スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆やっとママと子供たちのインタビューの全訳をアップしました。

やりかけていたオプラでのキャサリン・ママと子供たちのインタビューの全訳をやっとアップしました。
後半のマイケルのステキなパパぶりが眩しいです!!! (のぞいてくださいね☆)


http://yumi835.blog17.fc2.com/blog-entry-2210.html


500・cute+with+kodom_convert_20101127005255

スポンサーサイト
21:47 | ◆ママと子供たち/オプラ・インタビュー【2010年】 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆Michael Jackson's Mother and Children Share Memories in Oprah【全訳】

キャサリンママと子供たちのオプラインタのトランスクリプトがオプラのサイトにアップされました。
全体的に見て、ママも子供たちも驚くほど率直にマイケルについて、また自分たちについて語っていると思います。

ただ、当たり前のことですが、これはあくまで、ママから見たマイケルということでわたしは理解しています。
【吉岡正晴さんのブログに概略が出ているそうです!】


These memories are the subject of Katherine's new book, Never Can Say Goodbye, a tribute to Michael that includes personal stories and never before-seen photographs from his life. Oprah asks Katherine why she wanted to share these stories with the world.

"I wanted to do it for his fans and for the people that misunderstood him," Katherine says.
このインタビューはファンとマイケルを誤解している人々のためにした、とキャサリン・ママ。

"Do you think he was misunderstood?" Oprah asks.

"Yes," Katherine says. "I do."

Though Never Can Say Goodbye features many images of Michael throughout the years, Katherine says one image of her son as a little boy is the portrait she has in her mind when she thinks of him.

"I think of my son all through the day, all the time, and I don't like to talk about him because I get all choked up," Katherine says.

She pauses and continues, "A baby in my arms, naming him with my mother. ... That comes to my mind every day. ... And sometimes during the day, I can hear his laughter in my mind."
キャサリン・ママにとってマイケルは、いまも腕のなかに抱いた赤ちゃん、自分の母とともに名付けた赤ちゃん。いまも、彼の笑い声が心のなかで聞こえる。

Michael had many different looks throughout the years, and Katherine says he was insecure about his features—insecurities that stemmed back to his teen years. When Oprah interviewed Michael in 1993, she says he didn't want any pictures of himself as a teenager to be shown. "He thought of himself as ugly," Oprah recalls.
マイケルは自分の容貌について自信がなかった。それは十代にころにさかのぼる。

It's something Michael would say to Katherine all the time, she says, but she wasn't able to convince him otherwise. Then, one day, Michael decided to do something about it. "He made up his mind, and he just left [the house]," Katherine says. "And when I inquired about where he was, [he said] he had gone down to get his nose done."
マイケルはいつも自分のことを醜いと言っていた。ママはマイケルをそうじゃないと説得することができなかった。ある日マイケルは決断して、鼻の整形手術を受けた。

That surgery sparked a series of surgeries that seemed to transform Michael right before his fans' eyes. His nose got smaller and smaller—"like a toothpick," Katherine says.
マイケルの鼻はどんどん小さくなってキャサリン曰く、「爪楊枝みたいに」なってしまった。

Katherine says she tried talking to her son about putting an end to the surgeries, but she believes he became addicted and could not stop himself. So, Katherine says she reached out to his plastic surgeon.
整形を受け続けるのをやめるように息子に言ってみたが、やめようとしなかったので彼女は整形外科医のところに足を運んだ。

"I said [to Michael's plastic surgeon]: 'If he comes there and wants you to work on his nose, just tell him you did it and do the same thing. Don't change it, and just tell him, 'Okay, I've finished,' and that's it,'" Katherine says.
「もし息子が来たら、手術したと言って何もしないで」と医師に頼んだ。けれど、それはうまくいかなかった。「マイケルも医師もやめるべきだったのに」
"But they didn't listen to you," Oprah says.

"No," Katherine says. "They should have."

