スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆Hold My Hand

11月19日には、エイコンのニューアルバム"Freedom"が出ます。
絶対、買いま~す。
このアルバムには、マイケルといっしょに歌う"Hold My Hand"が収録されています。
とても美しいラブソングです。
わたしはエイコンの土の香りのするボーカルが大好き。
マイケルもエイコンのなかにあるアフリカが好きなのでは?

この曲でも、ふたりのボーカルは息がぴったり合っていて最高の出来です。

歌詞を訳してみました。5月にもやっていたけど、ちょこっと直してみたりして。
お遊びなので、著作権問題など、お許しを。。。(誰に言っているのか不明)

マイケルのラブソング、"The Lady In My Life" も "Break Of Dawn" も この "Hold My Hand"も(一応、エイコンの歌だけど…汗)、 いつも夜明けの雰囲気なんですよね♪

dawn












Hold My Hand

This life dont last forever(hold my hand)
so tell me what we'r waitin for(hold my hand)
better off bein together(hold my hand)
bein miserable alone(hold my hand)


この人生は永遠じゃない(ぼくの手を握って)
いったい何を待っているんだい(ぼくの手を握って)
二人のほうが幸せだよ(ぼくの手を握って)
一人じゃ悲しいよ(ぼくの手を握って)

cuz i been there before an you been there before but together we can be alright
cuz when it gets dark and when it gets cold we hold eachother till we see the sunlight


二人は同じような苦しみを経験をしたけど、いっしょなら大丈夫さ
暗く寒くなったら、太陽が昇るまで抱き合っていよう

so if you just hold my hand,baby i promise that ill do all i can
things'll get better if you just hold my hand
nothin can come between us if you just hold my hand


ぼくの手を握ってくれたら、できることは何でもすると約束するよ
ぼくの手を握ってくれたら、きっとうまくいくさ
ぼくの手を握ってくれたら、何もぼくたちを邪魔できないさ

The nights are gettin darker(hold my hand)
& there's no peace inside(hold my hand)
so why make our lifes harder(hold my hand)
by fighting love tonight


暗くなってきた(ぼくの手を握って)
心が落ち着かないんだ(ぼくの手を握って)
二人の人生を穏やかなものにしようよ(ぼくの手を握って)今夜は愛に身をまかせよう

cuz i been there and you been there before but together we can be
alright
cuz when it gets dark and when it gets cold we hold eachother till we see the sunlight

so if you just hold my hand,baby i promise that ill do all i can
things'll get better if you just hold my hand
nothin can come between us if you just hold my hand

(x2)
i can tell that your tired of bein lonley
take my hand dont let go baby hold me
talk to me an let me be your one and only
cuz i can make it alright till the mornin


ぼくにはわかるよ、きみが一人に疲れているのが
ぼくの手をとって放さないで、ほら、ぼくにつかまって
ぼくに声をかけて、きみのかけがえない人にして
朝までに、すべて解決するから

(x2)
hold my hand,baby i promise that ill do all i can
things'll get better if you just hold my hand
nothin can come between us if you just hold my hand
スポンサーサイト
23:27 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆The Lady In My Life

ちょっといい気分なので、昨晩ブログのテンプレートと音楽(imeem)を変えてみました。

父が原因不明のきつい貧血で体調をくずしているのですが、昨日だいぶ気分がよかったみたいで、久しぶりに母を連れて車で食事のお買い物に出かけていました。父はなによりドライブが大好きな人なので、それを聞いてとてもうれしかったです☆
このまま、完治してくれたらいいなぁ。。

テンプレートは前の「昼間の水色の空に月」が大好きです。
写真もいいし、機能的にもわたしには使い勝手が最高なんです。
英文を打ち込んでも、きれいに自動改行してくれるし。(これをしないテンプレートが意外と多くて半分くらいあります)

ちょっと秋らしいかなぁと思って、茶系の英字新聞のテンプレートに変えてみました。

音楽は大好きなMJの "The Lady In My Life" …… "Break Of Dawn"とかこれは、MJにはめずらしい甘い甘いラブソング。
最近、この『スリラー』アルバム version からカットされていた部分もそのままのfull version を聞きました。でも、imeemには流れていないので、おなじみのをアップ。
でも、何度聞いても、このMJのボーカルにはうっとりです。
christmas light
*****************************

"The Lady In My Life"

