2018-05

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

森 ゆみ

Author:森 ゆみ
フリーランス翻訳者/TOEIC講師

最新記事

Categories

月別アーカイブ

最新コメント

ユーザータグ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2カウンター

PR

フリースペース
読書メーター3月の記録
2018/04/25(水) 02:59:56
3月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1650
ナイス数:30

流星ひとつ流星ひとつ感想
1979年のインタビュー。ラスト、藤圭子(1951-2013)が沢木に「日本の芸能界を引退してアメリカで英語の勉強をする」と明るく語るあたり、ほんとに泣ける。その後、彼女は娘ヒカルと夫宇多田氏との3人のアメリカ生活を支えるために日本で地方巡業を再開。そしてヒカルの大成功の15年後、新宿の高層マンションから飛び降り自殺した。亡くなったころはうつ病に苦しんでいたらしい。でも、このインタビューでの彼女の明るさ、潔さ、無邪気さ、透明感はほんとにまぶしいくらいだ。彼女の若い魂のきらめきは本の中で永遠だけど…絶句…
読了日:03月28日 著者:沢木 耕太郎
レイミー・ナイチンゲールレイミー・ナイチンゲール感想
表紙の絵の澄んだ青のように、内容も爽やかなエールをもらえる小説だった。たくさんの女が出てくる。夫に去られて落ち込んでいる妻、出ていった父親をなんとか連れ戻そうと頭をひねるけなげな娘、ちょっと乱暴だけど根はあったかい女の子、偽善を憎み本音を愛する老人ホームの偏屈ばあちゃん、お世辞にもかっこいいとは言えない人々を作者は優しい目で描く。私が特に引きつけられたのは、ルイジアナと彼女のおばあちゃんのコンビ。ろくに食べていないせいかそろってガリガリだけど雑草みたいな強さを秘めていた。嫌なことがあっても、ふたりみたいにツナ缶食べてがんばろうと思わせてくれた!
読了日:03月25日 著者:ケイト・ディカミロ
10倍速く書ける 超スピード文章術10倍速く書ける 超スピード文章術感想
文を書くとき「どう書くか」より「何を書くか」に集中するという著者のスキル。うまく書いてやろうなんて思ってなかなか書き出せない私には、目から鱗のアドバイスだった。
読了日:03月20日 著者:上阪 徹
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
読了日:03月17日 著者:梨木 香歩
The Second Forever (How to Live Forever Trilogy)The Second Forever (How to Live Forever Trilogy)
読了日:03月03日 著者:Colin Thompson
How To Live ForeverHow To Live Forever
読了日:03月03日 著者:Colin Thompson
The Paradise GardenThe Paradise Garden感想
叔父さんからのプレゼント
読了日:03月03日 著者:Colin Thompson
神の値段 (宝島社文庫)神の値段 (宝島社文庫)感想
モダンアート業界の内幕が知れて興味深かった。出だしは文章が堅くて読みづらかった。ところが、章を進めるうちに作者の筆がすべらかになっていったように思う。若い作家でしかもデビュー作なので、本作を書きながら進歩したのかなと推測され、そこもちょっと興味深かった。残念ながら肝心の謎解きは単純過ぎてつまらなかった。テレビのサスペンスドラマみたいな想定内の着地点。全編を通じて、あっと思わせてくれるところが何もない……でも、安心して読んでいられるので第2作も読もうかなぁ。
読了日:03月02日 著者:一色 さゆり

読書メーター
『イギリス 野の花図鑑』
2018/03/23(金) 01:05:33
本日は『イギリス 野の花図鑑』(ヘンリー・テラー著、パイインターナショナル)というご本を紹介します。1873年の夏の夕べ、著者ヘンリー・テラーは3人の子供たちと摘んだ野の花を描き、1冊のアルバムを作りました。この本を眺めていると、ヴィクトリア朝時代の人々の子供と自然への大きな愛が伝わってきます。海野弘さんが本に解説を付け、わたしはお父さんから子供たちへの手紙や収録されている英詩を訳させていただきました。手芸の図案集にしてもいいかもしれません。ガーデニング好きのわたしにはたまらない、とても幸せなお仕事でした。
http://amzn.asia/3axcqXS

29313936_10210651290628958_7330223011955474432_n.jpg
お雛さま(最終版)
2018/02/26(月) 17:30:31
お雛様完成
少し細かいところを手直ししました。
これで最終版にする予定。
今回初めて人の形(お雛さま)を刺して、平安時代の風俗にがぜん興味が湧きました。
この絽刺しという刺繍には1200年の歴史があり、平安時代に始まったようです。いろいろ勉強すると楽しそうです。近いうちに、中国を舞台にした映画、『空海』にも行く予定。あれも平安時代ですよね。国際的でおもしろい時代だと思います。
五条にある風俗博物館にも行ってきます!
Finally done! Eperor and Empress are in the costume of 8~12th century Japan, when my city Kyoto was a capital of Japan.
The Dolls Day is coming soon. もうすぐお雛さま
2018/02/25(日) 23:54:32


お雛さま
『パズルでめぐる世界の旅』
2018/02/17(土) 15:55:13
パズルでめぐる世界の旅

このちょっとシックなパズル・ブック『パズルでめぐる世界の旅』は、19世紀フランスのジュール・ヴェルヌの古典SF、『八十日間世界一周』からインスピレーションを受けてできました。オールカラーで80個の問題に挑戦できる、100ページ近くある大型本です。
蒸気船、飛行船、鉄道などをつかって華麗なモスクや自由の女神などを旅する魅惑的なイラストの世界は、すべての年齢の読者を不思議な迷宮へといざない、脳を刺激してくれることと思います。
小さなお子様だけではなく、認知機能の低下に不安をかかえる高齢者の方にもきっと楽しんでいただけるはずです。
私は翻訳で参加させていただきました。お手にとってくださるとうれしいです (^_^ )

Amazon ページ

 |   |  »