In the midst of Michael's fame, scrutiny and surgeries, he married Lisa Marie Presley in 1994. Katherine, along with the rest of the world, was surprised by the nuptials.
リサとの結婚は、彼女にも驚きだった。

"He called me after he had married her," Katherine says. "He said, 'I'm going to put her on the phone,' and he put her on the phone. I said, 'That's not [Lisa Marie].'"
「マイケルはリサとの婚姻後にわたしに電話してきた。彼女を電話に出したけど、わたしは信じられなかった」
"Had you met her before?" Oprah asks.

"No, I hadn't met her before," Katherine says.
以前にリサに会ったこともなかった。

Despite how quickly the relationship progressed, one thing Lisa Marie knew early on is how much Michael loved his mother, even telling Oprah that his love for Katherine was unconditional and there was nothing he wouldn't do for her.
ふたりの関係は短期間で進んだものだったが、リサは早くから、マイケルがどんなにママを愛しているかということだけは理解していて、オプラに「マイケルのママへの愛は無条件で、マイケルはママのために何だってするだろう」と言ったことがある。

"Did you feel that?" Oprah asks Katherine.

"Yes, I did," she says. "And everybody I talked to that knew him would tell me the same thing. I felt it too. I truly loved him."
キャサリンは、言う。「自分でもそれは感じていました。マイケルを知っている人は誰もがわたしにそう言ったので。わたしも同じように感じていて、マイケルを心から愛していました」

On the day Michael died, Katherine received a phone call from her husband, Joe, telling her someone had been taken from Michael's house in an ambulance. That person was covered with a sheet. At first, Katherine says, she told herself it might not be her son, but in her heart, she knew it was.
マイケルが亡くなった日、キャサリンは夫のジョーから電話を受けた。マイケルの家から誰かが救急車で搬送された。その人物はシーツで覆われていた。最初、キャサリンはマイケルではないかもしれないと思ったが、心の奥底ではマイケルだと分かっていた。

Then, she got a call from the hospital, confirming that it was Michael who had been taken away in an ambulance.
その後、病院から電話があり、マイケルだと確認された。

Unsure whether he was alive or dead, Katherine arrived at the hospital and waited to learn about her son's condition. "We stayed in there a long time before [the doctor] came in to tell us," she says. "I guess he didn't want to either. But the doctor had to tell us—Dr. Murray."
マイケルが生きているか亡くなっているかもはっきりしないまま、彼女は病院に到着し、マイケルの容体を聞こうと待っていた。「長い間待ってから、ドクターが話に来ました。医師も言いたくなかったのだと思います。でも、言わなければならなかったのです。ドクター・マーレーです」

Dr. Conrad Murray was Michael's personal physician. He's been accused of administering lethal levels of propofol, a powerful anesthetic, and was charged with involuntary manslaughter for his role in Michael's death.
ドクター・マーレーはマイケルの医師で、プロポフォールを致死量投与した罪で告訴され、マイケルに対する過失致死で起訴された。

"Dr. Murray told you?" Oprah asks.

"Yes," Katherine says. "He came out, and he was talking. It took him so long. And I'd say: 'Well, what's happened? ... Did he make it?' And he said: 'No. He's gone.' That's all I remember."
「ドクター・マーレーは出てきたが、なかなか言い出さなかった。それでわたしは、『それで、どうしたの、マイケルは助かったの』と聞いた。ドクターは「いいえ、亡くなりました」と言った。わたしが憶えているのは、それだけ」

Michael's three children, Prince, Paris and Blanket, were also at the hospital that night. While Dr. Murray was telling Katherine of Michael's death, someone else told them. "They were crying," Katherine says. "I thought [Paris] was going to pass out. She was just saying: 'Daddy, I can't make it without you. I want to be with you. I want to go with you.' I felt so bad for them."
プリンス、パリス、ブランケットもその夜、病院にいた。マーレーがママに話している間に誰かが三人にも説明した。「三人は泣いていました。パリスが気を失うんじゃないかと心配でした。パリスは、『ダディ、ダディなしではやっていけないわ。いっしょにいたい、いっしょに行きたい』と言っていました。本当に三人が可哀そうでした」