[1st Verse]
There'll Be No Darkness Tonight
Lady Our Love Will Shine
Just Put Your Trust In My Heart
And Meet Me In Paradise, Girl
You're Every Wonder In This World To Me
A Treasure Time Won't Steal Away

[Chorus]
So Listen To My Heart
Lay Your Body Close To Mine
Let Me Fill You With My Dreams
I Can Make You Feel Alright
And Baby Through The Years
Gonna Love You More Each Day
So I Promise You Tonight
That You'll Always Be The Lady In My Life

[Bridge]
Lay Back In My Tenderness
Let's Make This A Night We Won't Forget
Girl, I Need Your Sweet Caress
Reach Out To A Fantasy
Two Hearts In The Beat Of Ecstasy
Come To Me, Girl

[Chorus]
And I Will Keep You Warm
Through The Shadows Of The Night
Let Me Touch You With My Love
I Can Make You Feel So Right
And Baby Through The Years
Even When We're Old And Gray
I Will Love You More Each Day
'Cause You Will Always Be The Lady In My Life

Stay With Me
I Want You To Stay With Me...
01:07 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MJの美しさが最高の報復! by ジョーンズ

検察側の完全なでっち上げだったマイケル・ジャクソン裁判。
それが世界中からあれほど注目されたのは、無責任で公平性が欠如したアメリカ・メディアの大報道合戦によるところが大きかったのはまちがいありません。
イラク戦争が霞むほどのアメリカ・メディアのマイケル・ジャクソン裁判への加熱ぶりには、やはり裏があったのでしょうか。。。アメリカ・メディア&反フセイン・反アラブのイラク戦争容認&反マイケル・ジャクソンはワンセットの臭いがしますが、ここでは深追いはやめておきます。

2007年に裁判を客観的に記録した"Michael Jackson Conspiracy"を出版した犯罪ノンフィクション作家・アフロディーテ・ジョーンズさん。
去年のブログでの下の言葉は、かっこよかったです!!(以前、Kさんとお話しましたね!)
言葉のなかの「あの人たち/they」とは、裁判中に反マイケルの急先鋒としてウソ情報をばらまいたジャーナリスト2名のことです。

*************************************
Wednesday, November 14, 2007

I have the new copy of EBONY and Michael looks better than ever.
What do they say?
Looking good is the best revenge! MJ is a winner -- a man of God.

No one can stop his genius!

AJ


『エボニー』誌の新しい号がここにありますが、マイケルは以前よりずっとステキに見えます。あの人たちはなんて言うでしょうね? 美しさが最高の報復です! MJが勝ったのです……マイケルは預言者です。

だれもマイケルの才能を止めることはできません。

アフロディーテ・ジョーンズ

**********************

・copy (雑誌なとの)部、冊、枚
・better than evever いままでより良く
・what do they say ? →what do you say? あなたのご意見は? どう思いますか?
・man of God 聖人、預言者

・true crime author 犯罪ノンフィクション作家

Crime writer
A crime writer is an author of crime fiction. Crime writers are often, but not exclusively,
authors of detective fiction, which may form part or all of their work.

A true-crime author writes about a real crime.   〔Source: Wiki〕

****************************************************
Mach 21, 2008 from MJStar (ジョーンズ☆インタビュー)

Aphrodite Jones finds trouble wherever she goes. Her first book saw her take on the FBI and her most famous work resulted in a legal battle with Fox. Her latest offering sees her take on her biggest nemesis yet; the media. Charles Thomson catches up with a journalist unafraid to speak up for what she believes in…


“Ever since I was about eight years old I spent a lot of time alone in my room writing,” says Aphrodite Jones. “I was punished all the time. My mother was extremely eccentric and punished me for the silliest things, like hanging a coat on the wrong hook. I spent a lot of time locked away in my room. With nothing else to do, writing became a natural outlet for me. I guess it was inevitable that I would eventually find some way of getting paid for it.”

Like much of her life, Aphrodite Jones’s childhood sounds extraordinary. Routinely punished by her ailing mother, who suffered for many years from heart disease, she was locked in her room for hours on end where her unique writing talent was allowed to fester. Jones has since channeled that talent into producing numerous bestselling true crime books, becoming one of America’s biggest non-fiction writers and an authority on high profile trials. But Jones has worked hard to get where she is, overcoming difficult circumstances from a very young age.

At 17 she lost her mother to a heart attack and at 21 she lost her father the same way. But by the time they passed away she had already left home to study at UCLA, where she read English with a view to becoming a writer.

