのプロデューサー、ケニー・オルテガよりマイケルへの追悼コメントです。

最も悲しい日におやすみ。
This Is It チームといっしょにマイケルの子供たちと家族のために祈ってください。
MJはだれよりもこの世界を感動させてくれました。


Good night to the saddest day. Please join the TII Team in prayer for Michael's Children and Family. MJ Rocked this world like no other! <3
約8時間前 webで
01:07 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マイケルが死んじゃうなんて信じられない

マイケルがこんなに簡単に死んじゃうなんて
とても信じられない

尋常性白斑という難病(皮膚が白くなる病気)や理不尽な裁判からも力強く復活してくれたのに

ファンとして、マイケルにはもう一度ステージでスポットライトを浴びてほしかった

ロンドンではそうなるはずだったのに

三人の子どもたちもまだ小さいのに

マイケル自身、どんなに悔しくて悲しいだろう

とにかくショックで信じられないし、信じたくない



11:49 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マイケルのJackson5メドレー

わたしのマイケル・ジャクソン好きは小学生のとき聴いたJackson5からですから、かれこれ40年近い。 はぁーーーほとんど全人生みたいな感じの長さですw

マイケルのコンサートではJackson5メドレーはお約束です。マイケルにとって、とても大切な部分のはず。今年のThis Is It コンサートでも少しはやるのかなぁ? みんなの聴きたい曲をやるとマイケルは言っていたけど、なんせヒット曲が多いからどうなることやら。(一応マイケルがやったアンケートには出したけど、めちゃめちゃ悩みました)

わたしの人生の1曲は"I'LL Be There"!! ロンドンで見れたらいいな。


00:28 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケルとキャロルの "Just Friends"

マイケル・ジャクソンがキャロル・ベイヤー・セイガーの歌"Just Friends"に参加しています。
お友達に教えてもらいましたが、とてもいい曲です! 未発表曲なので録音はあまりよくないですが、ふたりの声が素敵に溶け合って魅力的なデュエット曲に仕上がっています♪ ほんと、未発表だなんてもったいないです!

マイケルはキャリアも長く常に歌を作っている人なので未発表曲が山のようにあるのですが、ファンとしては、いつか整理して全部発表してほしいものです☆




キャロルといえば、カーリー・サイモンに作った"Nobody Does It Better"も大好きでした。

Just Friends
Performed by Carole Bayer Sager featuring Michael Jackson

You and me
We've traded hearts
I guess that's how
It always starts out
And then I guess it always ends

Look at us
(now)
Sayin'
I don't think that you and me
Can just be friends
Maybe this is how the whole thing
Has to just end

And if we could
Have loved enough
(la la dee, la la dee dah dah, la la dah, la la dah, la la dah, la...)
We would have handled
When it got rough
But one of us let go too soon

So here we are
(here we are)
Now sayin'
I don't think that you and me
Can just be friends
Maybe this is how the whole thing
Has to just end

I wish you'd understand...

It's funny how
When love has gone
There's only one left holdin' on
When someone's always hurtin' more
Still lonely for the other

Sayin'
I don't think that you and me
Can just be friends
(hmm...)
I don't ever wanna feel so much again
Feel again...
Unless it's you..
You... again

(la la dee, la la dee dah dah, la la dah, la la dah, la la dah, la...)
I guess that's how it always starts out
And then I guess
It always ends

Look at us
(look at us)
(now)
Now sayin'
I don't think that you and me
Can just be friends
(hmm...)
Maybe this is how the whole thing
Has to just end?

La la dee, la la dee dah dah, la la dah, la la dah, la la dah, la...
02:22 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Life is cool



バックに大好きなパッヘルベルのカノンが流れている~♪

Sweetbox の歌詞も癒されます。

毎朝聴きたくなる歌ですね (^^)
お疲れモードのかた、一度聴いてみてください。

I never really try to be positive
I’m too damn busy being negative
So focused on what i get
And never understand what it means to live
You know we all love to just complain
But maybe we should try to rearrange
There’s always someone
Who’s got it worse than you

(chorus)
My life is so cool
My life is so cool
From a different point of view

(verse 2)
We’re all so busy tryin’to get ahead
Got a pillow of fear when we go to bed
We’re never satisfied
The grass is greener on the other side
We're so distracted with the jealousy
Forget it’s in our hands to stop the agony
Will you ever be content
On your side of the fence?

(verse 3)
Maybe you’re the guy who needs a second chance
Maybe you’re the girl who’s never asked to dance
Maybe you’re lonely soul
A single mother scared and all alone
Gotta remember we live what we choose
It’s not what you say it’s what you do
And the life you want
Is the life you have to make
13:58 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

I will always love you

思い出の歌なので、いつか歌詞をうまく和訳してみたいです。


I Always Love You by Whitney Houston

If I should stay.....
I would only be in your way
So, I'll go but I know
I'll think of you
Each step of the way....
And I... will always love you....
And I will always love you
Bittersweet memories,
That is all I am taking with me
So goodbye, please don't you cry
'Cause we both know I'm not what you need
And I... will always love you....
And I will always love you
I hope life treats you kind
And I hope you have all you've dreamed of
And I wish you joy and happiness
But above all, I wish you love....
And I... will always love you....
And I will always love you
And I will always love you




13:44 | ◇My Favorite音楽、映画、アート、写真 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆あと2ヵ月でロンドン

20070211233613.jpg

友人たちとのロンドン旅行(7/29~8/4)までに、とうとう2ヵ月を切りました。

仕事や翻訳の勉強や家族のことなど、それまでに手を打っておくことが山ほどあります!!!
もちろん、旅行の準備そのものもあり。
でも、こんなふうに旅行できるのは幸せです。家族の協力が大きいですね。

今日から使用させていただいているロンドンのカムデン・ロックのテンプレート(上のイラスト)は、ジャックさんというかたのものです。ブログも持ってらして、イラストは自由に使ってくださいとのことなので、楽しませていただきます!! 
http://selfmap.blog75.fc2.com/


このテンプレートのイラストに描かれているロンドンの北に位置するカムデン(地下鉄Northern Line "Camden"駅下車)は昔からロックやパンクなど音楽と市場で有名な街だそうですね。この界隈は市場、ライブ・ハウス、パブ、バー、レストラン、さまざまなショップがひしめき合い、とても活気がある場所らしいです。また、カムデン・ロックと言うからには、lock(水門)があるそうです。カムデン運河の水門のあるところがカムデンロックで、運河を進むボートはローボートと呼ばれる細長い船。昔は物資を運んでいましたが、今は旅をする船あるいはレストランの船などになりました。水門は船を操る人が一人で操作します。2つの水門の開閉によって電気がなくても水を調整できるのだそうです。
UK Strollers

ジャックさんの絵はノスタルジックな温かさがいっぱいです。

lb1.jpg
14:59 | ◆This Is It 【2009年~】 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。