That same night, the children went home with Katherine and have been living with her ever since Soon after Michael's death, an autopsy revealed that a lethal dose of propofol caused him to go into cardiac arrest and die.
その夜、子供たちはキャサリンといっしょに家に帰り、マイケルの死の直後以来いっしょに暮らしている。

Katherine says she was shocked. She knew Michael had trouble sleeping, but she didn't know he may have taken prescription drugs to help him sleep or get through the day. In fact, she says it took her awhile to realize Michael became addicted to painkillers after he suffered severe burns while shooting a Pepsi commercial in 1984.
キャサリンはショックだった。マイケルが睡眠の問題があるのはわかっていたが、眠るために処方箋薬を取っているかもとは思っていなかった。マイケルが1984年にペプシのコマーシャル撮影中にひどい火傷を負ったのち、鎮痛剤に依存していたと気づいたのも、しばらくたってからだった。

"Remember when he got burned in the head?" Katherine asks Oprah. "He had been taking those drugs, and it was a long time before I knew he was addicted to them."
「マイケルは頭に火傷を負って、いろいろ処方箋薬を飲んでいたけど、依存症になったと気づいたのはだいぶたってからだったの」

When she tried to talk to Michael about his painkiller addiction, Katherine says he denied it. "I was very serious about it," she says. "I was telling him I didn't want to hear one day that he had overdosed, because it would break my heart. But he kept saying he wasn't on anything."
「マイケルに鎮痛剤への依存について話そうとすると、マイケルは否定した。わたしはとても真剣だった。あとで、クスリの飲みすぎだったなんて聞きたくないわ、ものすごく傷つくからと言うと、マイケルは『そんなことをするつもりはない』と言い続けていたの」 【注・この鎮痛剤のエピソードは1990年代の話です。誤解しやすい編集ですが……】

"You didn't believe him," Oprah says.
オプラは訊ねた。「マイケルを信じてなかったのね」

"No," Katherine says. "I didn't."
キャサリンは答えた。「ええ、信じてなかったわ」

Katherine always stood by her son's side even when some supporters turned their backs. In 2005, Michael was on trial for allegedly molesting a minor, intoxicating a minor, abduction, and conspiracy to hold the boy and his father captive at his home, Neverland Ranch. Throughout the entire ordeal, Katherine showed up in court every day to support her son. She never once believed he could be guilty of molesting or hurting a child.
キャサリンは2005年の裁判でもいつもマイケルのそばにいた。毎日、出廷してマイケルを支えた。子供を傷つけたりということでは、一度たりとも息子を疑ったことはない。

"He loved children," she says. "Michael would always say: 'Mother, why are they accusing me of something I love the most? I'd rather slit my own wrists than to hurt a child.'"
「マイケルは子供が大好きでした。いつも言っていました。『ママ、どうしてぼくは一番愛しているもののことで訴えられているんだろう。子供を傷つけるくらいなら自分の手首を切った方がましだよ』」

The trial seemed to take its toll on Michael, his mother says, changing who he was as a person.
裁判はマイケルに大きな打撃を与えたようだった。キャサリンはマイケルの人格を変えたと言う。

"He used to trust people," Katherine says. "And after that trial, he didn't trust anybody. ... He would always tell me: 'Mother, I don't trust anybody. The only person I trust is you.'"
「かつてマイケルは人々を信じていました。あの裁判のあと、誰も信じませんでした。いつもわたしに言っていました。『ママ、誰も信じられないよ。信じられるのはママだけだ』」