Having spent several years as a nationally syndicated feature writer, Jones turned her back on what she called ‘fluff journalism’ and moved to Kentucky where she worked as a news director for two local radio shows.

It was during her time at the local radio stations that Jones began covering the story of Mark Putnam, the first FBI agent ever to stand trial for homicide. Appalled by the lack of national coverage for what she describes as a historical event, Jones left town to find herself an agent. Within a week she landed a book deal but would soon discover that writing a book was far more difficult than she had ever imagined.

“I didn’t realise what a huge task it would be,” says Jones. “But sometimes I think being in the blind is a good thing. If I’d known before I started what a struggle it was going to be then I never would have taken it on.”

When Jones came to research the book she encountered a wall of silence from the FBI, who refused to release any information or court transcripts. After hounding the Kentucky Police Department for weeks on end she was given the name of a local FBI agent, who would help her crack the story.

Jones’s luck was short-lived, for upon its release the book, ‘The FBI Killer’, became the victim of an FBI smear campaign. The organisation branded the work a fabrication, but Jones insists that there was nothing in the book that could not be proved. “Then they tried to claim that I’d paid PR people to give my book good reviews!” exclaims Jones. “Nothing could be further from the truth… I had no money!”

To date Jones remains unable to explain how, as a first time author, she was able to take on the FBI and win, saying that she just did what she thought was right. “I went out there with no rulebook. I just had to go with my gut. The lady who was murdered was considered a mountain lady… a hillbilly. People seemed to think her death wasn’t important because she lived out in the sticks. I did it for her and I dedicated the book to her when it was finished.”

Jones is perhaps most famous for her third book, ‘All She Wanted’, a painstakingly researched account of the life and death of Teena Brandon, a young transsexual who was brutally raped and murdered in 1993. Intrigued by the local law enforcement’s refusal to treat the murder as a hate crime, Jones flew out to cover the trial in full. The resulting book has sold over 250,000 copies.

“I like to think that the book had an impact all over the world,” says Jones. “I got, and still get, lots of letters and emails from the gay community thanking me for breaking that taboo. We fear difference for no reason; there’s a reason to fear terrorism or to fear violence, but there’s no reason to fear somebody who leads an alternative lifestyle.”

So captivated was the public by the Teena Brandon case that plans were made to adapt the book into a Hollywood movie starring Drew Barrymore under Diane Keaton’s direction. The plan, says Jones, was to make the film under the same title as her book. However, Fox Searchlight later made the film without her permission, calling it ‘Boys Don’t Cry’, resulting in a legal battle between Jones and Fox. Fox settled, but Jones is legally barred from disclosing the sum.

Insisting that there are no sour grapes, Jones says she was pleased to see the story presented to a worldwide audience. “I think more people are aware of the story because of Hilary Swank’s involvement. I don’t think the film would have won the academy award with Drew Barrymore and Diane Keaton. I try to look at the bigger picture.”

Since then Jones has written six more true crime books. “When I’m looking for the subject of my next book it can’t just be a crime. It has to be unique and interesting. I like to expose new elements of our society.”

With the release of her eighth book, ‘Michael Jackson Conspiracy’, Aphrodite Jones certainly has a lot to say about our society. Such is her standing in the US literary scene that she was one of only two authors given full press credentials to cover the trial. In ‘Michael Jackson Conspiracy’ Jones rages against the media machine, exposing the mainstream media’s aggressive campaign to manufacture a guilty verdict through slanted reporting.

Jones admits to having initially been taken in by the negative media coverage of Michael Jackson. Busy covering other high profile trials in the build up to the Jackson case, she relied on fellow journalists for her information. “The attitude that the media was pedaling was that he must be guilty because he was on trial; there is no smoke without fire. Everybody was so busy looking for smoke and fire that they completely ignored anything exculpatory. Their minds were already set.

“Their aim was to imply guilt because that’s what people want to read; salacious gossip about Michael Jackson’s life. It is the nature of the beast.”

Throughout the trial Jones remained convinced of Jackson’s guilt because, she says, she was viewing everything ‘out of context’. “I was watching through the eyes of somebody who had already been told he was guilty. I had fallen victim to this concerted effort by the media to present Jackson as guilty.”

Jones’s moment of clarity, she says, came on verdict day when she was asked live on-air by Bill O’Reilly whether she thought the jury had made the right decision. In that moment, she explains, she realised that there had been no evidence of any wrongdoing. “As I was thinking, Bill pushed me for an answer,” she says. “I told him yes, that they had definitely made the right decision.”

Three months later Jones was granted exclusive access to all evidence and transcripts from the trial. After spending several days in Santa Barbara photocopying documents it took her six months to read the trial transcripts and another six months to complete the book. When she finished, Jones realised the ‘conspiracy’ extended beyond merely the news media.

Jones, a seven time New York Times bestselling author, found herself unable to locate a publisher for her book. “I won’t name names,” she says, “but I will say that across the board, each company told me point blank that they wouldn’t print anything pro-Jackson. I was eventually forced to publish it myself, in partnership with iUniverse.”

Jones was also unsuccessful in her attempts to get the book stocked in any high street stores, receiving the same frosty, anti-Jackson message. She was forced to market the book herself, touring book fairs and independent stores, and selling via her website.

The ‘conspiracy’ seemed to extend further still, as Jones describes a ‘hesitation’ on the part of the media to promote her book. A taped appearance on ‘The O’Reilly Factor’ was pulled from the show without explanation. When Jackson fans campaigned for the interview to be aired, it was cut down to only three minutes and Jones was talked over throughout the entire slot.

Jackson’s treatment at the hands of the media, says Jones, is symptomatic of a much larger societal problem. “I find it disturbing that right now the biggest story in the world is Britney Spears’s mental state. We have war, genocide, famine, nations falling apart… but we have come to a point where the media resorts to manufacturing the downfall of celebrities to boost their own ratings.

“There’s this ghoulish sense of everyday people taking pleasure in witnessing the downfall of celebrities; this morbid sense of glee at seeing those better off than ourselves being punished for their success.”

Jackson became a target, says Jones, because his downfall would have been one of the biggest money earners in media history. “If Michael Jackson had been found guilty it would have created an entire cottage industry for the media. It would generate a story a day: Who’s visiting? Who’s not visiting? Can we interview his cellmates? Can we profile his prison wardens? Is he in solitary confinement? Can we get pictures of him in his cell? The possibilities are endless. The media has literally generated billions of dollars by writing slanderous articles about Michael Jackson and it stood to generate billions more from a guilty verdict.”

Unwilling to let the subject drop without a fight, Jones describes her latest project as ‘to some extent, a TV version of the book.’ She is in the early stages of producing a series of TV documentaries revealing the truth behind high profile media cases, exposing the motives that dictated what the media did and did not tell the public.

But does she think anything can truly be done to end the media’s obsession with biased reporting and celebrity tittle-tattle? “No,” she says. “I don’t think the situation will ever be corrected now. There is too much money involved – too much temptation for producers to resort to cheap tactics. But I’m going to keep doing what I’m doing. I’m not finished with this yet…”

Charles Thomson
MJSTAR Administrator
23:25 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MJインタビューから~サイのような皮膚

ABCテレビでのMJの50thバースデイ・インタビューを見ました。
リラックスしたなかにもやる気が満々で頼もしかったです。

9歳か10歳のころの自分にアドバイスをするなら何と言うかとたずねられた彼の答えは、
技術を習得して、心を強くもち、人の非難を気にするな」でした。

小さな子ども時代から歌やダンスに人一倍熱心にとりくみ、白人中心だったアメリカのショービジネスの世界で黒人として初めて対等以上の地位を得たものの、長くメディアからの理不尽な攻撃にあってきた彼……だからこそ、この言葉にもとても重みが感じられます。


If he could go back and give himself some advice at age 9 or 10, he would advise himself
to know his craft and be tough, but also to have "rhinoceros skin."
ABC News'

******************************************************

have a hide [skin] like a rhinoceros 非難などを気にしない (←サイのような皮膚を持つ=ずぶとい)
・rhinoceros サイ
・hide(=skin) (けだものの)皮、(人の)皮膚

マイケルはこの「サイのような皮膚」という表現が好きなようで、以前のインタビューでも使っていました。
「僕はメディアなんてなんとも思わない。非難など気にしないから(サイのような皮膚を持っているから)…」というふうに。
そうありたいと願って、彼は自分で自分を励ましているのだろうなぁと思って、とても心を打たれます。