Before taking in Michael's children, Katherine says she had a good—but not close—relationship with Prince, Paris and Blanket. "I can't say that I knew them real, real well," she says, "But I knew them well enough. I would always go visit them, and Michael would always talk about them to me."
「プリンス、パリス、ブランケットをもの凄くよくわかっていたとは言えないけど、十分わかっていたわ。いつも彼らを訪ねていたし、マイケルもわたしにいつも子供たちのことを話していたから」

Katherine also says she did not like it when the children wore veils while out in public with Michael. "I didn't approve of that, but I didn't say anything to him about it," she says. "Then, their biological mother told me it was her idea [to cover them up], not Michael's."
キャサリンは子供たちがマイケルと外出するときベールをかぶっているのが好きじゃなかったと言う。「よくは思っていなかったけど、、マイケルには何も言わなかったの。そしたら、彼らを産んだ母親がわたしに、あれはマイケルではなく自分のアイデアだと言ったのよ」

Going from this veiled life to living at their grandmother's with several cousins seems to have been a relatively easy transition for Prince, Paris and Blanket. "They just bonded the minute they got here," Katherine says. "They had a lot of fun."
ベールに包まれた生活から、いとこ達といっしょの祖母の家での生活への移行は三人にとって比較的容易だったようだ。「子供たちはここに来た瞬間、強い絆で結ばれたのよ。とても楽しくやっているわ」

The man by Katherine's side for the last 60 years—from their two-bedroom home in Gary to their California estate—is her husband, Joe. The two have been married since 1949. Despite rumors of a troubled marriage, both say they are still together and have never filed for divorce.
60年間キャサリンのそばにいる男性は、ゲーリーの寝室がたったふたつの家からカリフォルニアの邸宅まで、彼女の夫のジョーだ。ふたりは1949年に結婚した。問題のある結婚生活についての噂にもかかわらず、ふたりはいまもいっしょで、離婚の申し立てをしたことはない。

"She's a wonderful person," Joe says of Katherine. "I think she's too easy with people. She's just like Michael. She's too easy."
「彼女は素晴らしい女性だ」ジョーはキャサリンについて語る。「彼女は人々に優しすぎる。まるでマイケルのようだ。優しすぎる」

Like his wife, Joe says he thinks about Michael every night.
ジョーは、キャサリン同様、毎晩マイケルのことを想うと言う。

Watch Katherine tell Oprah about the moment she and Joe realized their son was special.

"I just can't picture him gone," Joe says. "Every time I go into some place—a restaurant or a casino or something—his music is playing. ... It brings back memories because I remember the songs. I was at every recording session he ever did."
「マイケルが死んでしまったなんて考えられない」ジョーは言う。「いつもどこか行くと、レストランでもカジノでも、マイケルの音楽がかかっている……歌を憶えているから、思い出が蘇ってくる。いつもレコーディングに立ち会ったからね」 【ここ、クインシーが最近のインタで「嘘だ」と言ってます…汗】
During his interview with Oprah in 1993, Michael talked about his complicated relationship with his father. He even confessed that he was scared of Joe, saying, "There have been times when he's come to see me, and I would get sick."
1993年のオプラとのインタビューで、マイケルは父親との複雑な関係について話した。マイケルは、「ジョーがぼくに会いにくると気分が悪くなることがあった」と言って、父への恐怖を告白した。

Watch Joe respond to allegations that he beat his children.

"Do you think [Michael] was afraid of you?" Oprah asks Joe.
「マイケルはあなたを恐れていたと思いますか」とオプラはジョーに訊いた。

"I don't think he was afraid of me," Joe says. "Maybe [he was afraid] of doing something wrong, and I'd chastise him. Not beat him. I never beat him."
「マイケルがわたしを恐れていたとは思わない。多分、何か悪いことをしてわたしがマイケルを折檻するのを恐れていたのだろう。殴ったことはない。決してマイケルを殴ったことはない」