何をするのにも、技術と情熱と周囲の目を気にしないで意志を貫く強さが必要だと思います。わたしも見習いたいと思います。

white rhinoceros シロサイ☆やさしい目です 
white rhino
16:30 | ◆マイケル誕生日のABCインタビュー【2008年】 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆MJ "Break of Dawn"

sunrise over dublin

MJの"Invincible"のなかのキャンディーみたいに甘い甘いラブソング……"Break of Dawn"

"break of dawn" は「夜明け」という意味。詩などで使われるロマンチックな言葉。
夜明けまでムニャムニャしようという歌です

・COBUILD/ The break of day or the break of dawn is the time when it begins to grow light after the night.
(LITERARY)
・辞書COBUILDによると、break of day (= break of dawn)は、夜が終わり空が白み始めるころのことです。(文語)

*****************************

break = 破損, 破れ; 骨折; 裂け目; 中断, とぎれ,休み
dawn = 夜明け; 始まり

・break (株の暴落) 
・coffee break (職場での)コーヒー休み take a coffee break
・Chritmas break クリスマス休暇     have a Christmas break
17:36 | ◆マイケルのお仕事【Songs, Short Films & Stages】 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

フランク・ディレオとマイケル

フランク・ディレオ(Frank Dileo)がマイケル・ジャクソンとの思い出を
ウィ-クリー・ペーパー"Nashville Scene"2007年11月22日号に書きました。

ディレオは、マイケルの強い希望でCBSを辞めてマネージャーになった人です。CBS時代には、しぶるマイケルを説得して"Thriller"のビデオを作らせることにも成功しました。最初マイケルは、"Billie Jean"と"Beat It"で終わりと言って、なかなか周囲の説得に応じなかったそうです。

しかし、ディレオのビジネスの手腕を高く買っていたので、ディレオの言うことには従ったそうです。そのおかげで、今もあのすばらしい"Thriller"のショートフィルムが見れると思うと、ディレオの貢献は大変大きかった思います。

マイケル自身も、自伝"Moon Walk"のなかで、ディレオはレコード業界での豊富な知識によって、自分の夢を具体化していってくれた――といったことを書いています。

マイケルは、自分でレコード会社をやれるほど頭がいい人らしいですけど(元CBS社長イェトニコフの自伝によると)、そんなマイケルも、自分ひとりですべてをやるのは無理ですよね。

1984年春、Victoryツアーの直前にマネージャーになると、ディレオはマイケルの周りにごったがえす、たくさんのプロモーターや兄弟それぞれにつく弁護士たちとの交渉も、超人的能力でまとめ上げていきました。

ペプシコマーシャルの契約更新、"Bad"アルバムの制作、そのショートフィルムの制作、映画"Moonwalker"のマイケルとの共同制作、そしてBadツアーの総指揮……ディレオは、マイケルにとって最高にクリエーティブな5年間を演出した人だと思います。

1989年冬、16ヵ月に渡る極限状態のBadツアーを終え、ディレオは糖尿病の治療を受けるためにオハイオの自宅にいました。そのとき突然、1本の電話によってマイケルから解雇されたのです。

ディレオによると、後でマイケルは、「あるグループから、ディレオを切って違うマネージャーに代えたらハリウッドで映画を作ってあげるという提案を受けて、それに乗ってしまった」と言ったそうです。ディレオはこの話を信じているそうです。ディレオによると、当時のマイケルの周辺には、いつも行動をともにしているディレオにたいする嫉妬がうずまいており、ディレオの友人だったCBS社長のイェトニコフとディレオのふたりをマイケルから遠ざけようという動きがあったそうです。

2005年の裁判のとき、ディレオはカリフォルニアに駆けつけて3ヵ月間滞在しました。ディレオはマイケルが純粋に子ども好きな優しい人間だと誰よりも分かっていて、すべてがビートルズ・カタログに関係した陰謀だと思っていました。だから、マイケルの無実を全く疑ったことがないそうです。

その裁判所でのふたりの再会シーンは、とても感動的でした。

いくら音楽では天才的でビジネスセンスもすごいマイケルでも、やはり人間なんだなと思いました。

マイケルが今まで生きてきた世界の厳しさを垣間見た気もします。

そのとき、ディレオは何も知らせずに、突然マイケルの前に現れました。

*****
He went, ‘Frank, I can’t believe you’re here.’ And he started to cry.
And I went over and I hugged him and we got on the elevator
and he told [defense attorney] Tom Mesereau, ‘This is Frank Dileo.
He used to manage me. I’ve had nine managers since then. He’s the only guy that showed up, or even called to see how I’m doing.’
That was a very rough thing on him, a very emotional thing.”


マイケルは「フランク、君がここにいるなんて信じられないよ」と言って泣きだした。
僕は駆け寄って彼を抱きしめた。
僕たちがエレベータに乗ると、マイケルは(弁護士の)トム・メゼロウに言った。
「こちらは、フランク・ディレオです。かつて僕のマネージャーだった人です。フランクのあと、僕には9人のマネージャーがいました。でも、会いに来てくれたのはフランクだけで、誰も僕がどうしているかたずねる電話さえくれなかった」
あの状況はマイケルにとって、とても酷で精神的にきついものだった。

*****

ディレオはマイケルから解雇された後、ユニークなキャラクターを買われて"Bad"の監督をしたマーティン・スコーシーズのギャング映画にも出ました。今も、ショービジネスの世界でアーティストの発掘や育成に奔走しているそうです。

ディレオにとって、マイケルとの5年間は決して忘れることができない濃密な日々だったのでしょう。

80年代CBSの社長だったイェトニコフも、2004年に "Howling at the Moon" (月にほえる)と言う意味深なタイトルの自伝を書いてます。

たくさんの人びとの思い出のなかで、マイケルとの日々はキラキラまぶしく輝いているのだと思います……


Source: Nashville Scene



22:23 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

『マイケル・ジャクソン・コンスピラシー』要約

conspiracy

Michael Jackson Conspiracy(マイケル・ジャクソン・コンスピラシー)
by Aphrodite Jones(アフロディーテ・ジョーンズ著)
2007年6月13日発売
iUNIVERSE


************************

本のタイトル「コンスピラシー」は「陰謀」という意味。また、法律用語では、「共同謀議罪」を指す。
この裁判では、マイケルが自分に不利な証言をされないように少年一家を側近たちと共に海外旅行に連れて行こうとしたことを指す。(もちろん検察側のでっちあげたもの)

Conspiracy 本の要約

・Foreword by Thomas Mesereau(弁護団長トーマス・メゼロウによる序文)

・"ABC...IT'S EASY" 無罪判決が出た日。

"MUSIC AND ME" マイケルは裁判中にマスコミには多く語らなかった。しかし、陪審員団は法廷に提示された彼の個人的記録などを通じて、彼が子どものような心を持った被害者だと信じるようになっていく。

"SHAKE IT, SHAKE IT, BABY" 裁判が始まる。検察側はマイケルによる少年への性的虐待をはじめとする10件の犯罪を主張するが、少年とその一家の証言は二転三転。陪審員団は、逆に彼らの証言を通じて、一家が近づいた多くのセレブのなかで、結局マイケルだけがこの金銭目的で多くのセレブを利用した家族を最後まで経済的精神的に援助し続けていたという事実を知ることになる。

"I WANNA BE WHERE YOU ARE"    バシールの『マイケル・ジャクソンの真実』が検察側の証拠として使用される。また、著者は、マイケルの尋常性白斑が一般に信用されていないために「肌の色を変えていることを認めないマイケルを批判する権利がある」という人びとの共通認識があることの指摘。また、マイケルが子どもたちを自分に寝室に入れることへの、陪審員団の疑問、拒否感。

"WANNA BE STARTIN' SOMETHING" バシールの証言。また、『~真実』への反論番組制作についての関係者証言。

"ROCK WITH YOU" 陪審員団がネバーランドの全貌をDVDで見る。アートギャラリーのような巨大な居間。マイケルの寝室付近の山のようなおもちゃ、子どもの写真、マリリン・モンローの写真と法王ヨハネ・パウロ2世についての本。

"STOP! THE LOVE YOU SAVE MAY BE YOUR OWN" 少年の姉の証言。陪審員団がマイケルと少年一家の触れ合いを描くテープ(ブラッド・ミラーのインタビュー)を見て感動。

"DO YOU REMEMBER THE TIME?" 一家の3人のこどもたちのマイケルへの告発の後日、マイケルの心労から「パジャマ・デイ」が起きる。(パジャマで病院から出廷)