"He told me that you beat him," Oprah says.
「マイケルはあなたが殴ったとわたしに言いましたよ」

"[Joe] used a strap," Katherine says.
「ジョーは革のひもを使ったの」キャサリンが言った。

Joe says the way he disciplined his children has kept them out of trouble and out of jail. "Nine kids, never been in jail," he says.
ジョーは、自分が子供たちをしつけたので、子供たちはゴタゴタに巻き込まれず刑務所に行くこともなかったのだと語った。「九人の子供が、誰も刑務所に入ったことがない」とジョーは言った。

"Do you regret those strappings on your children?" Oprah asks.
「子供たちを革ひもで打ったことを後悔している?」

"No, because it kept them all out of jail," Joe says. "I raised them right, and they were good kids all the way."
「いや、そのおかげで子供たちは刑務所に入らずに済んだのだから。わたしは子供たちをきちんと育て上げ、そのやり方で、みんないい子たちだった」

In the Jackson family, a new generation of talent is emerging with Katherine and Joe's grandchildren. Prince Michael, Michael's oldest, says he wants to produce movies and direct when he gets older. Paris says she would like to be an actress and reveals that she used to do improv with her father.
ジャクソン家では、キャサリンとジョーの孫たちとともに、新しい世代の才能が生まれてきている。マイケルの長男、プリンス・マイケルは大人になったら映画の制作や監督をしたいと言う。パリスは女優になるのが希望で、かつて父マイケルとアドリブ芸をしていたと言う。

Now that they live with their grandma, Michael's children are adjusting to a new "normal." Until this year, Prince and Paris were home-schooled, and despite some first-day jitters, they say the transition into the classroom has gone well. Blanket, the youngest and shiest of Micheal's children, is still home-schooled.
現在、祖母と暮らすようになって、マイケルの子供たちは新しい〈普通の〉生活に順応しつつある。今年まで、プリンスとパリスはホームスクールを受けていた。最初はびくびくするものなのに、ふたりは教室への移行は順調にいっていると言う。ブランケットはマイケルの子供たちのなかでいちばん年下でいちばんシャイで、現在もホームスクールを続けている。

"You all lived, from what I can gather, a very sheltered, literally veiled life," Oprah says to the children. "Did you know at the time why you were putting on the mask?
「あなたたちは、わたしの集めた情報によると、とても保護されて、実際にベールに包まれて暮らしていたわよね」オプラは子供たちに訊ねる。「当時、どうしてマスクをかぶっていたか知っていたの?」

Prince answers: "Because then if we went out without our dad, nobody would really recognize us."
プリンスが答える。「どうしてかというと、当時、父なしで出かけたときに誰もぼくたちの正体がわからないように」

See what else the Jackson children have to say about wearing veils in public.

"Did you appreciate being behind the veil or mask at the time?" Oprah asks.
「当時、ベールやマスクをかぶっていたことをありがたく思っていた?」オプラが訊ねる。

"I appreciated it," Paris says.
「わたしは感謝していたわ」パリスは言う。

The public may have been bewildered by some of Michael's parenting decisions, but Paris says she feels like no one understands what a good father he was.
世の中の人々はマイケルの子育ての上での判断のいくつかに困惑したかもしれないが、パリスは誰も彼がどんなに良い父親だったか理解していないと感じると言う。

Watch Paris and Prince describe Michael as a father.

Paris' favorite memories of her father are when the two of them spent quality time together. "One time, we went on the roof [of our house] when we were in Las Vegas, and we just saw the Luxor lights," Paris says. "And sometimes, he would take me to an art museum because we both loved art."
パリスの父とのお気にいりの思い出は、ふたりでいっしょに過ごした貴重な時間だ。「あるとき、ラスヴェガスにいたときだけど、家の屋根に上がったの。そこで、ルクソールホテル(注:ピラミッドなど古代エジプトがテーマのホテル)の明りをいっしょに見たわ」パリスは話す。「父もわたしもアートが大好きだったから、ときどきわたしを美術館に連れて行ってくれた」