"ASKIN' HIM TO CHANGE HIS WAY" 陪審員団、マイケルのバシール番組に対する反論番組を見る。

"IF YOU WANNA MAKE THE WORLD A BETTER PLACE ―― TAKE A LOOK AT YOURSELF AND MAKE A CHANGE     少年の告発証言。

・"WHO'S BAD?"    少年の証言続く。

・"GOT TO BE THERE" 検事側が提示したマイケル宅で発見された女性のヌードの雑誌などが、陪審員団に逆にマイケルがノーマルだという印象を与える。(小児性愛者にありえない嗜好なので)  また、ネバーランドの従業員の証言で少年たちの悪い行動が明らかに。

・"LIVIN' OFF THER WALL" マイケルの支えは、毎日欠かすことなく法廷に出席する母であろうと著者は感じる。 検察側が呼んできた少年犯罪被害者の専門家が、あまり実際の経験がないことが露呈。

・"LITTLE BITTY PRETTY ONE" 少年にアルコールを飲ませた疑惑に関連して、マイケルが使用していたプライベートジェットのフライトアテンダントの証言。マイケルと子どもたちには好印象を持っていたが、少年はとても感じが悪かったと証言。フライト中のマイケル・プリンス・パリス・プリンスII の好みの食事のリスト。質素なメニューが陪審員団に好感を持たれたよう。

・"WE ARE HERE TO CHANGE THE WORLD" マイケルの過去の少年への性的虐待事件について。また、少年とその一家の金銭欲について知るTVスターの証言。

・"DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH" 1993年の裁判について。

・"BE CAREFUL WHO YOU LOVE" 20年来ネバーランドを管理するジーザス・サラスの証言。従業員にほぼ全面的に任されているネバーランドの運営について。子ども達の安全のために、警備員に銃を持たせないマイケルの方針ついて。

・"BLACK AND WHITE"    マイケルを以前訴えて敗訴した元従業員2名の、ネバーランドでマイケルが少年と不適切な行為を行ったとの証言。 陪審員団に、初めて衝撃が走る。

・"PEOPLE MAKE THE WORLD GO 'ROUND" 20年間マイケルの広報などを担当してきたが、2004年に突然解雇されたボブ・ジョーンズの証言。

・"WITH A CHILD'S HEART" 1993年の事件の少年の母の証言。金銭目的でマイケルを訴えたことを示唆。

・"SHE'S OUT OF MY LIFE" 少年の母親の証言。態度があまりよくない。

・"NEVER CAN SAY GOOD-BYE" 少年の母親がJCペニー(百貨店)で以前起こした詐欺事件の顛末。母親がこどもと共にネバーランドに閉じ込められたという告発。母親の証言は終始あいまい。

・"ONE DAY IN YOUR LIFE" 引き続き、少年の母親の証言。

・"BEAT IT" 長くジャクソン家の顧問弁護士を務めたオックスマン、ジェシー・ジャクソン、レイモン・ベインらが、メゼロウから戦線離脱を告げられる。マイケルの前妻デビー・ロウが検察側の証人として登場するが、マイケルが良い父だったとマイケル側に有利な証言をする。

・"HISTORY" マイケルの財政状況。

・"EVONY AND IVORY" 若い友人達のマイケル擁護の証言。

・"IT'S A THRILLER" 引き続き、若い友人達のマイケル擁護の証言。

・"THE LOVE YOU SAVE" マコール・カルキンのマイケル擁護の力強い証言。ネバーランドの従業員たちのマイケルに有利な発言。

・"ASK ME HOW I KNOW" バシール『マイケル・ジャクソンの真実』のカットされた部分を、マイケル側の撮影者が撮っていたフィルムから見る。
マイケルとバシールの多岐にわたる興味深い会話。

・"WILL YOU BE THERE?" 弁護士マーク・ゲラゴスの証言。

・"I WANT YOU GO BACK"
  少年一家を知っていたTVスター・ジェイ・リノ証言台に。少年の証言との矛盾点。少年の証言の信憑性に疑問。

・"LEAVE ME ALONE "    少年一家と、マイケル以前から親しくしていたが、疑惑を持ち始めてだんだん距離をおいたクリス・タッカーの証言。彼はマイケルにもそのことを警告したのだが…… 

."MOON WAKLER"     無罪判決

***************************

上の本がついに日本語になりました。

『マイケル・ジャクソン裁判』

51x2W2BlhX-L__SL500_AA240_.jpg








15:59 | ◆"MJ Conspiracy" by Jones | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