Without hesitation, Prince shares his fondest memory of his father. "We were in Bahrain. We used to wake up early and walk the beach—with Coca-Cola and Skittles or Snickers," he says.
ためらいなく、プリンスは父との一番好きな思いでを語った。「バーレーンにいたときだった。ぼくたちは朝早く起きて、コカコーラやスキットルズやスニッカーズを持ってよくビーチまで歩いたよ」

Whether he was cooking breakfast for his kids—"He was a great cook!" Paris says—or protecting them from media scrutiny, Michael left his children with a wealth of happy memories and cherished moments.
マイケルは子供たちに朝食を作った――パリスは言う。「ダディはすごいコックだったわよ!」マスメディアによる監視から子供たちを守り、マイケルは子供たちに、幸せな思い出と大切にされた時間という財産を残した。

"He was just a normal dad," Paris says. "Except for he was, I would say, the best dad ever."
「ダディはごく普通の父親だった。最高の父親だったってこと以外はね」パリスは言った。


【オプラのサイトのトランスクリプトには含まれていませんが、下のビデオにもあるように、】「ダディはよく朝食を作ってくれた。フレンチトーストが最高だった」とパリスは言いました。

mama 20101009-jackson-family-9-300x205




ジャクソン家の子供たちがたくさん登場する明るいシーン:

21:28 | ◆ママと子供たち/オプラ・インタビュー【2010年】 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆MJのフレンチトースト

オプラの情報が一部流れてきました。

MJが子供たちにおいしい食事を作ることがあったそうで、フレンチトーストは絶品だったそうです。
おいしそう~~~~!!!
フレンチトースト、久しぶりに作りたくなりました。(二男の好物で、ひところ日曜日の朝はいつも作っていたなぁ~)

Meeさんのブログを読んで、ラリキンに出演したジャネットが、若いころ、マイケル・自分・ランディで家の掃除をしながら曲作りをしたというエピソードを読み、特にマイケルが掃き掃除の当番だったというのが受けましたw マイケル、モップ(ホウキかな)持ったりしたんだねーーーモップかけもダンスみたいだったんじゃないかな!!

あーーー子供と料理を楽しんでいたりするマイケルがすごくステキに思える。マイケルって何でも楽しむ天才だものね。そんな歌はないのかな?聞きたいな。

ところで、しばらく仕事で日記書けないかも……

忘れないように書いておきたいことが本当はいっぱいあります:
◆オプラでのMJのこと
◆先週息子の付き添いで東京に行って、あの足利事件でDNA鑑定した押田教授の講演を聞いてとても勉強になったので、そのことも書き留めておきたい。冤罪の恐怖など。。
◆ヒスツア・コペンハーゲンをきれいな大画面で見た感動なども。

時間を見つけたら、また書きます!


Paris misses everything about her daddy!!! So do I.
04:15 | ◆ママと子供たち/オプラ・インタビュー【2010年】 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケルはママに否定した【オプラ×キャサリンママのインタの一部】★追記★

mj beautiful 76274_156437971064884_123797730995575_254277_6494225_n



すみません、取り急ぎ:
(マイケルの体調などについて知りたくない方は、読まないでくださいね、お願いします)

____________________________________


November 05, 2010, (Sawf News) - When confronted by Katherine, Michael Jackson denied that he was addicted to drugs and chided his mother for not believing him.
母キャサリンに問い詰められたとき、マイケルはクスリへの依存を否定して、自分を信じない母をたしなめた。

Katherine details the incident in an interview with Oprah Winfrey set to air on Monday, November 8.
オプラとキャサママの会話の一部が伝わってきました。