L’UOMO VOGUE (2007) ブルース・ウェーバー

vogue


写真の最後に、カメラマンのBruce Weberさんが、M.J. In The Shadows of Loveという文を掲載しています。マイケルへの愛情があふれていて素晴らしい文です。

このタイトルは、モータウン創成期に影の力となって働いたミュージシャンたちについて描いた映画 "Standing In The Shadows Of Motown"(永遠のモータウン)と同じく、Four Topsが歌ったR&Bの名曲のタイトルから来ています。マイケルもこの曲をアルバムで歌っています。(アルバム Diana Ross Presents the Jackson5)

「あんなにすべて君のために尽くしたのに君の仕打ちはひどいね」といった感じの歌詞から、この曲には悲しい印象をもっていました。どうして、Bruceさんの文のタイトルがこれなのか考えました……

そして、やはりBruceさんは、メディアや一部の世間のマイケルに対するここ10年のひどい言動に怒っているのだろうと思いました。(マイケルは、何も言葉にしませんが)Bruceさんは、マイケルからどんなにたくさんの喜びをもらったかを世界中の人に思い出して欲しいのだと思います。

それに、こんな世界的なカメラマンもわたしと同じだなとうれしかったです。わたし自身も、マイケルと小学生時代に出会って以来いろいろなシチュエーションでマイケルの音楽がBGMにありました。恋や別れや、ほんとにいろいろ。マイケル、ありがとう☆

********************************************************

M. J.
In the shadows of love(シャドウ・オブ・ラブ)

僕がマイケル・ジャクソンに初めて会ったのは70年代末だった。アンディー・ウォーホルから、『インタビュー』誌のためにジャクソン5という少年グループの写真を撮ってほしいという依頼があった。そのときジャクソン5は、ニューヨーク市中心部のホテルに、お目付け役の女性と一緒に滞在していた。その女性は上品で、まるでジョージ・キューカーの映画 "The Women"のなかから抜け出してきたようだった。ぼくが写真撮影を始めたとき、マイケルと兄弟たちはまだ枕投げをしていて、彼女は一生懸命少年たちを紳士的に振舞わせようとしていた。マイケルはちっともじっとしていなかったが、新聞で自分たちのコンサートのレビューを読むことにだけは熱心だった。

それも、もう30年も前のことになる。そのあと、僕はマイケルの魅力的な妹・ジャネットと知り会い、また、モハメッド・アリのマネージャーのバーニー・ユーマン、映画監督のブレット・ラトナー、さらに、とても言葉で表せないほど素晴らしい女性・エリザベス・テーラー…といったマイケルと共通の友人たちと交流してきた。

何年もの間、マイケルと僕は一緒に写真撮影をやりたいと話してきたが、これまで実現できずにきた。二人のそれぞれ多忙な生活のせいで、長い間、活動する世界が全く違っていたからだ。

幸運なことに今回、僕たちは二人とも同じ時期にニューヨーク市に滞在していた。いまこそマイケルの写真を撮影したかった。どれほど彼の歌やダンスが喜びを与えてくれたかを彼に伝える感謝の言葉の代わりとして。彼の歌やダンスが与えてくれた喜びはどれも、僕にっとてこの上ない人生の祝宴として刻まれていた。恋をしたり、夢だった車を買ったり、新しい犬を飼ったり、家族の写真を撮ったり、友だちとビールを飲んで楽しく過ごしたときも。もし、マイケルの音楽が僕の写真に生命を吹き込んでくれた回数を数えたら、おそらく数千回にもなるだろう。彼の音楽のリズムと魂に乗ってたくさんの写真を撮リ過ぎて、フィルムを切らしたり、カメラを全部壊してしまったこともたびたびあった。

マイケル、僕の感謝の気持ちをどうぞ受け取ってほしい。君はたくさんの人びとの心の中で特別な存在だ。みんな言う。「マイケルの登場だ、さあ、やろう!」 だから僕たちも、「気合をいれて写真を撮ろう。もう一度僕たちが月に行けるかやってみよう」

Bruce Weber
New York City
2007


********************************************************

ブルース・ウェーバー(Bruce Weber)
【1946-】
1946年アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたブルース・ウェーバーは、80年代に撮影したカルバン・クラインのメール(男性の)ヌードの広告写真で一躍有名になりました。以来、30年近くファッション・カメラマンとして絶大な信頼と人気を誇っています。また、平和活動家、愛犬家としても知られています。
11:31 | ◆マイケル・友人・家族の記事・インタビュー和訳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。