"Had you ever spoken to him about his addiction?" Oprah asks Katherine in the interview.
「依存症(中毒)について彼に話したことがありましたか」オプラがキャサリンに尋ねた。
"I spoke to him about them once when I had heard it and he denied it," Katherine said.
「噂に聞いたとき、一度そういうことを彼に話しましたが、否定されました」
"And he denied it to you?" Oprah.
「マイケルは否定したの?」
"Mmhmm," Katherine nodded.
「そう……」キャサリンは頷いた。
"I was telling him I didn't want to hear one day that he had overdosed, because it would break my heart and it would kill me too," Katherine recalled.
「『クスリの飲みすぎだったなんていつか聞いたりするなんていやよ。だって、そんなこと、わたしの心をボロボロにして、わたしは死んでしまうから』とわたしはマイケルに言いました」キャサリンは思い出す。
"He said he wasn't on it. He said, 'Mother you don't believe.' He kept saying that my own mother [doesn't] believe me."
「マイケルは、ぼくはそんなことをする気はないと言いました。そして、『ママがぼくを信じないなんて』と繰り返しました」
The interview also features Michael Jackson's children - Prince, Paris and Blanket - and his father Joe Jackson.
インタビューにはマイケルの子供たち、プリンス・パリス・ブランケット、父のジョーも登場します。

source: http://www.sawfnews.com/Gossip/65659.aspx


★追記★

誤解されないことを祈りますが、仮にもしももしも彼が数々の身体的苦痛やいわれない無茶苦茶なバッシングからの精神的苦痛から処方箋薬をたくさん使っていたとしても彼の状況だったら理解できる……という感じです。でも、もちろん、わたしは事実についてまったく知りません。

どちらにしても、わたしは彼を尊敬してやまないし、大好きだということです。彼が置かれていた状況を考慮することなく、ただ処方箋薬に依存していたか依存していなかったかと論争することはまったく意味がないことだと思います。

22:04 | ◆ママと子供たち/オプラ・インタビュー【2010年】 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

◆マイケルのご両親と子供たち in Oprah【予告】 〈マイケルとジョーの関係について〉【追記】



マイケルのご両親と三人の子供たちがオプラのショーに出演しましたが、これは予告です。

マイケルがいわれないバッシングに遭っているとき、オプラもまた冷たいマスゴミのひとりでした。

せめて、そういうオプラの存在をとおりこして、ご両親や子供たちの魅力が世界中の人々に伝わることを祈っています。。(バシールがマイケルを嵌めようとして意図的にマイケルを異常に見せるように作ったTV番組『マイケル・ジャクソンの真実』ですら、マイケルの透明さ、純粋さがいやおうなく垣間見え、多くのファンを誕生させたので。
でも、番組出演がとてもリスキーなのは確かなので、本編を見るまでドキドキします。

予告だとオプラは、キャサリン・ママに「あなたが義理の母になってほしいと思っていたの(マイケルの兄、ジャッキーと結婚したかった)」とすり寄ったり、「誰が子供たちに事実を伝えたのか」と厳しい質問をしたり……ジョー・パパには「あなたがここにいて驚いたわ(ゲストに失礼じゃないかな?)、マイケルはあなたを恐がっていた?」といった悪意が感じられる質問をしています。。

【追記】マイケルとジョーの関係について
わたしの理解では、マイケルとジョー・パパの関係はマイケル自身の子育てや2005年の裁判を通じて次第によくなっていったと思っています。

2001年のマイケルのオックスフォードでのスピーチでも、マイケルは父への理解と愛情をはっきり示しています。

また、2007年のエボニ―誌でも、父のマネージャーとしての能力を高く評価する発言をしています。

しかし、オプラはジョーを「子供をビジネスに利用するただ冷徹で暴力的な父親」、マイケルを「ひ弱な児童虐待の被害者」というカテゴリーに無理やり当てはめたがっているように思えます。マイケル自身が子育てや裁判を通じて人間的に大きく成長してふたりの関係が好転していったという事実を認めようとしないオプラは、ジャーナリストとしての客観性に欠けると思います。
01:30 | ◆ママと子供たち/オプラ・インタビュー【2010年】 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。